②「不倫で別れて」から二年経った男の心理

SPONSORED LINK


不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

先日からの続きです。

 

 

今、こうしてブログを書いていてしみじみ思うのですが

このパソコン、この部屋、この我が家、となりの部屋で寝ている妻と娘。

「パパ」と呼ばれるようになって7年。

 

色々ありましたが、本当に・・・

あっという間(笑)

 

 

子供達はどんどん成長するし、私も確実に年をとるし、

本当に早いよね(笑)って、

 

 

そして、もし大好きだった人と話すことができるのなら、そう言い合って笑い合いたい。

笑い合えなくても、そんなふうにどこかで想ってくれてたら嬉しい。

 

「本当に楽しかった」という想いと、今そう思う気持ち。

 

 

それが二年経った、今の素直な気持ちです。

 

 

 

そして

私のなかで、ちょっと前に一つの歴史が終わりました。

・・・いえ、別にたいしたことじゃないですけど(笑)

 

ただ私にとってはたいしたことなので、久しぶりに今の気持ちを書きなぐろうと思うので

興味のない方は、少し飛ばして読んでもらえたら幸いです(笑)

 

 



7年間、本当にありがとう。

まだ何も無い我が家に来て7年前、

産まれて間もない娘と妻がマイホーム入りをする前に、一足先に私が入居して家具やら何やら色々と準備していました。

 

「そっかーパパなんだよなー」なんてまだ自覚も薄い私は、パパだったらそろそろ「これ見ないとアカンな!」と

出勤前に初めてEテレをつけてみました。

 

画像引用元・~子育て主婦のお役立ち情報~

 

「おかあさんといっしょ」。

 

「横山だいすけ」おにいさんと、「三谷たくみ」おねえさんがそこにいました。

 

今、調べてみましたら、だいすけおにいさんと私は年齢がそこそこ近いことを知りました。

 

 

「みんなー!げんきー?!」

へー、おかあさんといっしょってこんなんだっけ?

まあ、幼児向けの番組を見るのは初めてに近いわけで。

 

ちょうどその時の「今月の歌」は忘れもしない「ごめんください、めんください」という歌。

「な、なんだ?このアバンギャルドな歌は!!!」

 

今までフェス大好きだった私には、子どもソングの見たこともない圧倒的な元気パワーに、

瞬く間に「だいすけおにいさん」と「たくみおねえさん」のファンになりました(笑)

 

 

ちなみに、

私のなかの「だいたく」ソングのベストがあります。

この頃の「おかあさんといっしょ」は見てないし興味ない・・・って言われても、私がとても話したいので発表します(笑)

 

 

だいすけロス!たくみロス!!!

まず最初は

「まんまるスマイル」


お二人の最初のころに歌っていた曲ですが、おかあさんといっしょのPVはYouTubeで無くなっていました(涙)

ので、なぜか嵐の二人のがありましたが、歌は「だいすけおにいさん」と「たくみおねえさん」の原曲です。

 

「まんまるスマイル」は、メロディが私が一番好きな歌です。

そして「だいすけおにいさん」と「たくみおねえさん」のお二人の声が

「おっ、なんか合ってきたな」って最初に感じた歌でした。

 

 

そして、この歌も大好きです。

「ぼくらのうた」

これも原曲のPVがなく・・・(涙)

ちなみに作曲は元プリプリの「奥居香」さん。私世代の方なら聞くと分かると思います。

 

何が良いかって、この歌をうたっている時の「たくみおねえさん」のダンスとノースリーブ姿が、衝撃的なほどキュートなんです。

あ、まだ「たくみロス」してますね(笑)

原曲動画がなかなか無く、こちらの可愛い娘さんたちの曲で聞きました。

 

仕事だるいな~なんて朝起きて、「たくみおねえさん」を見ながらこの歌を娘達と歌うと

お父さんがんばるわ!って元気をもらったのを思い出します(笑)

 

 

そして、

「おかあさんといっしょ」で最高に面白かったコーナーが

「なーにくん」とお二人の変顔。

 

「ガーン!」みたいなシーンで

だいすけおにいさんが繰り出す変顔(笑)

 

そして、たくみおねえさんも競い合うように、可愛い変顔を繰り広げていました。

このコーナーが始まったあたりから、

すっごいお二人の距離感が近くなったなーって感じたのと、私達にとっても身近に感じてた気がします。

 

たくみおねえさん、サイコーすぎます(笑)

そしてだいすけおにいさんの変顔は、「かぞえてんぐ」で更にパワーアップしていきますけど(笑)

 

 

でも、

 

だんだん成長していく上の娘はもう「おかあさんといっしょは子供っぽい」と見なくなり、

まだ保育園の下の娘も「ディズニージュニアのほうがいい!」ってかんじになってきて、

えー?見ないのー?と私がチャンネル争いに勝てるわけはなく(涙)だんだんと「おかいつ」を見る機会が減ってきました。

 

 

そして、2016年の3月に「たくみおねえさん」の卒業・・・。

そして、

「だいすけおにいさん」もその一年後に卒業。

 

 

本当に楽しかった、

娘達と歌って笑い合えた私の「おかあさんといっしょ」の歴史は、

「だいすけおにいさん」と「たくみおねえさん」の最高のお二人の時であったことが、なにより幸せだったんだなって感じています。

 

 

常に新鮮であること。

長々と、私の「おかあさんといっしょ」の「だいたくロス」の悲しみを綴ってきましたが(笑)

 

悲しさもありますが、

やっぱり7年間、「だいすけおにいさん」と「たくみおねえさん」を見続けさせてもらって

 

「本当に楽しかった」って感謝の気持ちしかありません。

いつも元気をくれて、ありがとう。って。

 

 

引用元・だいすけお兄さん「9年間やっていて一番つらかったこと」

 

だいすけおにいさんの、卒業後のインタビューの記事を読みました。

「この人の歌と笑顔と変顔に、どれだけの親子が救われてきただろう」

本当に、そう思います。

 

 

インタビューのなかで、だいすけおにいさんが9年間やっていて、

いちばん大事にしていた言葉というのがありました。

 

1年目から大事にしてきたのは新鮮であること。

プロデューサーに「番組を見るのもコンサートに来るのもその子にとって1回きりかもしれないし、最後かもしれない。

だからこそ瞬間、瞬間を常にフレッシュな気持ちで取り組んでもらいたい」と言われました。

当時は僕と三谷たくみお姉さんだったので、この言葉を大事にしていこうと2人で話しました。

 

だいすけおにいさんは

やっぱり子供は「大好き」で、これからも子ども達に歌と笑顔を届けたいと他の記事でも書いてありました。

 

9年という長い間、具合悪かったり気持ちがのらない事も絶対あったと思いますが、

「大好き」な人の笑顔のためという信念が、スゴすぎるだいすけおにいさんの凄さだと感じました。

 

 

そして、それは大切な人との関わり、

全ての人との関わりにおいて、とても大事なことなのだと感じました。

 

 

たまーにこのブログで言われる、有り難すぎるお言葉なのですが

「この場所に救われた」

 

何度も言いますが、私はこうして皆様方からのお声を頂いて「管理人」としてこの場所を運営しているだけであって、何をしているわけではありません。

 

むしろ、

いちばんこの場所に救われているのは、この私自身だと思っています。

 

 

そうでなければ、

別れて二年が経った今、このような記事なんかじゃなく

もっと「今でも・・・やっぱり・・・」みたいな、自分の気持ちをただ書いていただけのような気がします。

 

 

このブログに初めて来て、この記事をご閲覧されている方もいれば、数年前から書かせて頂いてその時から見てくれている方もいるかもしれません。

 

こうしてこの場所に関わって頂いた全ての方に、いつもフレッシュな気持ちで取り組んでいきたい。

 

不倫で辛くてどうしたらいいのかと、色々と検索して初めてここを訪れる方にとっては最初ですし、

「この関係を卒業」するという方にとっては、もう見るのは最後って時もあるかもしれません。

 

だからこそ、来て頂ける方にとっての瞬間瞬間を大事にした場所であるように、

少しでも笑顔になってもらえるように。

 

それが、別れて一年前とは違う、このブログに対する私の想いです。

 

 

 

そして、

大切な人との瞬間、瞬間を、大事に。

どれだけ長くても、常に新鮮であること。

 

この関係にいらっしゃる方々に、そのお気持ちを常に大切にしてほしいと感じます。

やはり私も「大好き」な人への気持ちが、この場所に根底にあります。

 

 

常に新鮮に、今度は何を始めたんだ?ってまた来てもらえるように(笑)

ずっと根っこは、十年先も二十年先も「不倫パパ」でいたいと思います。

 

 

それが一年前と違う、大好きだった人への私の想いです。

 

 

 

だから、この先「不倫で別れて三年経った男の心理」ってタイトルで書こうものなら、

きっと変わらないでしょうから「何書けばいいんだ?」って悩むと思います(笑)

 

 

 

長々と書かせて頂きました。

 

五年後、十年後に、この場所がどうなっているのか

自分自身も楽しみです。

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

 




あなたにおススメの記事



4 件のコメント

  • 2年経った今でも、思い出の場所で、そういうことをされるんですね♪
    私も彼女のことは、その時々大切な存在で、大好きです。
    でも別れて2、3ヶ月もすれば。他に愛し合える人が見つかれば、やはり彼女のことは忘れてしまってる気がします。
    GW、家族で海外旅行に行きました。その場所は、前の前の彼女とも、ふたりで来た場所なんですが、そういえば、ふたりでこの国に来たなぁって、着いてから思い出す程度で(笑)
    そう考えると、心から愛した人に出会えてないのかな、なんて思います。

    彼女と別れて1ヶ月。まだまだ寝ても覚めても、彼女のことを考えてしまいますが、この思いも、1年もすれば、忘れてしまうんでしょうね・・・。

    • ヒーローズさん
      コメントありがとうございます。

      そうですね、きっとこの場所がある限りは、私は変わらないでいるような気がします。

      心から愛した人に出会えたか、それが忘れることが出来ない人なのか。
      それが分かるまで時を待つというのも、なかなか難しいことだと感じます。

      たぶん何かの恋愛の本で読みましたが、
      心理学的には完結したことより、やり残したことや失敗したと思うことのほうが、人間の脳に強く記憶されるそうです。
      もしそれが心から愛した人だったとすれば、なおさら辛い結末ということ。

      まあ、それでも夜になれば眠りにつき
      朝になれば目覚めるわけですから、
      人間は、少しづつでも記憶を整理しながら生きているということなのでしょうか。

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん、こんばんは!
    おかあさんといっしょネタにとても共感してしまい、思わずコメントせずにはいられませんでした。

    うちの子どもたちも、たくみおねえさんとだいすけおにいさんしか知らない世代です。いまやEテレはたまーに観るだけで、テレ東アニメにシフトしつつあるのが少し寂しいと思っていたところです。

    たくみおねえさんのあの明るい声と表情は、朝から元気をくれました。ときに笑いをとり、癒しを与えてくれ、だいすけおにいさんとともに多くのお父さんお母さんから愛されたお2人だと思います。
    コンサートに行ったことは、忘れられない思い出です。

    不倫のことから話が逸れました(笑)

    わたしも多くのみなさんと同じく、パパさんのこのサイトに救われた1人です。
    様々なご意見が飛び交っているのを拝見するたび、不倫のことに限らず人間関係においての勉強だなと思うことが多々あります。
    いかに自分の視野が狭かったのかと気づかされます。

    不倫を正当化するつもりはありませんが、こうやってたくさんの方のお話やご意見を拝見するたびに新しい発見があり、いろんな考えを知ることができました。

    皆それぞれに苦しみもありますが、そこから成長できる道すじを見つけることもできるのだとわかりました。
    ありがとうございました。

    またパパさんや皆さまのご投稿を心待ちにしていますね。

    • naruさん
      コメントありがとうございます。

      えーーーー!!
      ファミリーコンサート、行ったんですか!!!
      いいなぁーーー!!!(笑)

      ママ友さんが一人だけ、昔チケットとれたと言ってたことがありましたが、
      私はN○○の関係者の人しか見に行けないものだと思ってました(笑)

      テレ東で娘が見ているのは、「プリパラ」とか「ここたま」とか「リルリルフェアリル」です。
      上の娘は、リルリルフェアリルのちょっとした恋愛パートで、なんかもうキャーキャーいってます(涙)

      ちなみに「おかあさんといっしょ」ですが、
      よしおにいさんの心境ったら、いったいどうなんでしょうかね?

      まゆおねえさん、たくみおねえさん、だいすけおにいさんを見送ったよしおにいさん・・・
      りさおねえさんと、そのことでどんな会話をしてるのか?
      すっごい気になります(涙)

      なんかもう・・・よし兄ガンバレ!!って心から叫びたいですよね。
      よし兄のパワワップ体操のジャンプなんて、人一人飛び越えられそうなくらいすごいですよね。

      あー・・・なんか切なくなってきました(涙)
      あ、ごめんなさい
      話が逸れたと言いますか、それしか話しておりませんが。

      是非また覗きに来てください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA