②番外編・妻と「上半身のセク□ス」ができない理由

2015年4月20日不倫に悩んでいる方へ




先日の続きになります。

恋の炎が燃え上がってしまった、同期のコマさん。

 

一般的に女性は、男性への恋愛感情は時間の経過とともに徐々に気持ちも強くなっていくそうでが、

男の場合は、最初の出会いの時点からで恋愛感情に火が付きやすく、一気にボッと燃え上がってしまいます。

 

 

まさにコマさんもそうだったのだろうと思います。

 

昔の彼女と出会って、

二か月経たないうちに、奥さんに離婚を切り出してしまいました。

 

カラダの関係も、数回あったようです。

はっきりとは言いませんでしたが。

 

世の中の男性は、もちろん全てとは言いませんが

カラダの関係無しで恋愛を成立させることはとても難しい事でしょう。

 

言い換えれば、

カラダの関係だけでも恋愛が成り立つのか?

と言われると、考えてしまいますが・・・

 

 

男はそのような事を意識することはあまりないと思います。

 

コマさんも、自分自身でも

ただカラダの関係になりたかっただけなのか、

ちゃんと恋がしたかったのか

よく分からなかったのだろうなというふうに、私は感じました。

 

 

離婚を切りだしたコマさん、

もはや空気のような存在だから、きっと妻は

口論になることもなく、離婚に応じてくれると思っていた。

 

コマさんの予想通り、奥様は冷静に大人しく

話を聞いているだけ。

 

あまりにも冷静すぎて、コマさんはちょっと怖くなってきたそうです。

 

 

 

そのうちいきなり

キレるのではなかろうか?

泣きわめいたりしないだろうか?

 

すると奥さんは

 

冷静な表情で、コマさんの顔を覗き込み、

こう言ったそうです。

 

 

 

「あなたの様子がおかしいのは、前から分かっていた。

私は離婚はしません。」

 

 

なんで!!?

もういいだろう!!?

 

と聞いたら、

 

 

 

「あなたが好きだから。」

 

 

と一言。

 

全く予想していなかった答えに、コマさんは

一瞬、頭が真っ白になったと言っていました。

 

そして、その一言で急に冷静になったコマさんは、

いったい今まで何をしてきたんだろう?

 

 

と、一気に昔の彼女への恋心がしぼんでいくのが分かったそうです。

 

「今までの妻との思い出や、築いてきた家庭とかを全部投げ捨てて、

新しい人生を始めていく事のほうが価値があるのかなって、

冷静に考えて計算しちゃったんだよね。」

 

 

でも、

それからしばらくは昔の彼女と会っていたそうです・・・。

 

一緒にいると楽しいけど、

やはりあの時の奥様の目が、脳裏から消えることはなく。

 

そして昔の彼女は、それを察してか、

 

「奥さんと別れる気はないのなら、私は再婚したいから

ちゃんと相手を探す。

別れましょう。」

と言われたそうです。

コマさんは、奥さんにも昔の彼女にも

ひどい事をしました。

 

彼女さんは別れの言葉だけ残して去っていき、

奥さんはその事については一言も触れないまま。

 

 

 

コマさんに残ったものは

「やっぱり女にはかなわない」

という思いだけだそうです。

 

その後、コマさんは奥さんとの絆を

家族という形にしたいと思って、奥さんに

「家族を作ろう」

と言ったそうです。

 

 

恋に狂いそうになった夫に、冷静さを保ち毅然とした態度をとることは

なかなかできるものではないでしょう。

 

奥さんは気づいていたようですので、嫉妬もしただろうし辛い気持ちにもなっただろうし

夫への不信感、怒りもあっただろうと思います。

 

 

 

夫の不倫が発覚した時、

裏切りと受け止めるか、気の迷いと受け止めるかで

妻の対応は異なります。

 

裏切りだと思えば怒りも込み上げてくるでしょう。

妻として、女としては当然のことだと思います。

 

 

 

怒りに身を任せて、

コマさんへの不満をぶつけ、もしかしたら離婚を突きつけられる

可能性もあったでしょう。

 

 

ですが、奥様は

少し見方を変えて、

 

コマさんを静観していたのですね。

 

 

 

続きはまた後日にお書きします。

 

 




Posted by 不倫パパ