不倫否定男の「表と裏」

SPONSORED LINK


突然ですが、

 

このブログをご閲覧されている男性の方で、

「女性」に興味のない方は

いらっしゃいますか?(笑)

 

 

1%くらいは、いらっしゃるかもしれません。

 

「女性」と不倫したい既婚男性の方は

いらっしゃいますか?

 

これは私にはわかりません。

 

 

私のブログや、Amebaでブログをしていた時によく頂いた言葉なのですが

「不倫をする男性の心理が知りたい」

から、私のブログにたどり着いたというご意見を

ちょいちょい頂きました。

 

まことに有難う御座います。

 

 

これは

不倫を「している」男の心理のことであって、

不倫を「してみたい」男の心理ではありません。

 

不倫をしてみたいが、実際は踏み出せるものではないので

体験した者の体験談を聞きたい、そう思われるのでしょう。

 

 

昨今の、マツコさんが警鐘を鳴らすほどの「不倫ブーム」ではありますが、

「不倫ブーム」はパニックを引き起こす?

たしかに以前より、男性もそうですが

不倫に憧れる女性も増えたと感じます。

 

不倫をしてみたい女性の心理はさておき、

不倫をしてみたい「男性」の心理は

何なのでしょう?

 

 

それは、不倫をしている男性もしていない男性も共通で、

とても単純だと思います。

 

 

きれいな言葉で言うなれば、「癒されたい」から。

ざっくり言うなれば、「やりたい」から。

 

それが、きっと調べれば色々な言い回しで、色々な言葉で出てくると思います。

 

 

いやいや、

どれだけ若いころ遊んでいても「結婚したら浮気はしない」

という男性だって多いです。

そもそも、日本の婚姻制度では、それが当たり前であるはずです。

 

しかし、今の世の中においては

不倫をする男としない男が、存在します。

 

 

不倫なんて、絶対しない!と言い切る男。

同じ男でありながら、私のような男との違いは

何なのでしょう?

 

 

私はこのような関係になってから、自分の心理を理解するために

会社の男性、取引先の男性、日ごろ関わる全ての男性に

機会があれば男の「恋愛観」をさらりと聞いてみていました。

 

 

もちろん、結婚生活の中で「男としての魅力」を示せる、あるいは実感できる時もあります。

とくに、新婚生活のころなんかはそうでしょう。

 

しかし、家庭生活が長くなっていき

自分が父親、夫という役割を担って生活していけば、妻との男女の雰囲気を持ち続けることは

不可能に近いです。

ずっと一緒に暮らしている家族に、異性としての色気を感じろというのは

無理な事ではないですか?

 

 

妻に愛が冷めているわけではないと思いますが、

「色気」が冷めるのだと思います。

 

それでも、「絶対に不倫はしない!」と言い切る男性たちは、

失礼ながら

早々と男を「降りる」と言っているようにしか、私には理解できません。

 

 

もちろん、実際にして良いものではありませんが、

「してみたいけど、おかあちゃんが怖いからな~」

と言っている男性は、素直な方ですが

 

私は頑なに、「絶対しない」と言っている男性の本当の心理を理解するために

そういう方の意見をいろいろと聞いて、

いくつかの共通点を発見しました。

 

 

なぜ他の女性との恋愛をしないのか?

 

 

みな共通して言うことは、

「めんどくさいから」

でした。

 

 

 

しかし、この一言には多くの意味があります。

 

家庭を壊したくない。

知り合う機会がない。

会社で悪い噂をたてられたくない。

不倫したとしても楽しくなんかない。

 

などなど、理由は様々なのですが、これも共通しているのが

「~ない」という全て否定的な後ろ向きな発言なのです。

 

だって、でも、どうせ。

主に私と同世代の男性の発言ではありますが、社会の第一線にいる男としては

あまりに消極的な発言ではないかと感じてしまいます。

 

 

もしこれが

「妻を一番に愛していて、他の誰にも目が向かないから

ほかの人と恋愛をしたくない」

といういような言葉なら、なるほど!と言えるのですが

 

私の周りの男性では、悲しいですが一人もおりませんでした。

 

 

最近の女性は、40代、50代になっても

綺麗で美しい方がたくさんいらっしゃると感じます。

 

男と女の美意識の違いはあるでしょうが、

女性は、いつまでも女として美しくいたい、

「女」であることを忘れたくないと思っている人のほうが

とても多いと感じます。

 

男は「男」であることが苦痛なのでしょうか?

 

 

こういう男性もいるかもしれません。

風俗には行くが、普通の女性との恋愛は絶対にしない。

 

そういう男性は、

もし本気になって恋愛してしまったらのめり込んでしまうのが分かっているから

恋愛はせずに風俗へ行くのかもしれません。

 

しかし、それで本当に満足なのでしょうか。

 

恋愛を自ら遠ざける裏には、

恋愛に対する大きな期待と憧れがあるかのように感じてしまいます。

 

 

今の世の中、

不倫をする男としない男が、存在します。

 

 

私はまだ30代ですが、先日の記事で書かせていただいた、

第二の「不倫適齢期」を迎える場合に、

自分はこのままでいいのか?

本当の自分は何処にいるのか?

 

 

その時に心を閉ざしているか、そうでないかによって

本当の意味で「不倫をする男としない男」の岐路が分かれるような

気がします。

 

 

あなたにおススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA