①W不倫で別れた相手と「友達に戻れるか?」振られた男が考えた結論

2019年1月17日不倫に悩んでいる方へ




ちょうど一か月くらい前になりますが、私は別れた不倫相手と本気で「友達に戻りたい」と考えていました。

それはもう、いい年をしたオッサンが仕事中も頭の中はそんなことばかり、どうやったら相手と連絡をとれるか、どうやったら理由をつけて相手に会うことができるか綿密に計画を考え、「友達に戻りたい」と言おうとしていました。

・・・今考えると、なんとも女々しい男だと思います。



W不倫で振った側の常套句。

恋愛で「友達に戻ろう」と言うのは、振られた側よりも「振った側」のセリフとして使われると思います。

不倫を続けていくのは良くないので別れたいけど、ただ別れようと言っても簡単には納得してくれそうにないから「友達に戻ろう」と言っておけば人間関係が途切れるわけじゃないならと納得するだろう。

そのような場合に使われる言葉なのでしょう。

 

W不倫をしていた相手からの最後のLINEに「友達に戻れるかどうかは自信がない」と書かれていました。その時は私も「好きすぎて友達に戻るのは絶対に無理」という返事をしました。

そうして心が今にも潰されそうな気持ち、辛さから少しでも早く逃げられるように別れを選びました。

 

実に思慮のない選択でした。

W不倫の別れで本当に辛いのはその後の、ジワジワと胸の奥に得体の知れない何かに心の真ん中でずっと重く居座られているような気持ちでした。別の何かを考えていても、ふとすぐに心が重くなり、思わないようにすればするほど重くなっていくような感じ。

その気持ちをずっと味わい、そこから抜けられると思った唯一の方法が、どんな形でもいいから「相手と繋がっていたい」という選択でした。

 

その時の私は色々と自分の反省すべき点、至らなかった点が、全てではありませんが理解できていました。

そうして、その気持ちをふまえた上で、ただ相手の声が聞きたい。笑った顔が見たいと、それ以上のものは何も求めないという結論に達しました。

ただ、もしその時にW不倫で別れた相手と本当に友達に戻ることが出来たら、

[box class=”glay_box”]それではたして本当に幸せなのか?

友達としてこれからも相手を見守っていくことができるのか?[/box]

と今は考えます。

それも、こうして時間というものが私に一つ一つ、自分の考えるべきことを与えてくれているような気がします。

 

よくある「友達に戻ろう」という常套句の理由

 

「友達に戻ろう」と言った側の気持ちとして、尊敬できる人や自分を成長させてくれる人なら今後も友達として付き合っていきたいなんて言葉を見ます。

また、「友達に戻ろう」と言われた側の気持ちとして、相手には気持ちはもう無いなら一緒にいても辛いだけ。全てを忘れて新しい恋に進んだほうがいいなんて言葉を見ます。

両方とも見飽きた、聞き飽きたような「友達に戻ろう」という常套句の理由だと思います。これはあくまで普通の恋愛の話で、言うまでもなく「不倫の恋愛」に通用するものではありません。

 

リスクを抱えながら育んできたW不倫の恋愛は、成長するために進めてきた恋愛などではなく、また新しい恋を見つけるなどと軽く言える恋愛でもない、心の葛藤を抱えながら進めてきた恋愛。

全てが倫理から背いた恋愛なので、ネットで別れの辛さから逃れる方法を検索したところでその気持ちを本当に味わったものでない限りありきたりの言葉しか見つからない。私が納得するものは見当たりませんでした。

 

別れて一か月経った男が「友達に戻れるか?」考えた結果

たとえば、また日頃のお互いの中で、絶対に家庭でのちょっとした不満なんかは出てくるでしょう。私は、つい本日ありました(涙)

それはまた別の機会にですが、そうなったときにまた仲良く一緒にご飯を食べて、飲んで、愚痴を聞いてくれる友達。

友達として、そうして傍に居てくれる友達。

それって、結局不倫を続けている事と変わらないと思います。そこにカラダの関係はないだけ。ただそれだけです。

以前のことを思い出し結局は「声が聞きたい、笑顔が見たいだけ」なんて思いは薄れて相手とカラダの繋がりが欲しくなるだけだと思います。

また、不倫という困難な状況で愛し合うという関係を続けていた二人なら、お互いのことをよく知り、よく理解できているはずです。

だから、カラダの関係なんて無くても親身に相談に乗ることができる・・・のでしょうか。

それができる人もいるかもしれません。でも相談だけならば別れた不倫相手に固執する理由は無く、他の仲の良い異性の友達でいいはずです。未練がある気持ちが少しでも残っている以上は、思い出して苦しくなるものが大きすぎる。

W不倫で別れた相手と友達に戻れるような都合のいい話は、五年、いえ十年くらいして相手への気持ちが全くなくなったときにしか成立しない綺麗ごとだと思います。

 

「不倫で別れた相手と、友達に戻れるか?」私は戻れないと思います。

自分のためにも、相手のためにも、それでよかったのだと思います。

「友だちに戻れない」と私が返信したW不倫の相手から、最後にもらった言葉は「ありがとう」でした。

[kanren postid=”2040″]

その言葉に対する正直な気持ちはこちらに続きます。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ