終わりました・・・
新規登録

終わりました・・・

Sponsored Link
The following two tabs change content below.

Rパパ

40代既婚者  1か月半、初めての不倫が終わりました 20歳の彼女から別れを告げられました 今も彼女が好きです。しかし、彼女の為に諦めました 宜しければ私の体験を読んで下さい

最新記事 by Rパパ (全て見る)

はじめまして。40代既婚者です。
結婚して20年になる同じ年の妻と今年20歳になる大学生の息子との3人家族です。

つい最近。初めての不倫が終わりました。

相手は、職場の部下で私の息子と同じ年の20歳。

彼女は、同じ年の子供がいる私の事をパパって感じでじゃれ合って来るようなタイプ。
職場でその様な関係はありえませし、他の部下から私への対応を怒られている事もありましたが、私自身は息子と同じ年の彼女の行動を子供が接してくかの様にしか思っていませんでした。自分の息子と同じ年の部下と働くのは初めてだったので少し気に掛ける所があり、彼女も私に対し仕事や人間関係での悩みを相談してくれました。

関係が始まるきっかけは、彼女と出会い働き始めて1年が過ぎるころ。
4月から私が異動で部署が変わるタイミングからでした。

同じ部署で働いていたころ、彼女から冗談交じりで食事に連れて行ってと再三誘われていましたが、私も冗談だとしか思わず『またね』と軽く答えていました。彼女からしたら父親と食事に行く程度にしか考えてなかったと思います。

異動が決まり、部署が変わる前に1度食事に行こうと約束しました。
結局、時間が合わず行くことはありませんでした。

部署が変わる最終日、彼女は休みでだったので最後に伝えたい事もあったのでLINEでメッセージを送りました。内容は、一緒に働けたこと、仕事を頑張って欲しいこと、それと一度も食事に行けなかったので、4月に彼女が20歳になったこともあり飲みにでも行こうと。

彼女からの返信は、これまでの彼女の行動へのお詫びと感謝、それとぜひ飲みに行きたいとの内容でした。

私から誘ったこともあり、5月に予定を合わせて飲みに行く約束をしました。

約束の日、彼女のリクエストに応え焼肉へ。2件目は、私が仕事仲間とよく行くダイニングバーへ。会話が弾みお互い終電のない時間に。その後、始発を待つまでカラオケボックスへ。歌を歌うことなくソファーでお互い横になりました。

少し酔っぱらっていたこともあったのか、彼女が無性に愛おしくなり、思わず彼女を抱きしめてしまいました。彼女は嫌がりませんでしたが、私はやっていることに罪悪感を覚え彼女に謝りました。彼女は、無言で頷くだけでした。なんとも言えない彼女の表情が、また愛おしくなりキスをしてしまいました。やはり彼女は拒みませんでした。幾度かキスを重ね、彼女を抱きしめ愛撫し、一つになろうと試みましたが、流石に罪悪感があり、一つになることは私から諦めました。

その後、始発の時間までお互い睡眠をとり帰宅しました。

LINEで昨日はありがとうとメッセージを送り、彼女からもありがとうございましたと返信。
キスしたことなどは、お互いに一切触れませんでした。
その日の事を確認したかったが、2人だけでは会ってくれないと思ったので、彼女の同僚の女の子と3人でまた食事に行こうと誘いました。返事は、即答でOKでした。

すぐに、行く日を決め3人で食事に行きました。

食事を終え、先に彼女の同僚を家まで送り、その後彼女と2人きりになりまし。そして、この前ことを素直に聞きました。その日は、車だったので、お互いシラフの状態。彼女は、素直に嫌ではなかったと。

あの日以来、彼女のことが頭から離れず好意抱く感情が生まれていました。その日も思わず彼女を抱きしめ、キスをしました。その日も彼女は嫌がらず受け入れてくれました。私は、ホテルに行くことを提案し、彼女も了承し関係を持ちました。

それから約1か月の間、幾度か仕事を早く終わらせ彼女を自宅近くまで送り車中で会話をしったり、ご飯を食べに行く関係を続けました。その間に、体の関係を持ったのは一度。

彼女の体が目的ではなく、本当に純粋に彼女の事を好きになりました。彼女は決して私の事を好きとはいいません。自分の気持ちをはっきりと伝えない人でした。私は抱きしめ、キスをすることで彼女の気持ちを確かめていました。

しかし、その日は突然訪れました。

いつも通り彼女を自宅近くまで送り、車中でいつもと同じようにキスをしようとすると彼女は拒みました。彼女は、ただアカンことは止めよう、取り返しが付く間に止めようとだけ答えました。そして、すごく悩んだと言い、彼女は帰りました。

彼女と別れた後、LINEでいつからアカンと考えていたかと聞くと、最近だと。
だた、嫌いにはなっていないと。
予定を合わせて日帰り旅行をしようと計画していた日を4日後に控えてので、その日は必ず来て欲しいと伝えました。彼女は行くと返事をくれました。その日にゆっくりと話をしよう、そう考えました。

日帰り旅行前日の深夜、LINEでやっぱり行けないと。
私の中で、この関係に終わりを感じました。
行けなくなった理由は、また答える、行くのが嫌になったのではないと言う内容でした。

その後、LINEで行けなくなったのは、家のことが理由だとメッセージが来ました。
私は、一度会って話がしたいと伝えましたが、今は上手く話が出来ないと断られました。
私自身も彼女との関係を続けることが彼女にとって良いことではないのは重々承知していました。ただ、私自身が彼女を諦めるにも、一度きっちりと話がしたい。納得して終わりたい、そう考えていました。

それからLINEで幾度か会いたいとやり取りを行いましたが、まだ彼女とは会えていません。
やり取りの中で彼女に好きな人が出来たと。私の知っている職場の人でなく、まったく知らない人だと。正直、それはウソだと思っています。良好な関係から急に関係を止めると言い出してからあまりにも時間がなく、私が彼女を諦める理由を作ったと思っています。
彼女が関係を止めると言い出したきっかけは、きっと友達からの助言ではないかと思っています。彼女は、女子高出身で非常に友達が多く、いろいろ男関係で苦労した人も周りに多いと話していました。以前は、私との関係を友達には話していないと言っていましたが、たぶん最近になって私との関係を相談し反対されたんではないかと思っています。
良いように考え過ぎているとは思いますが、彼女が私に会わないのは、もしかしたら彼女も私を忘れる為に時間が必要だからでしょうか。

LINEのやり取りの中で、異動する前の関係に戻れるかと?問うと、彼女はきっと戻れると。私と関われないのは寂しいと。
私も彼女との関係が終わっても、以前と同じように彼女の力にはなりたいと考えています。
ただ、以前の関係に戻れるまでには、まだまだ時間が掛かると思います。

1か月半と短い期間でしたが、私にとって妻以来、初めての恋でした。まさか、20歳以上も年下の女性に夢中になるなんて今まで想像もしていませんでした。本当に彼女を愛しました。許される関係でもないし、彼女を幸せに出来る立場でもないことは十分に理解していました。妻には申し訳ないと思っていますが、彼女を好きになり関係をもった事に後悔はしていません。正直、今でも彼女の事は好きです。
ただ、彼女の幸せを考えると会える機会が訪れても、決して自分の気持ちを彼女に悟られず諦めたと伝えることを心に誓っています。

文章力がなく見苦しい内容で、申し訳ありません。
ただ、不倫と言う禁断の恋に少しでも共感してくれくる人がいればと思い綴りました。
彼女と会って話をすることが出来れば、またこの場で報告したいと思います。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. あきら あきら より:

    Rパパさん

    はじめまして!
    あきらと申します。

    愛した女性のこと忘れることはできませんよね。お気持ちよくわかります。
    そして、Rパパさんのご判断、素晴らしいと思います。彼女さんがご決断されたことに対して、すべてを受け入れようとしていること。僕もそう有りたいと常に思っています。

    一度は愛したお二人ゆえ、そう簡単に修復することはできませんよね。。。
    僕は最近になって特に思うのですが、修復しようと思うこと、また関係を戻そうとする行為、努力。これらこそが、別れを決断されたお相手さまを追い詰めることになるのではないでしょうか?。。

    僕はお別れしてから、かなりの時間経過していますが、今でも彼女は大好きです。死ぬまで、いや、死んでも忘れることは出来ないと思います。
    僕の知らないことも、僕を愛してくれた時間も、僕の知らない未来も過去も含め、彼女の人生を否定するようなことだけはしたくないと思っています。

    Rパパさんのお心が落ち着き、ご家族と健やかにお過ごしできますように。
    またお待ちいたしております。

    • Rパパ より:

      あきらさん

      コメントありがとうございます。
      ご返信が遅くなり申し訳ございません。

      私は投稿した内容を相談できる人がいません。
      会社では、自分で言うのもあれですが愛妻家で家庭を大切にするイメージで通っています。もちろん社内の人間にこの事は言えません。彼女に迷惑が掛かりますから。
      誰にも相談できない私に、あきらさんに頂いたコメントは大変ありがたかったです。
      本当にありがとうございます。

      コメント頂いた中に、関係があった前に戻る行為は、彼女を追い詰める行動になるのでしょうか?とありますがどうなんでしょう。
      私が、『彼女の為になりたい』そう考える事も彼女には負担なんでしょうか?
      正直、私にはわかりません。
      彼女と話をする機会が出来、そこから時間は掛かると思いますが元の関係に戻り彼女の助けをしたいと私は考えています。
      もちろん、彼女が望まないのであればするつもりはありません。

      まだ、彼女とは会えていません。
      今日、たまたま彼女の仕事場に行く用事がありましたが、彼女には会いませんでした。
      仕事を理由に彼女に会うつもりもありません。
      彼女から会って話をして貰うまで待ちたいとおもいます。

      こんな私ですが、また良きアドバイスをよろしくお願い致します。

      • あきら あきら より:

        Rパパさん

        おはようございます。ご返信ありがとうございます。
        僕のコメントでご気分悪くされたのではないでしょうか、、ごめんなさい。
        Rパパさんのご人格、お優しいお心を感じましたので、あえて言わせていただきました。時を経た経験者として、僕のようになってもらいたくないから。

        僕も別れた直後は、『彼女の為になりたい』と、みえるカタチの行為ばかりだったように思います。
        でも、それは普通ではない行為であり、万が一今は彼女さんが受け入れたとしても、それをいつか拒否やスルーされたときに、仕事の関係があるならなおのこと、複雑で辛辣な気持ちになると思います。

        『彼女の為になりたい』と思う心=『彼女の事がまだ好き』である本心、を認めるのであれば、今まで愛し合った時間に、愛してくれた彼女さんに、感謝の念を持って、静かに幸せな未来を想ってあげることではないでしょうか?

        何か答えが欲しいお気持ちはわかりますが、それはRパパさんのお気持ちを抑えるためだと思われかねないと感じます。
        確認するお話はしなくとも、このままでいいと思います。それが僕の感じたRパパさんのご人格を落とさない一番の方法であるし、愛情だと感じます。

        Rパパさんがおっしゃるように、彼女さんもまた、誰にも言えないお苦しい状況だと思います。
        僕がおもうに、何もしなくても、今まで通りのお仕事の関係になると、、いやもうすでになっていると感じますよ。
        二人だけの関係とお気持ちは二人にしかわかりませんから。

        最後に、、
        このコメントは僕自身に言ってるようなものですので、スルーしてくださいね(TOT)

        全力でRパパさんを応援しています(^^)/

  2. 不倫パパ 不倫パパ より:

    Rパパさん
    ご投稿ありがとうございます。

    お辛いですね。せめて終わるにしても、ちゃんと会って納得をして自分自身の気持ちに整理を付けたい。
    私もそう思います。
    お相手さんがRパパさんとの関係を終わりにする理由について、お友達の助言で反対されたのかも、とございました。

    ちなみにですが、Rパパさんは逆に
    お相手さんがRパパさんとの関係を始めた理由は何だと思われますか?

    男が不倫を始めるきっかけというのは、意外に単純なのかもしれません。
    お相手さんのことは息子さんと同じ年の子供が接してくかの様に感じていて、そう気に掛けていたお相手さんと飲みに行かれた。そこで思わず抱きしめてしまった時からトキメキを感じてお相手さんを愛されていったように感じます。

    女性が不倫を始める理由というのは色々あると思います。
    例えば「夫を男として見れない」・・・お相手さんに旦那さんはいらっしゃらないですね(涙)
    例えば「さみしさを紛らわしたい」・・・非常にお友達が多いというお相手さんにこれもあまり関係がないかもしれません。
    「女として見てもらいたい」・・・まだ20代とお若いお相手さんは、充分魅力的なのではと感じます。

    今の現状が辛くてそこから逃げたいために不倫をする悲しい理由もあると思いますが、女性にとってのリスクが大きすぎる不倫の恋、決してその相手は誰でもいいというわけではないのを、この場所に頂く女性の声から私は感じます。

    トキメキを感じた時に好きになったのがあなただったから
    というわけではなく、
    「あなた」だから好きになった。
    Rパパさんだから、関係を始めたというのがお相手さんの理由のように感じます。

    食事に再三誘われていた時も、きっとお相手さんは職場での人間性を見てきたRパパさんに好意を抱いていたように感じます。
    そしていつからいけないか考えていたのかは最近ではなく、最初にホテルに行った時からずっと一人で考えていたのではないかと。
    ご自身の事もRパパさんへのことも、気持ちに取り返しがきかなくなってしまった時に訪れることも、本当に、すごく悩んだのだと思います。

    私は、お友達からの助言などでは決してないように感じます。

    女性は好きだからこそ、この関係の未来を男性よりも深く考えるような気がします。そしてこの恋の結末は、どれだけ自分が納得をしたくても女性が出した結論に従うのが、男としての最後の役割のような気がします。

    私なんかが生意気を言って申し訳ありません。
    ご気分を害されるとは思いましたが、承知の上で書きましたことをお詫び申し上げます。

    是非またお書きに来てください。

    • Rパパ より:

      不倫パパさん

      コメントありがとうございます。
      不倫を始めてからこのサイトを知りました。
      まさか、自分が投稿するなどとは想像もしておりませんでした。
      相談相手がいない私には大変支えになりました。
      今後も同じような境遇の人達を助ける為、頑張って下さい。

      コメントを頂いた中で、彼女が私との関係を始めた理由とありましたが、私にはまったく想像がつきません。
      不倫パパさんが仰るように、『わたし』だったからであれば、関係は終わっていますが、こんな嬉しく幸せなことはありません。
      ただ、今まで一度も彼女が不倫を始めた理由を私は考えたことがありませんでした。
      結局は自分の事しか考えず、相手の事は何も考えていなかったって言う事だったと思います。
      会って話をして納得して諦めたいって言う事も自分の事ばかり考えた行動で、彼女が悩んだ末の答えを一切尊重していなかった行動だと反省しております。
      また、私が彼女に会いたいと言う度に、私は彼女を傷付けていたのでしょう。

      彼女がいつか私と会い話をしてくれるまで、私が悩み苦悩する日々を過ごすのが、私が彼女に対して行った過ちへの禊だと思い過ごします。
      本当に私は、自分の事しか考えていませんでした。
      それに気がつかせて不倫パパに感謝致します。

      また、何か進展があればご報告させて頂きます。

  3. Rパパ より:

    皆様

    コメントを頂き、本当に感謝しております。
    コメント内容に対して、気分を害するなどまったくありません。

    彼女との関係に進展があったのでご報告させて頂きます。

    さっき彼女にきっぱりと諦めると伝えました。
    彼女からは、私との関係への感謝と『ほんとにすみません、ありがとうございます。迷惑かけました』と返事がありました。
    既婚者の私が彼女を好きになり、独身の彼女に対して迷惑を掛けたにも関わらず、彼女は私に迷惑を掛けたと謝りました。
    本当に彼女は、私の事を思い別れを決断したと思います。

    あきらさんが仰るように彼女に会い答えを貰うのは、ただ私の気持ちを抑える為に自分の事しか考えていない行動だったと反省しております。
    会って別れの理由を聞くより、彼女が私との関係に対し感謝してくれた事を聞けたことが何より嬉しく、別れに対し納得出来た思いがあります。

    そして、彼女に対し職場で出会う事があっても、何もなかったように接するのと、前の関係に戻ることも望んでいないと伝えました。
    彼女が挨拶することすら嫌なら言って欲しいと彼女が望むことを尊重するとも伝えています。

    このブログに投稿し、私は本当に救われました。
    きっと、私一人で悩んでいたら、こんなに早く自分の気持ちに整理をつけることも彼女に対し諦める事を伝えることも出来ず、今も彼女を苦しみ続けさせていたと思います。
    そして、彼女からの感謝の言葉を聞き出すことも出来ていなかったでしょう。
    この投稿に対しコメントをいただき、応援してくださった方々には本当に感謝しております。

    私もあきらさん同様に彼女を一生忘れることは出来ないと思います。
    彼女の未来が明るく、幸せになってくれることだけをただただ望みます。

    この度は、本当にお世話になりました。

  4. あきら あきら より:

    Rパパさん

    マジメになんですけど、、、
    僕今泣いています。。。笑
    ホントです(泣)

    その想いの丈と毅然たる姿勢は必ずお二人を、カタチは違えど、幸せに導いてくれるはずです。
    何より思うのは、彼女さんにとってRパパさんとの日々は、一生心に残る宝物となったのではないでしょうか?

    本当に偉そうなこと言ってすみませんでした。。
    だけど、涙が出るほど思いが入りました!
    これからも一緒に頑張りましょう!!!!

    • Rパパ より:

      あきらさん

      度々のコメントありがとうございます。
      私の事に対し、涙まで流して頂き本当にありがとうございます。
      決して偉そうな事は言われておりません。
      それどころか本当にあきらさんへは感謝しております。

      あきらさんに頂いたアドバイスが私と彼女の人生に非常にプラスになりました。
      あきらさんがいなければ、彼女から『私が彼女を愛した事への感謝、食事に行けたこと体の関係を持ったことを嬉しかった、そして話を聞いてくれ仕事が頑張れた』と伝えられることはありませんでした。
      彼女が私との関係に後悔していない事が分かり本当に良かったです。

      彼女も私が諦める事をずっと待ちわびていました。
      少しでも早く彼女を苦しみから解放することが出来て良かったです。

      そして、彼女は私に対し何もなかったように接しても大丈夫と返事をくれました。
      これからの関係がどうなるかは、私と彼女次第ですが、そこへ行きつく道しるべを作って頂いたあきらさんには本当に感謝しております。

      また、彼女との関係に変化があえばご報告させて頂きます。
      そして、こちらこそ一緒に頑張らせて下さい。
      本当にありがとうございました。

Sponsored Link