⑤結婚を決めた「理由」は何ですか?

2018年5月14日不倫パパつぶやき, 夫婦・家族




 

soul-623424_640

先日からの続きです。

 

終わってしまった恋を、人は「想い出」にしようとします。

コメントでいただいた言葉にありましたが、私の強さが欲しいと言われるほど私は強くないです(涙)

 

先日まで忙しく仕事をさせていただいていましたが、その前までは

痛みが過ぎ去るまで、ずっと冬眠でもしていたい。

本当の私は怠け者で、眠ることばかり考えていました。

 

 

私が縋っていた木洩れ日は、もう光が差し込まなくなりました。

私は別れた時に、衝動的に相手の連絡先を全て削除しましたが、できることなら相手の記憶も全て消し去ってしまいたいと思いました。

 



相手との記憶を消す方法。

 

皆様のなかで、この映画をご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか?

 

「エターナル・サンシャイン」

20080321145129

 

2004年公開 監督ミシェル・ゴンドリー

 

ケンカ別れした主人公が、恋人が自分との記憶を全部消してしまったという不思議な手紙を受け取る。

恋人は衝動的に、主人公との想い出を消すため記憶除去をしてしまった。

ショックを受けた主人公は、自らも恋人との波乱に満ちた日々を忘れようと、記憶除去をするという内容のお話です。

 

主人公の話も切ないのですが、私はこの記憶除去をしていた博士と、会社の窓口業務のメアリーとの不倫関係も重要な要素だと感じました。

 

ネタバレになってしまうので書けませんが・・・

たとえ記憶を消したとしても、「好き」という人の心までは消せないのだと思いました。

 

 

失ったものはそれだけで懐かしく愛しい存在になります。

今、ここにないものほど輝いて見えます。

 

 

 

相手の囁き。

whisper-408482_640

私はこうも考えました。

 

愛にいちばん近い友情として、二人が繋がることができないか。

一度愛し合って傷つけあった者どうしだけが分け合える優しい関係にはなれないか。

 

でもきっと、それはできない。

一度恋人だった二人はやっぱり完全な友達には戻れないのだと思いました。

私と妻が、もう友達には戻れないように。

 

「想い出」にしてしまえばいい。

想い出というのは、「淋しさ」の別名のような気がします。

相手と過ごした時間、触れ合ったことを淋しさというには淋しすぎるから、人はそれを想い出と言うのでしょう。

 

しかしこうして、

恋を失っても人はちゃんと生きていくのだと改めて感じます。

涙を鎮めて、想い出を抱きしめて、

そうしてそれを繰り返していく事で私達は喪失感に慣れていくのだと感じます。

 

 

 

私は、ふと思います。

相手の為に、全てを捨てられるか。

 

私の胸の奥で、優しく大好きな声が、こう聞こえます。

「捨てられないよ。」

 

私は、その言葉を表層に持ってくるのが、とても淋しく悲しいです。

 

 

もし、相手との記憶を除去する事ができたとしても、

相手との想い出を消してしまったら、相手と過ごした時間を全て否定することになる。

それと同時に、自分も否定してしまうことになる。

 

とても悲しい事です。

 

良い事も過ちも全て含めてその人の人生であり、そうして人間というものができあがっていく気がします。

自分の人生を豊かにするような想い出は、やはり忘れてはならない。

 

 

私の唯一の強さ。

wedding-69355_640

つい先日、私は上の娘が描いた絵がとても上手で感激し、

その絵を使って娘のTシャツを作りました。

 

下の娘の園で使う布団のカバーをミシンで作成したり、あまりパパさんがやらないような事をよくします(笑)

 

そんな自分が、私は少し好きです。

 

唯一、私に強さがあるとするなら、そこかもしれません。

本当に大切なものが見つかると、人は強くなれるような気がします。

大切なもののために自分の時間や自分の情熱を注ぐことができるような気がします。

 

 

出会って恋をして、色々な事があって

それで二人が今の自分を好きだって言えたら、それはとてもすごいこと。

とてもうれしいこと。

 

そんなふうに、またいつの日か逢いたい・・・と思うのは欲張りなことかもしれません。

 

手を伸ばして、相手に触れられたら。

声を掛けて、相手が笑ってくれたら。

 

お互いの誕生日くらいは、私の事を思い出してくれたら。

名前を忘れても、顔だけでも覚えててくれたら。

 

私に似た人とすれ違ったら、ふと立ち止まってくれたら。

 

いつの日か出逢えたら、久しぶりと言ってくれたら。

 

 

恋が終わって私が思うのは、

いちばん大切なのは、私が相手を愛したことではなく、

私が相手を愛した事。

 

だから、

相手が選んだその人に必要とされて私のもとを去って行ったとしても、

私の気持ちは変わりません。

 

そして、

私も相手と同じように、私が選んだ人を大事に想っていこうと思います。

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 




Posted by 不倫パパ