彼が既婚者でした。
新規登録
Sponsored Link

彼が既婚者でした。

The following two tabs change content below.

ちこ

私20代後半独身、彼30代後半。 5年間お付き合いしている彼は既婚者でした。今はまだ前に進めないでいます。

最新記事 by ちこ (全て見る)

はじめまして。今回初めての投稿です。言いたいことがたくさんあって、うまくまとめられていません。長文で読みにくいかと思いますが…今までのこと吐き出させて下さい。

タイトルには「既婚者でした」と書きましたが正確には「既婚者であることが確定しました」です。今まで気付かないフリをして逃げていましたが、彼との関係をやめなければいけない理由ができてしまいました…。

このサイトを見つけて皆さんの投稿やコメントを読ませていただきました。読んでいて自分の心境と重なり、涙が出そうになるものもたくさんありました。彼の気持ち、今後の自分、毎日いろいろ考えています。

W不倫でも、どちらかが独身でも、別れを切り出すのは女性からが多いようですね。わたしも皆さんのように前に進みたいです…。

彼は穏やかで優しくて面白い人です。考え方や仕事に対する姿勢も尊敬しています。一緒にいる時間はいつも本当に楽しくて、彼には素直に甘えることができるんです。話していると元気になるし、前向きになれる。彼が求めるものに応えたいし、癒しになりたい、支えたいっていつも思っています。本当に大好きな人です。

彼もわたしのことを大好きなのは一緒にいる様子で伝わってきます。文章ではうまく表現できませんが、2人の時はかなりラブラブしています;

彼とは週1~2回会っています。身体の関係もあります。食事やホテルデートが多いですがとくに不満はありません。デートは彼の住んでいる地域ではしません。お泊りは月1~2回。年に数回はプチ旅行もしています。

わたしはシフト制の仕事をしているため、彼は私のシフトに合わせて仕事を調整してくれています。彼はわりと日程が調整しやすい立場と職場環境で仕事をしています。わたしとの時間を作るために会う日の前後は遅くまで残業することもあります。だからこそ、会う時は彼が安らげるような彼女でいたいと思っています。

出会った頃、彼はわたしに独身で一人暮らしだと言いました。でも付き合って間もなくそれは嘘だと思い始めました。証拠を得たわけではないけれど、矛盾がたくさんあったので…。

でも、それでもいいと思えるほど好きでした。彼には何も言わず、気づいてないフリ、見て見ぬフリをずっと続けてきました。

暗黙の了解で、彼も言わない、わたしも聞かない。そんな関係だったから今も続いているのだと思います。自分で書いていても思うのですが、ただの都合のいい女、ですね。

この5年の間に別れのタイミングは3回ありました。1回目は彼から、2回目3回目はわたしからアクションを起こしました。

1回目は付き合って半年頃。些細な喧嘩がきっかけでしたが、彼に別れを告げられてもわたしは全然納得できなくて。嫌だ嫌だと泣いてごねて、彼が根負けしたという感じだったと思います(^-^;

今思えば、あの時の彼は不倫なんてするつもりはなかったんですよね。ハマってしまう前にやめようと思っていたんだと。

2回目は付き合って3年経った頃。わたしが辛くなった時期があって、もうやめようと思ってサヨナラを言おうとしたけれど結局言えず…。弱い弱いわたしの意思。

3回目は去年の夏。彼から本当のことを言ってもらおうと思いました。わたしから距離を置こうと提案し、メールや電話はせずに約1週間。彼が耐えられずに連絡をしてきました。

電話で話したのですが、その中で「ちこは悪くない、全部俺が悪い」「ちこの良い時期をもらったのに、俺はちこを幸せにできない」「理由を言ってしまったらもう付き合えない」「でも簡単に終わらせたくない」と彼に言われました。

わたしも終わらせたくない。弱い弱いわたしは、その理由は、怖くて聞けませんでした。

でも、最後まで聞かなくでも彼の背景を、既婚者であろうことを、確認できました。

彼はずるい。わたしは弱い。

本当のことを言いたいのに、本当のことを聞きたいのに、お互いにできない。

知ってしまったら、もう会えなくなるから?彼は今後も自分から話すことはないような気がします。

この一件から、今の状態を少しでも変えなくては、と思うようになりました。

今まで彼のことを調べようなんて思いもしなかったのですが、ちゃんと結果が出たら、わたしからサヨナラを言えるのではないかと思って、彼のことを調べました。

調べた先にわたしの知り合いがいたので彼のことを聞いてみました。結婚(婿入り)している、と教えてもらいました。結婚したのはわたしと付き合う少し前でした。

既婚も自宅も判明。あまりにも簡単に、あっさり、確定してしまいました。

調べたことは後悔していませんし、既婚だったことで裏切られた…という感覚もありません。彼にはこのことは話していません。

今も彼との関係、暗黙の了解は継続中です。ただ、以前とは違い「彼は既婚者」という意識を持ってしまっています。彼のことは変わらず大好きです。確定したことである意味ふっきれて、好きアピールが強く出てしまっている気がします。彼もわたしが気づいていることをわかっているような気がします…

ふっきれた反面、現実を実感することもあって。

いつもホテルデートをした帰り際、わたしが「今日は泊まろうよ~」と冗談で言って、それに対して彼は「泊まらないよ」「明日早いから帰らなきゃ」と返すやりとりがお決まりみたいになっているのですが、

先日会っている最中にふと「彼はわたしと会った後、誰かが待つ家に帰って行くんだ。毎日いってきます・いってらっしゃい、ただいま・お帰り、とかのやり取りをしているんだ。」等々考えてしまい彼の前で泣いてしまいました。泣いた理由は適当にごまかしました。

「今日は泊まろう」は冗談じゃなく本気で言っていていること、彼は気付いているのかな?

わたしが別れを切り出せば彼は応じてくれると思います。彼から家族の話を聞いたことはありません。だから、きっと家族が一番なんです。

もし、わたしが言わなければ、この関係はずっと続くのでしょうか?

どうしたらいいかなんて、答えは決まっているのに。今までの幸せな時間、毎日のメールや電話、彼という心の支えが無くなってしまうと思うと悲しくて怖くて、前に進みたいのに、行動に移すことができずにいます。。。

長文で、めちゃめちゃな文章で、すみません。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. ななこ ななこ より:

    ちこさんはじめまして^^

    同じ独身女性のお悩みで、思わずコメントしたくなってしまいました。

    まず、お別れするしないに関わらず、彼と既婚の事実について一刻も早くお話しするべきだと思います。ちこさんが事実を知っていること、彼に離婚の意志があるのかどうかも含めて。

    彼にはお子さんはいらっしゃるのでしょうか?お子さんの有無によっても、今後の展開は変わるのではないでしょうか。

    私は彼とはお別れしましたが、後悔はやっぱり、聞きたいことを聞けなかったこと、です。

    私も怖くて聞けませんでした。聞いたら終わってしまう、とかではなく、聞いたら心が壊れてしまいそうで。

    でも、今やり直せるなら、結末が同じでも怖がらずに聞きたかったことを聞きます。

    ちこさん、怖いのは真実が『見えない』からです。真実を知れば、進むべき道がきっと見えます。

    ちこさんはまだお若いですね^^若いから、早く良い人を見付けなさい。きっと皆さんそうおっしゃって下さるでしょう。私も、そう言います。

    でも、ちゃんと自分の気持ちと向き合って、今の恋を本当に納得して終わらせないと次に進むことは容易く出来ません。

    今の彼さんとどうなるか、まだ分からないと思います。ちこさんが納得出来るなら、続けてもいいと思います。

    どう進むにしても、彼さんとちゃんと話し合うのが何よりも大事だと思います。どんな恋でも、2人で始めたことに変わりはないのです。

    お苦しいでしょうが、ちこさんが迷いの中から早く抜け出せることをお祈りしています。長文失礼しました(^_^;)

    • ちこ より:

      ななこさんへ
      ななこさんに頂いたコメント、すごく、しっくりきました。気持ちが軽くなりました。
      〝怖いのは真実が『見えない』からです。″その通りです。このまま本当のことを聞かずに別れてしまえばきっと後悔してしまいますね…。

      彼に子どもがいるかは定かではありませんが、グーグルアースで自宅を検索(ストーカーっぽいですね;涙)してみたら、子ども用の三輪車らしきものが写っていたので…。

      これからどうなるか、不安のほうが大きいですが、彼と過ごした5年間を無駄にしたくありませんし、これからの自分のためにも後悔しないよう彼とちゃんと話をしてみようと思います。ななこさんのコメントに背中を押されました。ありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    ちこさん、はじめまして。
    にゃんこと申します。

    ちこさん、好きという気持ちだけで、
    このまま、ただの浮気相手としての道を選びますか?
    残念ながら、浮気相手という以外に、
    お相手さんから、ちこさんに貰えるものは、
    何にもありません。
    もちろん、2人での生活も妻の座もお二人の子どもも。
    子どもはそーっと認知もなく、
    産むことができるかも。
    ちこさんはその子が誰の子か、
    子どもに何があっても、
    1人で育てる覚悟があるならば。

    5年間、お相手さんが家庭の影を見せないため、本当の意味で意識したことがないのでしょうから、お二人の話だと思っているのでしょう。

    違います。

    お相手さんは家庭があるのです。
    しっかり、お相手さんから、お相手さんの家庭の話を聞いてください。
    ちこさんは、残念ながらお相手さんにとっては、ただの浮気相手なのだと、しっかり確認してください。

    お相手さんは最低ですね。
    自分が何者かも貴女に説明できない。

    万が一、お相手さんのご家族が知るところになったら、お相手さんは貴女を全力で守り、選ぶでしょうか?
    貴女を守るためとかなんとかいって、しばらくは一切の連絡を断ち、ほとぼりが冷めた頃、また、甘い汁を吸おうと、ちこさんに忘れられないと声をかける。
    そうなる前から全てがお見通しです。

    答えは明確です。

    キチンと現実を明らかにし、ちこさんを選んでくださいと、お相手さんにいいましょう。
    お相手さんに、ちこさんと結婚してくださいと、お相手さんの子どもがほしいと言いましょう。
    ちこさんにはその権利があるのです。
    どうなるかはわかりません。
    ただ、一つ、このままの関係を続けたい、
    というお相手さんの申し出や、弱い貴女の心だけは、絶対、やめてください。
    ちこさんは20代なのですよね?
    ですから、まだ、時間があるような気がしているのです。

    ありません。

    どんなに長く続けても、
    浮気相手。日陰もの。
    今の状態であれば、
    ちこさんはこの名前しかお相手さんから、
    もらえません。
    どんなにお相手さんがちこさんのために、
    プチ旅行の時間を作ってくれたり、
    お泊まりの日をつくってくれたとしても、
    ちこさんではないご家族がいるのです。

    きちんとまず、お相手さんのご家庭の話を聞いてください。
    きっとごまかしたり、はっきり言おうとしなかったり、妻とは籍が入っているだけ冷め切っているという説明かもしれません。
    心から愛しているのは、ちこさんだと絶対言うでしょう。
    そんなことは、全て横に置いておいて、
    お相手さんが、ご家庭がどんなご家庭か、
    妻の年齢、子どもの人数、年齢、性別、どんな姿か、同居家族が誰かなど、事実だけを聞いてください。
    画像などがあったら、それをしっかり見据えるのもよいでしょう。
    そこにお相手さんや貴女の感情を挟んではいけません。
    何故ならお相手さんの言うことは、嘘かもしれないでしょ?
    ちこさんも好きだから、心地よい嘘を信じようとするでしょ?

    そして、お相手さんにきちんとお話ししてください。
    わたしを選んで、ご家族を捨ててくださいと。
    ちこさんにはそう言ってもよい権利があるでしょう。
    薄々気づいていたとは言え、既婚の事実を説明もされず、5年もの間、根本が嘘だったのです。
    そんな嘘をつくお相手さんの、
    何を信じられるのでしょう?
    全てが嘘かもしれないのに。
    ちこさんへの気持ちですか?
    5年の間一緒に過ごした時間ですか?

    ちこさんにはキツイかもしれませんが、
    まず、お相手さんが既婚であるという事実を、認めるところから始めてください。

    ちこさん、どんなに優しかろうが、
    仕事ができる素敵な男性だろうが、
    ちこさんに対して、一番不誠実なことをしているお相手さんは、間違いなく最低な人間だと思いますよ。

    ごめんなさい。
    こんなものの言い方をしましたが、
    ほんとうに、ちこさんの未来が幸せになることを、お祈り申し上げております。

    • ちこ より:

      にゃんこさんへ
      コメントありがとうございます。ごめんなさいなんて言わないで下さい。第三者の冷静な視点からの、もっともな意見だと思います。彼は、わたしにも彼の家族にも、5年間も嘘をつき続けているような人なんですよね。もっといろんな面から彼のことや彼の家族のことを考えなければいけませんでした。

      今までは彼の家族のことは考えていませんでした。考えないようにしていました。
      でも最近は、にゃんこさんの言うように「彼は既婚者という事実」を受入れようと、自分なりに努めています。考えると辛くて泣いてしまうこともありますが、反面、冷静になれる自分もいます。

      彼の「奥さん」「子ども」。ずっと使うことを避けてきた言葉です。「奥さん」なんて絶対に言いたくなかった言葉なのに、この投稿で、皆さんからのコメントを読んで、初めて文字にできました。
      今度はわたしの口でちゃんと言いますね。それで、彼の口からもちゃんと事実を話してもらおうと思います。

  3. M より:

    初めまして。

    何度か、こちらのサイトでは、コメントさせていただきました、拙い文章で、中々伝わり難いでしょうね。

    既婚男性の方が、独身女性に惹かれる気持ちは良くわかります。
    綺麗ですし、可愛らしい仕草に心奪われてしまうでしょう。
    どうか、理性で我慢して欲しいなぁ、出来ないものかなぁと。
    年甲斐もなく、若い女性とのお付き合いで夢中になるのでしょうか。
    罪の意識が薄いのが残念ですし、独身女性に残酷な事をしているとの意識も。

    半年の頃は、貴女は彼の正体を知らなかったのですから、彼がその時点で自分が妻帯者である事を告げる機会だったのに、しなかったのです。貴女が引き止めたからでもない。

    そして、関係が進んでから彼は貴女を幸せに出来ない、その訳を言えないなどと言ったこと。確かにズルいですね。これが彼の気持ちの全てでしょう。

    残念ながら、このままお付き合いされたら、貴女は憔悴しきってしまうのではないかと心配です。

    ボロボロになりながら彼に執着する人生を選びますか?

    貴女の様に、若く真面目な方が、次第に心の醜い女性に変わってしまう、そんなお話しを知っています。

    彼からは永遠に別れを言わないと思います。
    貴女を好きだから離れられないとか、ズルズルと引き伸ばします。
    勇気をもちましょう。
    別れて暫くは苦しいけれど、別れて良かったと思える時が必ず来ます。
    貴女は幸せになる資格があるんです。

    つい、出しゃばり過ぎました。
    貴女の人生です、悔いの残らない決断をされてくださいね。
    人生の先輩として申し上げるなら、
    沢山の祝福を受けて歩まれて欲しいと願います。賢明な選択をしてください。

    • ちこ より:

      Mさんへ
      コメントありがとうございます。
      Mさんのおっしゃる通り、彼と一緒にいてもわたしが得られるものは何もないし、泣いたり不安になったり、疲れて終わりですね。

      このまま彼に執着し続ける必要なんてないですよね。
      皆さんから頂いたコメントを読んで、彼の取っているわたしへの対応を冷静に考えられるようになりました。

      Mさん、「勇気を持ちましょう」と言ってくださりありがとうございます。
      最後の時はきっとボロボロに泣いてしまいそうですが、前向きに、別れを告げられる気がします。

  4. 匿名 より:

    私の友人の話をさせてください。
    20年前、私とその友人が大学生だった頃、友人が7つ上の彼が出来たと嬉しそうに報告してくれました。
    私達が社会人になり数年経った頃、独身だと思っていた彼に妻子がいたこと、でもお子さんが小学生になったら離婚するから待っているの、と久しぶりの再会の場で話してくれました。
    そして20年が経ち、彼女はまだその妻帯者と付き合っています。相手はもちろん離婚なんてしていません。奥様との仲はたしかに冷え切っていたのかもしれないけれど、その寂しさを私の友人に埋めてもらいながら、家庭を維持していたのでしょう。
    先日久しぶりに会った際に友人が、結婚してママになってみたかった、今からじゃもう無理かな、と言っていました。
    みんなやめなよって言ってくれてたのに、その意見をちゃんと聞いていれば良かった、そうも言っていました。
    その場にいたメンバーで、今からでも遅くないからちゃんと別れて新しい恋をしなきゃ、と話しましたが別れたとの報告はまだありません。
    ハタチぐらいから40代に入るまでの、女性として最も魅力を放つ時期の彼女を手放さなかった相手の男性の身勝手さに、私は友人として怒りを覚えます。

  5. みー より:

    貴方のお父さんやお母さん、その他貴方を大事にしてくれてると思う人に、この話をしてみてください。
    きっとものすごく怒るはず。
    大事なちこを粗末に扱ったって、ものすごく怒るはずですよ。
    どうか自分を粗末にしないで。

    そして一番もったいないのは時間と心なんですよ。
    二度と戻らない20代の素敵な時期のその時間と、まだみずみずしいはずの感性を曇らせること。
    そして、不倫は長ければ長いほど、自分でも気がつかない「不倫臭」みたいなものがつきます。
    だからそれを嗅ぎつけて次もまたそういう人のターゲットになりやすい。
    自己肯定感が低くなってしまうから。
    ちゃんとした恋愛ができなくなってしまうんです。
    無条件に愛されるということを、意識下で拒否するようになるから。

    離れるなら今です。
    自分を選んでくれない人に、貴方の人生を与えてはいけない。
    W不倫は自分勝手同士が起こすこと、でも相手が独身の場合は間違いなく片方が勝手なの。
    それに、貴方はわかってますか?
    奥様にもしも知られたら、貴方は慰謝料を請求される立場なんですよ。
    社会的制裁も受けるかもしれない。
    そうなったときにはじめて、その男性の器と本音が見えるでしょうね。
    だけど、99%、男は家庭を捨てません。
    男性にとっての愛情の結果は責任だからです。

    どうか目を開けて、ちゃんと本当の彼を見て下さい。
    貴方が見たい彼じゃなくて、本当の彼を。

  6. じゅん より:

    ちこさん

    上手く伝えれるか、自信がなくて、コメントするのを、躊躇してたんですが、、、

    皆さんの意見と、私も同じです。
    自分を、自分の未来、人生を大切にして欲しいです。
    彼は、ちこさんと一緒になる選択は、選ばないと思います。
    ちこさんも、薄々は気付いてるんですよね?
    後もう少し、一歩を踏み出す決断をする為に、誰かに背中を押して欲しいんですよね。

    私の友人の話しになるんですが、、、
    彼女は25才から妻子ある人と付き合ってました。交際二年目からは、同棲していました。だから、彼女自身も相手が離婚してくれて、自分と結婚してくれるものだと思ってたし、私もそう思ってました。彼女と同棲、奥さんとは、別居してたから。

    同棲して、三年目の頃、彼女が妊娠しました。
    これを、機にやっと、離婚してくれると思ってたのに、彼の答えは、
    「離婚は出来ない、でも、子供は認知するし、これからも側に居る」でした。
    彼女は、ショックの余り情緒不安定になり、何と彼の自宅に行き、奥さんに
    「私は妊娠している、産むつもりです、離婚して下さい」と、直談判したのです。
    すると、奥さんは彼と同じ事を言ったのです、認知はするけど、離婚はしないと。
    それからは、もう修羅場でした。彼女は、益々、情緒不安定になり、
    流産してしまいました。
    包丁を持って、彼を刺そうともしました。すると、彼氏は怖くなって、自宅に逃げて行ったのです。もう、見て居られませんでした、ボロボロで。
    でも、今になって、考えると、奥さんに訴えられなくて、本当に良かった。

    でも、それから、3年後、別の独身の人と結婚して、幸せに暮らしています。
    今も、彼女は、二度と彼の事は、思い出したくないと言います。
    不幸になってくれればいいとまで、言います。
    もっと、早く彼女を手放してあげていれば、そこまで追い詰めなければ、
    彼女の中でも、思い出でなり、彼の幸せを願えたかもしれない、、、

    ちこさんも、今、終わりにすれば、憎まずに済むんじゃあないかな。
    男性は、自分から手放そうとはしません、バレない限り。
    ちこさんには、修羅場を経験せずに、別れて欲しいのです。
    ちなみに、その男性は、懲りもせず、また違う女性と不倫しています。
    ちこさんの彼氏さんも、ちこさんの事は、間違いなく、好きなんだと思います。
    でも、それだけですよ。離婚する気があるなら、とっくに、行動に移してると思います。
    他の皆さんが言うように、どうか輝いてる今をそんな不毛な恋に使わないで!

    きっと、素敵な独身男性が現れますよ!
    友人は、こうも言ってました。
    『普通の恋愛が、こんなに楽しいのを忘れていた。周囲の目を気にせず、嫉妬する事なく、家族や友人に紹介出来る事が、こんなに嬉しいなんて。』
    どうか、ちこさんも、そういう気持ちを思い出して下さい。

    長々と、ごめんなさい!
    ちこさん、幸せにならなきゃあ!なって欲しいです。

  7. うらり より:

    ちこさん

    とてもおつらいでしょうね。
    5年間という歴史を考えたら、そう簡単に手放せないお気持ち、すごくよく分かります。

    彼氏さんとの逢う頻度など交際の距離感をから感じるのは、お相手も本当にちこさんのことが好きなんだろうなと思いました。

    でも、好きと結婚は別物だと私は思っています。

    ここからは私の感覚なので、ちこさんの関係に当てはまるかは分かりませんが、不倫をしている立場の人間の意見として読んでくださいね。

    私は既婚でWの関係ですが、出会って1年以上、彼は独身の設定でした。
    怪しいなと思ったこともあったのですが、彼を信じようと思って見ないふりをしてきました。

    あるとき、彼が噓をついていることに申し訳なさを感じたようで、ついに白状してきました。

    私も既婚だったので、結果的には同じ立場になっただけですので、関係は今でも続いています。

    私たちはお互い大好きですし、相手を心のよりどころとして、相手を大切な存在としてお付き合いしています。

    けれど、だからと言って2人ともそれぞれの妻、夫と離婚は考えてませんし、相手と結婚したいとも思ってはいません。

    きっと、どちらかが結婚を意識したら終わる関係なのかもしれません。

    結婚してるからこそ、結婚の先にあるのは恋愛ではないこと、残念ながら家族になってしまうことを知っているからです。

    家族には家族の良さ(居心地のよさとか自分らしくいられる場所であったり)はありますが、ときめき、必要とされる感覚(承認欲求を満たしてくれるような関係)や興奮するような体の関係はありません。

    だからそれを外に求めてしまう、悪く言えば人間的に欠けた部分があるとおもっています。

    相手を好きという気持ちは独身の時と比べても、なんら変わりはありません。

    ずっと一緒にいたいと思うし、相手のことをいつも考えているし、少し連絡がおそいと不安になったりもしますし。

    でも、独身のときの恋愛は明らかに違います。

    独身の時は恋愛の先に結婚を意識してましたけど、今はずっとこのままの関係でときめいていたい、そのためには結婚はしたくいなと、そんな気持ちです。

    とても、ずるい気持ちですけど、もし彼と別れたとしても帰る場所に戻るだけ、もとの生活に戻るだけ、そんな風にも感じます。

    中には離婚をして、不倫相手との将来を考える真面目な方もいるとおもいますし、私も1人だけそうやって結婚された方女性を知っていますが、そのまでの道のりはすごく過酷でいろんな人に後ろ指を指されていました。

    ちこさんの彼氏さんがどのようにお考えなのかは分かりませんので、なんとも言えませんけどね。

    最後におそらく彼氏さんは、ちこさんを苦しめていることに、なんらかの罪悪感を感じていると思います。

    彼氏さんがちこさんを好きなことにも、変わりはないと思います。

    私のような立場の人間が偉そうな事、言ってすいませんでした

    ちこさんがお考えをまとめる手助けになれば幸いです。

  8. ちこ より:

    皆さま、たくさんの温かいコメント本当に本当にありがとうございます。。。
    ご自身の体験やご友人のお話、読ませていただきました。
    彼はわたしを選ばない。既婚男性と独身女性が関係を続けるにはリスクが大きすぎますね。

    自分を大事にしてほしい、幸せになってほしい、という皆さまの言葉。
    思えば、我慢することが当たり前になっていて、そこに疑問を持たなくなっていました。彼のことが好きという気持ちが先行してただの都合のいい女になっていました。

    彼の嘘の上に成り立っていた関係ですが、楽しい時間がたくさんあったことは事実です。彼のことを嫌いになることはないと思います。

    次に会うとき、彼に家族のことを聞いてみます。そしたら今度はちゃんと、わたしからサヨナラを言えると思います。

    皆さまのコメントに背中を押していただきました。ずっとモヤモヤしていた気持ちがすごく軽くなりました。頑張ります。

  9. じゅん より:

    ちこさん

    ちこさんからのコメントを読んで、少しホッとしました。
    言い過ぎたのではないか、傷つけてしまったのではないかって。
    ちこさんからのコメントが来てるかなって、何度も覗いてました。

    皆さんの意見を聞いて、彼氏さんと話し合うと決断された事、良かったです。
    勇気が要ること、辛い事だと思います。
    でも、きっと、いつか、これで良かったんだと思える時が来ると思います。
    ありきたりな事しか言えないけど、頑張って!踏ん張ってね!
    応援しています。

  10. じゅん より:

    ちこさん

    ちこさんからのコメントを読んで、少しホッとしました。
    言い過ぎたのではないか、傷つけてしまったのではないかって。
    ちこさんからのコメントが来てるかなって、何度も覗いてました。

    皆さんの意見を聞いて、彼氏さんと話し合うと決断された事、良かったです。
    勇気が要ること、辛い事だと思います。
    でも、きっと、いつか、これで良かったんだと思える時が来ると思います。
    ありきたりな事しか言えないけど、頑張って!踏ん張ってね!
    応援しています。

  11. 匿名 より:

    ちこさん

    大学時代の友人の話をお伝えした者です。
    5年間のお2人の関係をよく知りもしないのに、ちこさんに私の友人と同じような後悔をして欲しくなくて、つい偉そうに書き連ねてしまいました。
    でもやはり、ちこさんにはまだまだ別の出会いや可能性があると思うので、勇気を出して手放すものは手放して、新しい世界へ飛び立って幸せになってほしいと思うのです。
    ちこさんがんばって!
    ちこさんの幸せを心からお祈りしています。

Sponsored Link