「不倫の証拠」値段はいくら?
新規登録
Sponsored Link

「不倫の証拠」値段はいくら?

The following two tabs change content below.
不倫パパ

不倫パパ

管理人の「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。

ネットで不倫を検索していると、よく「バレない不倫はない」という言葉を目にします。

夫婦は長い付き合いの中で、お互いの性格や行動を把握してきますから、少しでも怪しい挙動があればお互いに気付くのは当然の事でしょう。

そして状況を許す事ができなければ離婚を考えます。

そこに必要になってくるのは「不倫の証拠」です。

確固たる証拠が掴まれれば、あまりにもその代償は大きいです。

相手に降りかかる慰謝料請求など、事態の発覚から今まで築いてきた関係も終わってしまう可能性もあります。

その確固たる証拠は、どうやって集めるか。

自分自身で調べる方法としては、以前の記事の

「盗難防止アプリ・ケルベロス」

を使って調べたりする相手もいるかもしれませんが、そううまくはいかないと思います。

そうなると、やはり探偵や興信所などのプロに依頼をされるでしょう。

そこまでされたらまず勝ち目はありませんが、実際にプロに頼む場合はそれなりの費用がかかる点でも十分に検討するでしょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからず、実際の不倫の証拠の金額はいくらなのでしょうか?

離婚に必要なのは、民法上の不倫にあたる「不貞行為の証拠」です。

例えば

ラブホテルへ入るシーン、出るシーンの写真

ラブホテルや不倫旅行のクレジットカードの使用履歴、

宿泊記録や領収書

パソコンやスマホでのメール内容

それらを調査するのには探偵の尾行や聞き込みが必要です。

探偵は会社によって料金体系は様々ですが、だいたいでは調査1日につき10~15万

一週間くらいの調査が平均的らしく、そうするとおよそ100万くらいの調査費用です。

さらに民法上では、なるべくなら一度結んだ婚姻関係は続けた方がいいという考え方から、1回限りの不貞行為では離婚をする理由としては認められません。

何度も同じ相手とセックスの関係が続いている状態を調査するには日数がかかればかかるほど費用は高くなります。

さらに電車などの移動代、ガソリン代、ターゲット遊園地等に入ったらその費用などの必要経費がプラスされるので、それなりの覚悟がないとプロへ依頼はできないという事が分かります。

100万円以上の「不倫の証拠」、

言い換えればこれが

「不倫の愛」の金額という事なのでしょうか。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

Sponsored Link