②W不倫で別れた相手と「友達に戻れるか?」振られた男が考えた結論

2019年1月17日不倫に悩んでいる方へ




「不倫で別れた相手と友達に戻れるか?」私は戻れないと書きました。

 

その続きを書こうと考えていたのですが、本日ちょっとした出来事があり、考えていた事へまた違う側面から感じた点がありました。

いつものように前置きが長くなってしまうのですが・・・(涙)もし前の記事をお読み頂いた方は少しお付き合い頂ければ幸いです。



真夜中にハァハァした女性と私。

先日、仕事を終えて電車で帰り、最寄り駅からは少し自転車に乗ります。駅前の賑やかなところを抜けて市街地に入っていきました。21時過ぎだったのでもちろん真っ暗です。

私が信号待ちをしていると、交差点左手側の道から・・・

犬が猛スピードで走ってきました。

交通量は少なかったですが、交差点あぶないなぁ!と私は信号待ちをしながら見ていました。飼い主は何してんだぁ?

すると、その後ろから必死の形相で女性が犬を追いかけて走ってきました。

犬をよく見たら首輪に紐がついていますので、おそらく飼い主の女性でしょう。犬は左に曲がり、私が行く方向の先へと猛ダッシュを続けます。

信号が青になり、私はダッシュする犬の後を自転車で追いかける形になりました。飼い主さんはだいぶ距離を離されています・・・

 

私の自転車はロードからシティバイクに変えたものの、結構なスピードで走れます。すぐ犬に追いつきました。犬に並走して、口笛を吹いたり手を叩いたりすると犬は私に気づき、なんとなく意識しながらスピードが落ちてきました。

「なんとか止まってくれるかな」と思い、犬がだいぶゆっくりになってきたところで距離を詰めようとしましたところ、右側にスッとマンションの駐車場に入っていきました。

「まあ駐車場の中なら車が出ない限り安全だ」と、私は安心しました。実家にいたころは犬をずっと飼ってましたので他人事ではない気持ちで、駐車場の入り口で犬が出ないように飼い主の方が来るまで見張ってました。

・・・結構経って、飼い主の女性がだいぶヘロヘロの走りで来るのがようやく見えました。

 

「ひとこと」で私をあたたかい気持ちにさせた言葉

あたりは真っ暗でして、声をかけたら変質者に思われるかも?とちょっと心配でしたが(涙)

 

飼い主の女性が近づいてきたので「ワンちゃん、こっちの駐車場の中に入っていったみたいですよ。」と言うと、

「すみません!本当にありがとうございます!」と、女性はお辞儀をして駐車場の中へと入っていきました。私はその後姿を少し見てから、また自転車を自宅に向けて漕ぎました。

 

私が実家で飼っていたのは「室内犬」だったのですが、まだ犬が小さい時はひょっこり居なくなってしまった時があって、必死になって探した経験がありました。

私の帰り道はとても気分が良く、「帰ったら娘たちに話してあげよう」とかなりウキウキとした気持ち。

「ありがとう」と言われて、人の役に立ったことが嬉しくて、幸せな気持ちになりながら自転車を漕いでいました。

帰ったら娘たちはもう寝てましたが(涙)

 

・・・まあ、そんなことがありました。言うほどのことでもなく些細な出来事ではありますが、その女性の方の名前も知らなければ、暗いし短い時間でしたので今思い返しても顔も浮かんではきません。

それでも私は、相手の「ありがとう」という心からの感謝の気持ちを伝えてもらって、心があたたかくなったのは嘘偽りのない気持ちです。

たかが、数分ともない出来事でも。

 

W不倫相手からの「ありがとう」への私の答え。

「ありがとう」という感謝の言葉の伝わり方には、伝える側よりもむしろ「受け取る側」にとっての気持ちの持ちようで大きく変わってくると感じます。

「友だちに戻れない」と私が返信したW不倫の相手から、最後にもらった言葉は「ありがとう」でした。

[box class=”pink_box”]生きていく力を、たくさんもらったよ。

○○にはありがとうしかありません。[/box]

別れたW不倫相手の最後の「ありがとう」に、私ははたして心があたたかくなったのか。

私も、そのときは「ありがとう」なんて返信しました。

本当はそんなわきゃありません。そう言わないと辛いだけ。

 

さらに本心を言わせて頂くならば、今はそこまでは思いませんが「ずっと側にいてくれると本気で思っていたのに・・・」「信じていたのに・・・」

不倫相手のほうは決断する時間もあって先に希望を伝えるのだから、精神的なショックもそりゃ小さいだろう。

私は自分の想いの足りなさを棚に上げて「ちょっと待ってくれよ、そりゃ理不尽だよ」という気持ちになって、その気持ちのまま結果を急ぎすぎたと思っています。

 

相手の「ありがとう」は心からの気持ちだったのかもしれません。

今になってみても、受け取る私のほうはまだそのありがとうに対して心があたたかくなるまでの気持ちになれているのか?

相手の、私の娘や家族に対しての気持ちはとてもよく分かる。理解はできる。

でも、まだ「でも」なんです。

一生懸命に考えたつもりでも、まだ不安になったり疑い始めてしまう。どんなに考えても、まだわからないことはわからない。

でも、その「わからない事」こそ、今の私にもっとも必要な答えなのではないかと感じています。そんな事を感じた出来事でした。

 

・・・と、だいぶ遠回りしましたが(涙)また続きます。

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ