はじめての夜
新規登録

はじめての夜

Sponsored Link
The following two tabs change content below.
あきら

あきら

30代後半、3児の父です。 彼女とのお別れから一年経ちましたが、今もなお、色々な想いを胸に浮き沈みしながら生きています。 お話聞いてもらえたら嬉しいです。
あきら

最新記事 by あきら (全て見る)

Unsplash / Pixabay

初夏、それは僕にとって忘れられない季節。

日中汗ばんだ衣類を脱ぐと、ひんやりとした夜が待っている。
そんな夜に僕は彼女をはじめて抱いた。

二人で計画した初めてのお泊まりデート。楽しくて笑顔が絶えない時間だったけど、二人ともなんとなく落ち着かない。

はじめて一緒におやすみする夜、はじめて一緒に迎える朝、、、

のちの会話で、お互い同じことを思っていたことがうれしかった。

「大好きだよ。僕でいいの?」

可愛く頷く彼女が愛おしくて愛おしくて、深く深く愛した。

「おやすみ」

僕は寝付けず、隣ですやすや眠る彼女の寝顔をずっと見つめ、なにもかも忘れて、時間が止まってほしい、朝が来なければいいのに、身も心も彼女に寄り添っている自分を感じた。

いつまでも続く恋じゃない。いつかは終わりを迎える。これ以上愛してはいけない。この子をキズつけてはいけない。様々なことが頭を巡ったけど、答えにたどり着けない。。。たどり着けないのか。。。髪を撫でながら、これが答えだと気づくころ、眠りについた。

「おはよう」

朝の光が差し込む部屋で、現実に帰る準備をしながら、普段通りの2人でいることに安心を覚えた。予定を伝え合い、仕事の話をし、冗談を言いながら笑い、優しくキスをした。

答えにたどり着けない関係。

でもそれは2人が望んだ現実。

でも離れられない。

「今度はいつお泊まりできるかな?」と2人で言いながら出かける僕たちを、初夏の爽やかな朝はすべて受け入れてくれた気がした。

2人のお別れはすぐ目の前に来てることも知らずに。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. ななこ ななこ より:

    あきらさんこんばんは。

    あきらさんと彼女さんのデート、素敵ですね。実は私、彼とお泊まりデートしたことないんです。

    一度くらいわがまま言ってみれば良かったな^^

    どんな恋でも、最初に一緒に過ごした時間は忘れられませんね。

    彼も、『俺でいいの?』って言ってたのを思い出しました。

    私は先がなくとも、彼が良かった。彼女さんもきっと、同じお気持ちだったように感じます。

    続きのお話、楽しみにお待ちしていますね。

    • あきら あきら より:

      ななこさん

      こんにちは。
      ありがとうございます。今でも会う機会が多いので、良い思い出が壊れないようにと思うことが多いですね。

      お泊まり、そうなんですね。
      僕たちは結構しましたが、僕が身体目的みたいに思われたくないという思いが強かったので、それはそれで、考えさせられることもしばしばでした。もちろん楽しかったですけどね。

      彼氏さんのお言葉、既婚であるがゆえ、ですね。その言葉は卑怯な言い方かもしれませんが、お気持ちよくわかります。

      彼女がななこさんの想いと同じだったと思えるだけで、僕は本当に幸せな男だと感じます。

      いつもありがとうございます。
      どうか、お付き合いください。

  2. PFM PFM より:

    あきらさん、早いころはアドバイスをいただきありがとうございました。

    お二人が最初に体を交える、とてもいい雰囲気がひしひしと伝わってきました。
    「答えにたどり着けない関係」
    まさにその通りですね。私たちはわけ合って現在距離を置いていますが、何が答えなのか、どこに向かっているのか、ただ何もわからずさまよっています。

    私たちが初めて結ばれたのは、一昨年の10月でした。本当に愛し合っていました。心も体も。こんなに苦しむとは知らずに。。。
    やはり、年月は人の心も、環境もかえます。よほどのことがない限り、ずっと同じ気持ちではいれませんよね。。。

    あきらさん、続きをお待ちしております。

    • あきら あきら より:

      PFMさん

      僕ごときがアドバイスなんてとんでもない。
      心の具合はいかがでしょうか?

      僕たちとは少し関係が違うでしょうが、繋がっていれることが幸せだと思います。
      おっしゃる通り、様々な変化を受け入れることは本当につらい時もありますよね。。
      なので僕は変化をしない想い、彼女と出会い深く愛したこと、を胸に変化を受け止めて行こうと思っています!

      今後もどうぞよろしくお願いいたします!

  3. 不倫パパ 不倫パパ より:

    あきらさん
    ご投稿ありがとうございます。

    「はじめての夜」というタイトルで、ズドン!とその時のことを思い出してしまいました(笑)

    時間が止まってほしいという気持ち、初めての夜には皆そう思うのでしょうね。
    そしてお相手さんの寝顔を見てから眠りにつく、あきらさんのお気持ちの深さを感じます。

    私達は、はじめての夜のあと、二人とも寝るのがもったいないようにずっと話したり、笑いながらテレビを見たりしていました。
    その時テレビで壇蜜さんが出ていて「壇蜜の膝枕なんていいな~(笑)」と相手が言ってました。
    その横顔を見ながら、私は「あなたのほうが壇蜜より100倍癒されます」と
    心の中で言いましたのが、私の初夜の感想です(笑)

    そんなのもあり、今本棚から壇蜜さんの「エロスのお作法」という本を久しぶりに読んでいます。
    壇蜜さんは、一回寝た後にこそ、この関係が続くか終わるかが左右される
    ある意味「博打」と書かれていました。
    今後の行方は、相手に委ねるとおっしゃっています。

    答えにたどりつけない関係ですが、
    男は、そう思っていても、
    やっぱり大好きな女性のその表情に、吸い込まれるようにずっと眺めていたいと思ってしまいます。

    「人にいえない秘密をひとつでも持つと、世界が少し変わって見え、表情にも奥行きが出るはずです。」
    壇蜜さん、流石だなと感じました。

    あきらさんの続きを、楽しみにしています。

    是非またお書きに来てください。

  4. あきら あきら より:

    パパさん

    お忙しい中、コメントありがとうございます。
    電子書籍の出版作業、大変だったと思いますが、皆様の心の支えとなる大きな柱だと感じました。

    正直かつ最高のご感想ですね。彼女さんに代わりに伝えたいくらいの深いお気持ちだと思いますよ。笑

    壇蜜さん、、、深すぎますね。。。

    僕と関係を持ってくれた大好きな彼女のために、奥行きを持ったいい男になるよう頑張ります!

    これからもどうぞよろしくお願いします。

Sponsored Link