③「カラダだけの不倫」はできますか?

2015年7月13日不倫を楽しみたい方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

 

birds-112083_640

先日からの続きです。

 

既婚者である貴方は、

奥様と出会い、愛し合い、そして結婚という恋愛のゴールにたどり着いたと思います。

 

 

それが一般的な結婚というものだと感じますが、

夫婦になるとだんだんとお互いを男と女と見れなくなるのも、一般的なものだと感じます。

 

Sponsored Link



妻は肉親と同じ。

 

カラダの関係は、男と女の行為です。

夫婦だって最初は男と女ですが、時間と共に妻を女としてより肉親として感じるようになっていきます。

つまり、母親や娘と同じで、大切な存在であることには変わりません。

 

ですが、肉親とはセクロスはしません。

考えるまでもなく、それがモラルだからです。

 

 

だから男は妻にカラダの関係をだんだん求めなくなるのは当然で、女を求めて外に目を向けていくのだと思います。

 

それは逆の場合もしかりです。

 

 

 

本当の「カラダだけの不倫」とは?

woman-139206_640

それでは、

貴方がカラダだけの関係を求めて、この恋愛を進むことできるかというと、

私は「できない」と思うのです。

 

 

それは、まだ十代、二十代といった性衝動だけで始める恋愛ではないからです。

仮に一目ぼれに陥った時であっても、それを納得させるのに時間をかけます。

 

守るべきものが大きいからです。

 

カラダの関係を持ったとしても、それをストレートに恋愛と認めずに「これは浮気だ」と自分に言い聞かせる。

 

相手に「愛してる」と言ってしまったら、

それを認めてしまったことになる。

だから、言えない。

 

欲望から出発しても、そこにとどまる関係が不毛であることが分かるから、欲望と恋愛を混同させたくないのだと思います。

 

 

それならば、この関係を「割り切って」いくことが上手な立ち回りだと感じるかもしれません。

決してのめり込まないように、できる限り長く癒しの時間を持ち続けていきたい。

 

 

では、本当の「カラダだけ」の関係とは

どういうことなのか。

 

 

触れ合って、キスをして、抱擁して、カラダだけを求め合う。

その瞬間にだけ二人が「生きているという事」を感じるという関係です。

男と女の肉体的な関係だけ、精神的な関係は望んではいけないのです。

 

 

肉体的な快楽しか求めない。

お互いの人生には、お互いの家庭の不満や思うようにいかないこと、二人が抱えているものは色々とありますが、そんな日常を一切持ち込まない。

 

そういうことだと思います。

 

日常が見えてしまえば、それは貴方の日常、現実の家庭と同じことで

どんどん相手の存在が肉親に近づいてしまうこと、邪魔な要素になります。

 

二人が抱き合っている時間だけが現実の時間であり、過去はどうでもよく、未来もどうでもいいということになります。

 

その瞬間を生きていくという事は、お互いの過去の話、過去の恋愛を語ることもなく、将来の二人のことを考えることもなく、

愛の言葉を語ることさえしてはいけない、ということです。

 

 

それが貴方のうまくこの関係を立ち回る、「カラダだけの不倫」ということです。

 

 

 

不倫の矛盾。

pair-707506_640

この関係の先に何があるか?

何もありません。

 

それを問うこと自体がおかしいことだと思います。

相手がそこにいるか、いないか、それだけなんです。

 

 

そこまで割り切るなんて、できないと言われますか?

 

でもそれが、本当に割り切ることだと思います。

確かめるように歩みの遅い慎重な不倫の恋愛で、お互いの気持ちを確かめ合いながら進めていく恋愛で、そこまで自分をコントロールできるなんてよっぽど心を殺せる人でないとできないと思います。

 

 

だから、自分の気持ちは殺してでも相手に「好きだ」とは言わないのでしょうか。

 

でも、言っていると思います。

相手のカラダを求めているとき、その最中のときには「好きだ」と言っているはずです。

 

 

それはあまりにも、ズルくないでしょうか。

相手にも自分にも、偽りではないでしょうか。

 

それならば、この関係を続ける意味はないと思います。

 

この年代の私たちは、もう自然に背が伸びることはありません。

自分から空を仰ぎ見ないかぎり、進歩はないのだと思います。

 

 

相手に対して、何を頑張るのか。

本当に大切なものは、何なのか。

すべてを捨てて、相手に向かう人もいるかもしれません。

 

頑張るというより、何ができるかを誠実に考えるしかないと思います。

自分にも相手にも、誠実に素直に、シンプルな想いを伝える。

 

 

相手の望む笑顔でいること、相手の想いを誠実に真剣に聞くこと。

それが全てだと思います。

 

 

貴方も、私と同じような過ちを犯す前にどうか気づいてもらえればと思います。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 




Posted by 不倫パパ