不倫経験者が現役不倫中の方の「お役に立てること」はここまでです。




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

私は不倫のブログを続けて七年目になります。11月からtwitterでつぶやき始めてフォロワーさんが1000人になりました。不倫中の皆様方のお声をお聞きして最近気づいたことがあります。

不倫で沼ってしまう女性も男性も、皆様が「誠実に真面目に不倫を続けている」のがその原因であるように感じるのです。



不倫分散の目的は不倫で沼らないため


彼への好きは永遠に、分散相手への好きであなた自身の愛をもっと大きく変えていく。「不倫で沼っている女性」へのささやかな願いです。

言葉より行動しないと人の心は動かないよ

不倫経験者が終わってから気づいたことがもう一つあります。それは辛い気持ちを経験した皆様が現役不倫中の人に「同じ気持ちで沼ってほしくない」ということ。

私もその気持ちを込めて今までブログやtwitterを続けていますが、それでも様々な恋の形の前に声が届かないもどかしさを感じることが多くあります。

不倫の恋はその方それぞれの理解の上で進む恋愛なので、いくら経験者だろうとお二人の事情は分かりません。ただ不倫の沼で苦しんでいる人を見ると、どうして白黒はっきり付けたがるの?もう少し不真面目でいれたらラクなのにどうして?と、自らが出来なかった歯がゆさ故に心苦しく感じてしまうんです。

つい先日、ブログをご閲覧頂いている方からSNSでこんなコメントを頂きました。

私は2020年のtwitterでのリアルな不倫中の方のお声から「不倫分散」について考え姉妹ブログのほうでも記事を書いております。そちらでご紹介した私も利用しているSNS内でのとても嬉しいご報告でした。

不倫分散というと聞こえが悪いかもしれません。もちろん大好きな一人の相手と変わらずにいられればいいだけです。でも真面目に誠実に不倫を続けている人は、割り切る不倫が絶対にできないから沼るんです。

現役不倫中の方にその声が届いたことは、経験者としてブログを続けていて何より嬉しく思えた瞬間でした。

先日から娘がペットショップにいってから犬を飼いたい!と懇願しています。私は「言葉より行動しないとママの心は動かないよ」と言いました。たとえ不倫経験者が不倫で沼っている方に何を言おうと、自らの意志で動いたものじゃないと人が変わる事なんてできない。同じだったんだと感じました。

 

最初から最後まで、不倫は永遠に恋人同士の役柄

「私が言うのもおかしいけどあなたは真面目で誠実な人」と最後に不倫相手に言われました。罪も罰も受け入れる気持ちで私は不倫相手にもっと不真面目になってほしかったと心底思っていましたが、二人とも心に空いた穴は家族で埋めるべきものという当前のことから逃げることはできませんでした。

不倫相手も私も割り切ることができたら今でも一緒にいたと思います。割り切るということは自分の気持ちに蓋をして「カラダだけの関係」と思い込むことじゃなく、お互いその役柄になりきる事だと思います。

永遠に恋人同士。その先は別の役柄だから「支えになりたい」とか求めちゃいけないんです。

最初から最後まで不倫は永遠に恋人同士の役柄です。それ以上もそれ以下も求めてはいけない。他に居るのはその恋愛を続けるために支える役柄だけです。苦しくなったら話を聞いてくれる役柄。慰めてくれる役柄。そのキャストの支えがあってこの物語は成り立つ。それが分散相手だと思います。

不倫経験者が現役不倫中の方のお役に立つことができるのは、誠実で真面目に不倫を続けている人こそ「不倫は永遠に恋人同士の役柄」から踏み出す沼に沈まないように、その足元に皆様がしっかり役柄を続けられるためのステージを用意すること。

ここまでのことしかないと思っております。

本日もご閲覧ありがとうございました。

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫で沼っている男性の方も…。これからお話しするのは「具体的な不倫の分散相手の作り方」なので、こっちでこっそりと書きます。



1 個のコメント

  • 何今更当たり前のことと言ってるのですか❗
    所詮愛しているとか言っても不倫は遊びの恋、恋愛ごっこに過ぎないです。
    配偶者も不倫相手も真剣に愛せないから不倫も出来るのです。
    不真面目な不倫というか、不倫をする人間は恋愛も結婚生活も真面目に出来ない人間だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    不倫パパ

    管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)