不倫をしているすべての男性が相手の女性を勘違いさせてしまって謝らないといけないこと




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

不倫中の男性にお聞きしたいのですが、相手の女性がどれほどの覚悟をもって貴方に逢いに来ているか考えたことはありますか?

自分の気持ちを正直に伝えない男性もいますが、言ったらのめり込むのが怖いからなんていうのは不倫相手の覚悟に何も向き合っていない人が言うセリフです。抜け出すことが前提でおいしいとこだけを楽しんでるのです。

不倫相手との関係を長く続けるにはある意味ハラをどこまでくくるかの覚悟が必要で、その差が男女で大きく違うから女性は温度差を感じると思います。男の「愛してるよ」を翻訳すると実は「あっちの世界で愛してるよ」という意味で、それがこの差の生まれる理由です。



不倫分散の目的は不倫で沼らないため


不倫相手を何人も作って楽しんでほしいわけでもありません。その目的は不倫で沼らないため。 私と同じ気持ちを味わってほしくないだけです。

今の不倫を「現実ではない別世界」だと思っている男のつぶやき

先月も不倫相手に会えなかったから今月こそなんとか予定を立てるぞ。…計画は完璧。あとは風邪ひかないように体調管理は気を付けるか。

あと一週間、いやあ嬉しくてしかたがない。

ちょっと仕事でミスしたけど一週間後の相手との楽しい時間を考えれば全然へっちゃらさ。早く会いたいなぁ。

えっ?子供が風邪ひいた?…マジか。

不倫相手のために仕事もスケジュールも調整してきたんだけどな。嫁さんにもその予定で話しちゃってるしなんて言って予定をズラすか。

…いやかなり厳しいな。もう二か月会えないしそろそろ限界なんだけど今月は諦めるか。あー会いたいなー。チュウしたいなー。

 

男と女で不倫は立っている世界が違う

きっと不倫を長く続けている男性と比べたら、女性とカラダを重ねる生涯回数は私は勝てません。でも「あっちの世界」で愛し合った気持ちの大きさは負けてないと思います。

そう男が考える思考は、今この足で立っているこっちの世界とは別の場所での愛だと思っているから現実での覚悟ができていないんです。

皆様そうだと思いますが、不倫をしていて自分の子供に女の顔を悟られたくない。子供にしてみれば母親はあくまで母親で女の部分は想像したくもないだろう。女性のその気持ちを強く感じます。

それに対して男はあまりに無防備です。別世界の愛にのほほんとしてる。これも一つの覚悟の差です。

また、不倫中の女性は相手からの別れに対しての台詞まで考えてある方もいます。お互いの家族にバレてしまったらの場合も、間違った責任の取り方でしょうがどうするかを考えている方もいます。

不倫中の男性と女性では立っているその足元の世界が違う。それを分かっていないと女性はただ苦しいだけだと思います。

私は不倫相手のことが好きで好きでたまりませんでした。二児の母とは思えないほど可愛いい女性と付き合えて最高に幸せだと感じました。カラダだけが目的ではないけど結局は切り離せないし、相手にとっても同じだから私と不倫してるんだろう。それが男の考える「あっちの世界」です。

 

不倫男性が女性に謝らければならないこと

だから女性が相手の男性に「好き」かを聞くのは愚問です。もちろん大好き。「あっちの世界」で。

全ての不倫男性が女性に謝らなければいけないのは、

日常の中に非日常がたくさん入り込んでいくにつれて、いつの間にか女性の非日常を日常と錯覚させていることです。がっかりさせてしまい本当に申し訳ありません。

ただ、今している不倫を別世界ではなくしっかりこっちの現実世界で向き合っている男性もいると思います。家族にも社会にも不倫相手にも責任を取る手はずを整えて、相手が望むときに会い連絡を欠かさず常に不安にさせない。

それでも心の穴を埋めれないのが不倫の恋だと思います。

本日もご閲覧ありがとうございました。

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫相手を分散すること。不倫に理解のある話し相手を見つけることで苦しい気持ちがラクになり、色々な角度から本命相手と向き合えるのがその第一歩です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

不倫パパ

管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)