40代・50代で「初めて不倫」をする男性へ

2015年4月20日不倫を楽しみたい方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

昔と比べて、

だいぶ不倫がカジュアルだという認識が強くなったと感じています。

 

 

40代後半や50代の方、

前の記事でも書きました
「パパのお小遣い」3万円で不倫ができるか?

 

有森也実さん達、トレンディー女優をテレビで見られてきた
40代後半から50代の方々で

不倫をご経験された人にお聞きしたいのですが、

 

 

現代の不倫観とその当時の不倫観では

男性側の意識がだいぶ違うのではないでしょうか?

 

例えばですが、

愛が全くないにもかかわらず、一夜の関係になりたいがために

「愛しているよ」

とか

「結婚しよう」

などと、妻子がいるにも関わらず女性に囁いてしまう男性もいると思います。

 

恋愛遊びであれば、なにも愛や結婚などという言葉を出さなくてもいいと思うのですが

その言葉を出さないと恋愛関係まで持っていけない

そう考えてしまうのが、40代後半や50代の方の男性のような気がするのです。

 

 

「古い不倫観念」とでもいいましょうか。

 

私のような30代の考えでは

今は愛があるほうが、

たやすく深い関係になれないと思っている女性が多いような気がします。

 

 

もちろん、そこから意識は変わっていって

相手の事を本当に愛してしまう場合もあると思いますが。

 

むしろ最初は、愛などという面倒くさいものがないほうが

気が楽なのではと思うくらいです。

 

となると、

 

またまた古い考えの男性なら

それならばいくらお金を使えば良いのか?

というふうに思われるでしょうか(笑)

 

 

私の個人的な見解であり大変失礼は承知ですが、

なんでも金で解決すればいいと思っている。

 

でも、女性はそうではありません。

 

一緒に食事をしているだけで心から楽しいと思える男性もいるように

ベッドで楽しければ

それだけで彼女たちは満足なのです。

 

 

 

もし愛を感じるとしたら、

それはカラダの関係を持った「後」に感じるもので

中高年の男とホテルに行く前に愛情を感じるほど、男に飢えているわけではないのだと思います。

 

とくに私が感じるのは

最近の若い女性は、「オレの女」などと言われる事を嫌がるような気がします。

 

一回や二回、カラダの関係があったとしても

それだけで彼氏面される筋合いはないという考え方が基本的にあると思うので

それが分からない男性は、

若い女性と不倫という甘美な関係を楽しむ事などできるわけありません。

 

 

それでも古い不倫観を持ってしまっている男性は

いつか自分に適した不倫パートナーが現れるのではないか?と
青い鳥シンドロームのような、

幸福の「青い鳥」を求め探し続ける非常に大きな期待感を抱いてしまっている気がします。

 

 

そのうえで、

家庭を壊さずに愛する女性を手に入れたい。

というズルい考えでは、無理があるでしょう。

 

というような考えから、

私は30代の男女のほうが、今は不倫に対してうまく立ち回れていると思うのですが

 

いかかでしょう?

 

 




Posted by 不倫パパ