不倫の恋愛に「中途半端な罪悪感」はいらない

2018年8月5日不倫に悩んでいる方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

bullying-679274_640

先日ご投稿いただきました「れむ」さん、

ありがとうございました。

私はれむさんのご投稿や、れむさんへのコメントを拝見させていただき、ふと思うことがありました。

 

相手の奥様に対する嫉妬心。

独身の場合で、相手の男性が既婚者であったなら、やはり感じてしまうでしょう。

そしてそれを口に出してしまいそうになる心に、とても辛く葛藤されると思います。

 

 

きっと、そう感じていらっしゃる方は、もっといっぱいいるような気がします。

 

お辛い気持ちはとてもよく分かるのですが、

私はそれを口に出してしまってはいけないのだろうと、恋の辛さと割り切るしかないのだろうとコメントさせていただきました。

 

 

そしてもう一つ、

「絶対に口に出してはいけない」と思う事があって

この記事を書こうと思いました。

 

終わってしまった私が言うのもなんなのですが、この関係を続ける方達にとっては厳しい言葉になってしまうかもしれません。

 

Sponsored Link



 「決心」したから言える言葉。

相手の最後の言葉に、

私の妻や、娘たちにとって「かけがえのない人を奪ってた時間、ごめんなさい。」

とありました。

 

私は、この関係において嫉妬心よりも大きな感情は「罪悪感」だろうと感じています。

私はそれに目を伏せていましたが、相手はそれにしっかり向き合ったのだと思っています。

 

 

「あなたの大事な奥さんに、申し訳ないと思っている」

「あなたの大切なお子さんに、悪いと思っている」

 

独身の場合でも、お互いに家庭がある場合でも、

相手を好きな気持ちと、好きな相手の大切に想っているものに対する罪悪感を抱えながら、辛く苦しんでいられる方が多いのだろうと思います。

 

でも、私はその言葉だけは

相手に絶対に口に出してはいけないと感じます。

 

 

そして、本当に悪いと感じているのなら、

今すぐ別れるべきだと思います。

 

 

軽々しく言ってはいけない。

beach-323454_640

罪悪感に苛まれ、食事も眠る事もろくにできなくなるほど悩んで、

相手の奥さんに本当に、心から申し訳ないと思って、心からお詫びしてもお詫びしきれない。

 

そう感じている方は、きっと相手と、必ず別れられると思います。

 

 

それでも相手の事が心から好きで、罪悪感以上に愛してしまっていると言われるかもしれません。

 

厳しい事を言うようで心苦しいのですが、

それは本当の罪悪感ではありません。

 

もし、相手にそれを口に出してしまったとしたら、

私は口先だけなんだなと、思ってしまうかもしれません。

 

「奥さんの気持ちを考えたら、本当は・・・」

なんて言われたとしても、

相手の辛い気持ちは理解できるかもしれませんが、妻に対する罪悪感は本気ではないと思ってしまいます。

 

それは、

そう言いながら、会っているからです。

 

別れていないという現実があるからです。

 

 

それならば、そんな言葉は軽く口にしてはいけないのだろうし、

絶対に相手には言わない方が、この関係においては潔いと感じます。

 

 

本当の罪悪感を感じているならば、

誰にも言わずに自分で別れを決心することができるのでしょう。

 

どんなに罪悪感で辛いという事を正当化したとしても、

妻がいる夫と付き合っているという事実だけは、変えることはできません。

 

だったら、

この事実を素直に受け入れるしかないのだと思います。

 

それができないのなら、私達のような結末を迎えることも受け入れておかねばいけないと思います。

 

もし、本気で別れる気がないのなら、

絶対に「奥さんに悪い」という言葉は口にしてはいけません。

 

 

 墓場まで持っていく言葉。

sunrise-413044_640

もし、相手からの執拗なアプローチで始めてしまった関係だったとしても、

相手の奥さんに対する罪悪感よりも、相手を好きという気持ちのほうが強いから、この関係が今日まで続いてしまっているということも

 

相手の男性は、きっと分かっています。

 

 

でも現実に別れていないなら

奥さんに対する罪悪感、中途半端な思いやりは、やめたほうがいいです。

 

 

他の夫と、時間もカラダも共有し合っている。

でも、何を言われようと別れる気がないなら、

それは仕方のないことです。

 

 

それならば、この関係の自分の本当の気持ちだけはシビアに知って、

開き直るくらいに受け止めておいたほうがいいのだと思います。

 

 

本気で罪悪感を感じているなら、

すでに別れています。

 

このことを忘れて弁解するのではなく、ひっそりと心にしまい込んで

黙っておく。

 

墓場まで、黙っておくべき言葉なのかもしれないと、私は思います。

 

 

・・・言い方の悪い点、多々あったことをお詫びいたします。

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ