②「不倫で失敗」する男のタイプ
新規登録

②「不倫で失敗」する男のタイプ

Sponsored Link
The following two tabs change content below.
不倫パパ

不倫パパ

管理人の「不倫パパ」と申します。30代半ば、妻と娘二人の四人家族でサラリーマンをしています。 『不倫パパのぐうたらブログ』 ぐうたらに更新中です。

ふと思いましたが、

最近の記事はシャボン玉やら下ネタやら

私のくだらない関心ごとのネタが多いですね・・・

それだけ私自身の不倫、不倫相手に

関心が薄くなっているのか?

というわけでもないんですけどね。

30代の、

妻と子供を持ち

住宅ローンを抱えながら生活する

平凡なサラリーマンの

「日々のつぶやき」です。

ただ、以前は不倫相手のことで頭が100ぐらいあったとしたら、

それが今は70くらいにまで落ち着いている感じでしょうか。

いい意味で、のめり込む事もなく

深く長く、

結婚を前提としない真剣なお付き合いを

今後もしていきたいと思っています。

で、

話はいきなり変わりまして(笑)

「不倫で失敗」する男のタイプ

相手からこの前教えてもらった、相手の身近な男性の話なんですが。

少し前から、私の相手は以前に社員で働いていた会社に

パートとして復活して働いています。

通勤には車で結構時間がかかるようですが、

以前の同僚であったり仲の良い仲間が多いので

近くでまったく新しい職場で働くより居心地が良いそうです。

また、社員でバリバリ働いていたので仕事もでき

パート代もそのへんのコンビニなんて比べものにならないらしく。

良い事です。

そこの会社の、以前から可愛がってもらっていた部長の男性が

不倫の末に、離婚という最悪の結末を迎えてしまうようです。

まだ相手が社員だった時に、仕事で何度も助けてもらい

数回二人で飲みに行ったこともあるらしく

おそらく、その部長は私の相手に「特別な好意を持っていたっぽい」との事。

ただ、とても真面目な人で、

M大学法学部卒という、私のような三流大学とは比べものにならない知性派で

色々とためになる話をしてくれたそうです(涙)

パートとなって復活して、部長もまだ在籍していましたが

目がうつろで、仕事も手につかないような、別人に見えたそうです。

私の相手はとても男らしいので(笑)

部長のことが心配になり、以前の恩返しではないですが話を聞きたいと

飲みに誘ったそうです。

部長は、とあるキャバクラのNO.1 の女性に首ったけとなってしまい

やはり仕事もほとんど手につかない状況のようでした。

これまで仕事一本できた男が、初めてかかってしまった「恋の病」。

キャバ嬢さんとカラダの関係になり、身も心も彼女で染まってしまい

キャバ嬢さんとの結婚を夢見て、家族と別居し、良い返事を待ってしまっているのだそうです。

・・・キャバ嬢相手に

馬鹿な男だと思うでしょうか?

私から言えば、

馬鹿だと思います。

真面目一筋の学生時代を送り、ろくに恋愛もしないうちに

親の勧めや上司の紹介で結婚してしまうような男。

家族を持ってからは、家族を守るために

よりいっそう仕事に没頭し、

そして良き夫として、やがて生まれてきた子供たちの良きパパとして

ひたすら努力し続ける。

それが自分の人生、当然の事として

まったく疑わない。

ですが、

そんな男が一度、女の色香の別世界を味わってしまうと

女の甘い言葉にたちまち惑わされ、足を踏み外し

そこから出られなくなってしまったのでしょう。

なぜ人は不倫をしたいのか?というと

恋をしたいからです。

今まで恋愛を経験しないで結婚してしまい、家庭を持ってしまい

初めて経験する、めくるめく恋心に目がくらんでしまった。

それを責めることはできませんが、

馬鹿だとは思います。

周りのことすら目に入らなくなるくらい自分をコントロールできないなど

どれだけエリートであろうと、

私より馬鹿だと思います。

「若いうちに遊んでおけ」という言葉がありますが

まだ修復可能な若いうちにとりあえず女遊びもして、それなりに苦い想いを経験しないと

後々に女にはまってしまったときに、

社会的地位も、家族も

すべて失ってしまうという「最悪の結末」を迎えるという教訓。

部長は酔っぱらいながら、半分泣きながら

相手に話したそうです。

よく、そこまで話してくれたね?

と、私は不思議でなりませんでしたが・・・

「部長とは戦友だから」

という、会社の業績の辛い時期に、共に戦ったという信頼関係で

私たちは成り立っているという、

やはりなんとも男らしいセリフを言ってくれました。

やっぱり私は、そんな彼女が大好きですね。

見た目はそんなに強そうでもなく、

ましてや近寄りがたいわけでもなく

むしろ親しみやすく誠実でありながら

どこかセクシーで謎めいていて魅力的なんですよね。

「優しくてセクシー」ということほど

男にとって魅力的なものはないと感じました。

結局最後は、相手が好きという事を再確認しただけですね(笑)

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. 白雪 より:

    不倫パパさんの書いていた
    「若いうちに遊んでおけ」
    は男女共通の真実だと思います。

    今…というか今の30代前後の思春期の頃のような(不純)異性交遊極悪説こそ想像力や遊びのないギスギスした人間をつくっているような気がします。
    セックスだって、それで望まない妊娠をするのは最悪ですが、一種の男女のコミュニケーションであることは事実なわけで。
    上手に男女のコミュニケーションをとれるのは一生の宝になること間違いなしなんですよね。

    ある程度の異性遊びは色々な人生経験としても役立ちますし、異性の考えを理解するのにも役立ちます。
    世の中男と女しかいないしね。
    不倫について考えれば考えるほど思うのが、やはり異性というのは別の生き物なんだなぁということですから。
    まぁ結婚生活でも思いますが。
    不倫の一歩手前や不倫初期の頃ほど異性という別の生き物について一番悩むような気がします。

  2. こなた より:

    男女共に、突き詰めれば、結局…
    不倫する理由は、結婚相手に不満で、どこか満たされないからでしょ。男なら、自尊心が満たされない、性欲や征服欲が満たされないとか。
    私は、今の旦那に出会う前は彼氏がいても浮気しまくり。色んな男に目が行きまくり。でも、どの一人にも満たされてなかったし、しんけんじやなかった。なのに今は別人。
    つまり、あなたは結局あなたを満たしきれない女と結婚してしまったんだよ…何時までも恋焦がれることが出来ない女とね。

Sponsored Link