③女性が不倫を始める理由について
新規登録
Sponsored Link

③女性が不倫を始める理由について

The following two tabs change content below.
不倫パパ

不倫パパ

管理人の「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。

本編の「出会い系でドキドキ!進行中ブログ」はコチラで書いています

「不倫パパ」のプロフ - FC2プロフ

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

ごあいさつが元に戻りました(笑)

先日までは、不倫を「始めよう」としている方に向けた記事でしたので。

先日まで、女性が不倫を始める理由について、考えたことや他の場所で聞いてきた事を書いてきました。

考えも個人的なものですし、聞いたといっても一人だけですし、「不倫の恋」はなかなか他人に相談できない分、お一人お一人の多くの考えや多くの形があるものだと感じます。

ただ、この関係にいる方々の相手を大切に想う気持ちや、好きな気持ちというのは一緒だと思います。

ですので、もし私が

「もう一度、素敵な恋をしたいーー!!」

などと言ったとしたら、

それは「もう一度、素敵な不倫がしたいーー!!」

と言ってることなので、

いよいよ気がおかしくなったか?誰でもいいのか?最低だな。と思われる事でしょう。

誰でもよくて不倫をしているわけじゃない。

こんな危険な恋愛は決して誰でもいいわけじゃない。あなただから。

全てはそこにあると思うのですが、

でもそれが一番苦しくなったり不安になったりする理由でもあると感じます(涙)

ですので、もしもっと楽に考えられることができれば自爆したりしない毅然とした気持ちでいられるのかもしれません。

「どうしてもあなたじゃなきゃ」と感じないようにできれば、この恋に振り回されないと思うのです。

そこで、

私はちょっと、こう考えてみました。

「どうしてもあなたじゃなきゃ」と感じない方法。

私は結婚しています。あと数年したら十年が経ちます。

妻とは恋愛をして結婚に至りました。

もちろんお互いに好きだったから結婚をして、家庭を持って、子どもを授かり、家族として毎日を過ごしています。

今は妻に対して、残念ながらその当時の恋愛感情はありません(涙)

もちろん仲が悪いわけでもなく、家族愛というものに変わったのだと思います。

結婚は、「あなたのことはそれほど」ではなく

「どうしてもあなたじゃなきゃ」と決心してするものでしょう。

私も、もちろん・・・そうです。

いえ、最近寝不足の時に「みんなでゴハン食べてる時に、食べながら寝る人っている?!!」って怒られまして(涙)

それは置いときまして、

今は「どうしても」かというと、正直なところちょっと違うような気もします。

きっとタイミングや、少しでもその場所がずれていたら、妻も私も違う人と結婚していたかもしれません。

妻が存在しなかったら違う人と恋愛をして、細かい部分は違うとしてもきっと今と同じような人生を送っているように思います。

そして私が存在しなかったら、きっと妻も同じだと思います。

そんなふうに言ったら「最低な旦那だな」と思う方もいるかもしれませんが、この場所で綺麗ごとを言うつもりはないです。

今もちろん妻に対して感謝してますし、これからもずっと一緒に歳をとっていきたい。その気持ちは変わらないと思います。

ただ、夫婦にしても友達にしても

出会う範囲のなかで、気が合った者同士が繋がり合うのだと思います。

仕事もそう。決して私だからというわけではなく、他の誰かでも問題は全くありません。

それでも今のこの仕事をしていて、この生活をしていて、それが続けばいいと思っている。

私は、今の状態が続けばいいと思える時が「幸せ」なんだと感じます。

空の色は一緒。

私は不倫の恋をして、別れて、それでも大好きな人がずっと忘れられなくて、

忘れたいと思って不倫を繰り返して、それでもダメだということが分かりました。

そして、忘れられないのには理由があることに

最近ようやく気付きました。

想い出を「美化」しているうちは、忘れることができないのです。

ですので、美化することを止めるための手段は「どうしてもあなたじゃなきゃ」という気持ちが無くなればいい。

どうやったらそう思えるようになるか?というと

時が過ぎていく事です。

・・・ありきたりですけど。

でも、結婚だって「どうしてもあなたじゃなきゃ」と決心してするものですが、人は時間が経てば経つほど「どうしても」じゃないと思うようになることだってあります。

その上で、ずっと一緒に歳をとっていきたいという気持ちが変わらないのも事実です。

そして、大好きだった人の事もそう思える時の「幸せ」は必ず来ると思います。

今、その人が側にいないとしても、

今、その人が側にいるけど不安を感じていても、

同じように思うことはできる気がします。

今の相手の気持ちなんて、考えすぎないほうがいいです。

自分の気持だってよく分からないのに、そんなことばかり考えていると人を好きになることすら苦痛になると思います。

自分の思った通りにならない時に、苛立ってしまう気持ちのほうが大きくなってしまっても

空の天気に、いちいちイライラしたりはしないくらいに思う方がいいです。

昔、天気のいい休日に公園で撮った写メを大好きだった人にLINEしました。

そうしたら、ちょうど相手も公園で遊んでいると、写メが送られてきました。

空の色は一緒だなと、思いました。

空を見上げて、また同じ空を見ていてくれたらななんて

たまに思うこともあります(涙)

最後になりましたが、

先日のAさんに次の日に書いた日記です。

やっぱり、

こんなことを聞きたくなってしまう甘えた気持ちが残っていました(涙)

最後にAさんは、答えてくれました。

これ以上はこの場所ではやめときます(笑)

私は、

色々な想いや大切な気持ちを頂けるこの場所を

これからも大切に思っていきます。

本日もご閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. あきら あきら より:

    パパさん

    おはようございます。
    そして、いつもありがとうございます!

    この投稿シリーズ、とても興味深く拝読させていただきました。そして、たくさんたくさん、尾ひれをつけながら考えました。笑

    僕はパパさんとは違った恋のカタチでしたけど、その通りだなと思います。
    好きになることが苦痛になる、、まさにその道を通過しました。どうして?なんで?と自問自答してましたし、気になって気になって眠れない夜も明かしましたし、苦しくて相手を憎みそうになったことも。。。

    でも、、、
    それは、自己満足の世界であったこと。
    それは、相手の本当の幸せより自分の気持ちを優先させていたこと。
    それは、純粋に相手を愛してるのではなく、現実を受け入れきれない僕であったこと。

    様々な方が様々なカタチで人と繋がる、もちろん恋愛ではなくとも同じことですが、そこには様々な想いやぶつかりが生じる。

    お二人だけではなく、そこに繰り広げられるその他の関係もそうですが、怒りや嫉妬、苛立ち、憎悪、、、
    でも僕は、それらの感情は、素直に人間らしいと思います。
    感情に任せて、刀を振り上げる、、まではいいと思いますが、抑えきれず、刀を振り切ったとき、、、人間ではなくなると感じますし、人を好きになるなんて資格はないなと思うようになれました。

    この場所で気づいたこと。
    それは、僕は人間であること。
    人を想い、苦しさや寂しさを素直に感じる人間でありたい。何より、本当に苦しんでいる人を想う人間でありたい。それは、彼女であるかもしれないし、家族であるかもしれないし、友人であるかもしれないし、ここに参加されてある方かもしれない。

    そんな思いにさせてくれた彼女に、そしてパパさんのブログに、心より感謝します。

    今日も空の色は皆様と一緒です。

    • 不倫パパ 不倫パパ より:

      あきらさん
      コメントありがとうございます。

      そうですね。
      此処も星の数ほどある不倫のブログの一つですが、最近ブログとはいっても様々な人たちの想いが詰まっていると感じます。

      長くブログをしていて感じるのですが、
      言葉の表現も人それぞれですし、受け止め方も人それぞれです。

      その言葉に対する気持ちが抑えられない時も、たったひとつだけ忘れてはいけないことがあります。
      その気持ちの種は、
      もともと自分のなかにあったということ。
      相手の言動は、それを引き出すきっかけになっただけということ。

      川に浮かんだ木の葉を流れていると思うか、流されていると思うか。
      それは大きな違いです。

      どうなるかよりも、どうしたいのかが大切なんだと感じます。
      自分に言い聞かせているだけですけど(笑)

      私は、空を見上げたときに相手とは反対側の方向をずっと見続けていたいと思っています。
      それじゃあ別々の方向を向いている?そうなんですけど(笑)
      でも、反対側の空を向いてても地球は丸いですから、もしかしたら地中の深くで根っこが巡り来ることもあるかもしれませんしね。

      是非また覗きに来てください。

  2. りん より:

    パパさん

    いつもこの関係に悩む方々の為に、このサイトを運営下さり、ありがとうございます。
    このサイトも、不倫の悩みを検索すれば、結果が上位に上がる程有名になってきたのではないかと思います。
    毎日、かなりの方が覗いてらっしゃるのではないかと思います。数百人?いや数千人位かな。
    カウンターが見当たらないので、よく分かりませんが…(笑)

    私は、「とこしえの木」の前からお世話になっているのですが、パパさんの考えや様々な方の悩みや意見を参考に、最近になってようやく、現実を受け入れ、少しずつですが強くなる(解放する)事が出来ました!(このサイトで、男性心理を学べた事が一番大きいです。)
    パパさんのお陰だと思っています。

    私は、もう終わらせたのですが…
    今思えば、私のお相手も表に出さないだけで、同じように悩んでいていたのかもしれません。
    もしかして、検索して、こちらにたどり着いていたかもなとか思ったりしています。
    時々、もしかしてお相手さんかな??と思う投稿もあったりするので(苦笑)
    でも、それで女性の悩みに少しでも気付いてくれたら、嬉しいですよね!

    これからも、パパさんの想い入れの沢山詰まった「とこしえの木」が、皆さんの救いの場所でありますように!祈っています ^_^

    • 不倫パパ 不倫パパ より:

      りんさん
      コメントありがとうございます。

      カウンターは、出していません(笑)
      この場所がどう見られたいか、ブログのマンションを何階建てにとか見栄えを考えていた時もありましたが意味のないことでした。

      昔からブログで、不倫をする男の気持ちをお伝えしたいという気持ちはずっと変わりません。
      でも、不倫で悩む方々の為にと言えるほどのものは運営できていません(涙)

      色々企画などやらせてもらってはいますが、いきなりやめてしまったものや、これからやめようと考えているものもあります。
      私は飽きっぽい性格かもしれません(涙)

      でも、そのことをいいことだと思っています。
      何かに飽きるから、新しい事に夢中になれますから。

      形は変わっても、死ぬまで絶えず何かに夢中になりながら生きていけたら幸せですね。

      是非また覗きに来てください。

  3. りあ より:

    初めまして。
    今日初めてこのブログを拝見させていただきました。
    パパさんの、心境、別れ、そして今と全てではないですが読ませていただきました。

    私は今独身ですが、既婚者の方と不倫の関係にあります。心の底から好きで、相手もそうだと言ってくれて、そこに嘘は無いと信じています。
    でも、相手には家族が居て、私はその家族を大切にしてほしいと思っています。矛盾していますが、、その家庭を壊したいとは一切思いません。奥さんや子供に会ったこともありますが、奥さんのこともとても好きです。
    それだけに本当に最低なことをしていると思っています。
    ただ一緒にいられることが幸せで楽しいと、思っていました。いつか終わりがくることは最初から覚悟しています。

    だけど最近は、私のことが好きだと、ずっと一緒に居て欲しいと言うのに、別れる気は全く無いことが理解できなかったり、私は人生の時間を削って大切な時間を失っているのに、自分は何も失う気が無いことに腹が立ったり、でもそんなことを考えてしまう自分が1番醜いと感じたり、、心がぐちゃぐちゃでもう壊れてしまいそうです。

    でも、相手の気持ちも、パパさんのブログを拝見して少しは理解できた気がします。きっと私の相手とパパさんは似ています。子供のことが、何より大切なんです。
    ありがとうございます。

    私は、自分の人生のためにも、相手の人生のためにも家族のためにも、もうこの関係を終わらせるつもりです。この夏に旅行を計画していますが、それで最後にしようと思っています。
    本当に大好きなので、死ぬほど辛い時間が待っていることも分かっていますが、このままこの関係を続けることの方が私には耐えられないみたいです。
    生まれ変わることができるならその時は、一緒に居れたらいいなとだけ、願ってます。

    長文失礼しました。こんな気持ちを誰にも打ち明けることができないので、自分の気持ちに整理をつけるためにも書かせていただきました。
    いつかパパさんみたいに前向きになれるように、頑張ります。

  4. おにのめ より:

    お久しぶりです。
    何ヶ月ぶりでしょうか笑

    私も悩んだときに辿り着き、たくさん慰めていただいたのに、時間がたつことで悩みが薄らぐと同時に、ブログを拝見することもなくなっていました。すいません。
    5年前に恋におちましたが、今考えても、その人だから
    なんだと思います。たった3ヶ月でしたが、忘れることはできません。
    その人を忘れるために、恋愛もし再婚もしましたが、隙間はうまりません…

    2年前に再び連絡を取り始めてしまい、また悩む日々が続き、耐えられなくなり別れを告げてほしいと頼みましたが、受け入れてくれず、また待つ日々が続いています。
    1年に一度しか会えない、メールも半年に一度…
    パパさんの言うように、相手の気持ちは考えず、自分の気持ちに正直に生きていきます。

    私にとってこのブログは母のような存在です。

Sponsored Link