「妻には言えないことも不倫相手には何でも話せる」という不倫男の本音とは?




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

皆様は夫婦で「隠し事」はありますか?

100%隠し事は無い!なんて言える夫婦はいませんよね。私不倫パパは長い間ついていたウソがいよいよ妻にバレました(涙)

不倫がバレた…わけではないんですが、もし配偶者にウソがばれた時には思っている以上に取り繕うことなんてできない。今回の事を私は今後の教訓にしよう。そう思ったお話です。

そして、なんで男は「妻には言えないこと」も不倫相手にはウソ偽りなく話せるのか。そんなことも考えてみました。



不倫分散の目的は不倫で沼らないため


不倫相手を何人も作って楽しんでほしいわけでもありません。その目的は不倫で沼らないため。 私と同じ気持ちを味わってほしくないだけです。

家族がいない間に、ヤリまくりました。

妻の実家のほうで毎年お祭りがあるのですが「今年は家族みんなで行こう!」と話していました。

しかし、私が突然の休日出勤となり午後からお客様に会わなければならなくなりました(涙)その日の朝に妻と子供たちを車で実家まで送っていき、そのままとんぼ返りで自宅に帰りました。

私も子供と一緒に屋台の焼きそばを食べたかった・・・。

そんな悲しい思いをしつつ、仕事が終わった後に訪れる「自由な時間」も実は楽しみでありました。

私はその日の仕事をできる限り素早く終わらせました。時刻は18:00。

誰かと会う時間はたっぷりあります。どうやら妻と子供たちはお祭りを楽しんでいるようで、メールも何もなく私の事など全く気にしていません。

これは…ヤリたい放題です。

興奮を抑えながら、私は自宅に帰りました。

 

 

ちなみに私は昔から歴史が好きで、織田信長や武田信玄などの戦国武将、孫子の兵法などは今でもよくビジネスの指南書として読んでました。そんな戦国武将たちが大勢の敵をなぎ倒して戦うゲームを学生の時にプレイして、時間を忘れてどっぷりはまってしまった事がありました。

よし!ヤリまくるぞ!!

子供が生まれて大変な時期でしたので、新しいゲームソフトを買ってすぐにプレイすることなくゲーム機ごと封印されてしまいました…。で、四年ぶりくらいにクローゼットの奥底にあるゲーム機を引っ張り出して「戦国無双」というゲームをヤリまくったのです…。

いい年してですが(笑)

どっぷり夜中までゲームしてしまい次の日の朝、遅刻ギリギリの時間に起きました。ろくに部屋掃除もしていないまま。

 

その日の仕事を終えて自宅に帰ると、妻が待ち構えたように待っていました。

「なんか隠している事、ない?」

なぜか怒っています。ゲームやった事?・・・それそんな怒る事なの?

妻はベランダのほうへ歩いていきました。

???・・・

あっ!!

思い出しました。

妻が持ってきたのは、タバコの吸い殻が入った空き缶がわりの「灰皿」。

結婚して子供ができたら「タバコはやめてほしい」と言われていました。上の娘が生まれた時に禁煙する!と誓い…禁煙できず。来年になったら禁煙する!と誓い…できず。誕生日がきたら禁煙する!と誓い…できず(涙)

下の娘が生まれ「四回目の禁煙宣言」をし今回こそはと思って頑張ってましたが、数か月でまた吸っちゃったんです。

でも「もう禁煙してる」と二年間ウソを付いていました。

まんまとベランダに灰皿という決定的な「証拠」を残してしまったのです。

妻は何とも言えないガッカリな顔をしており、私は「実は、最近会社の送別会があって、そこで少し吸ったら、ちょっとだけ戻っちゃって・・・ごめん、本当にちょっとしか吸ってないよ。」たいそうしどろもどろになってた事でしょう。

妻は空き缶を置いて、何も言わず寝室へ行ってしまいました。

このとき、私の頭によぎったのが「不倫がばれた時の感覚」です。

夫婦だからちょっとしたウソの一つくらいは大目に見てほしい。私は少しそんなふうに思いましたが、夫婦だからこそ小さい一つの嘘が大きく自分の信頼を落としている事だというのを実感しました。

 

不倫がバレていたとしても麻痺している思考回路。

二年間、私は妻に嘘をつき続けていましたが、自らの不注意でバレました。

本当に久しぶりのゲームで夢中になり、時間を忘れてヤリすぎました。嘘をついて誤魔化して逃げました。それ以来、妻はタバコのことに関しては一切触れてきません。

妻はタバコを吸いませんし、以前に嗅覚は犬並みと言っていたくらい鼻には自信があるようでしたから、きっと前から気づいていたのかもしれません。

これが不倫のほうだったら。

実はもうずっと前から不倫に気付いているのかもしれません。不倫相手に会う為の私のウソはバレていて、不倫相手に夢中になりすぎて自らの不注意でボロを出していたかも。既にカマかけられていたかも?

今までの妻の言動を一つ一つ考えたりもしました。

 

夫婦の間で、一切隠し事がなく何でも話せて嘘なんてついたことがない夫婦そんなご夫婦の方は私は絶対にいないと思います。

こっそり洋服やアクセサリーを買っている事。毎月へそくりを貯めている事。実はエ□DVDを隠れて見ている事。禁煙したといってまだタバコを吸っている事。

こんな小さい嘘なら誰しも付いているのではないかと思います。

ですが、なんでもかんでもさらけ出すのが夫婦なのでしょうか?

例えばですが、妻が過去に中絶の経験が有った。実は元風俗嬢だった。そんな過去があるとしたら夫婦でもお互いに知らなくてもいい事はあると思います。

時にはそのような「必要悪」といえるウソもあるのかもしれません。しかしそれは「相手の気持ちを裏切らない」という事が前提です。人生の伴侶として考えるならば家庭や家計にひびかないウソである事が前提です。

ですので、隠し事の内容が借金、または犯罪に関わる事であるならば、大きく信頼を損なうでしょう。

そして「不倫」も大きく信頼を失うウソです。

私は夫婦生活においてたとえ相手の気持ちを裏切らないウソであったとしても、小さいウソの積み重ねの一つ一つがジワジワとウソをつくことに対しての罪悪感を麻痺させているような気がします。

小さいウソ…自分の本音を隠すことと言ったほうが正しいでしょうか。

これくらい許してほしい。本当の事を言って雰囲気が悪くなるくらいなら言わないでおこう。そうやって私は妻に対して「本音を言えなくなった」と感じています。

大きなウソと小さなウソ。

本音を押し殺して夫婦を続けていた結果、私はそれすら分からないほど麻痺したW不倫男になっております。

 

本音を言えない夫婦として生きていくこと

男というのは、たとえ女性が「ちゃんと本音を言ってよ」と言ったとしても、他人に対しては簡単に本音を言うことはありません。夫婦であるならば、本音を言えなかったら本当の意味での夫婦ではなく他人と同じかもしれませんね。

今私の本音を言える相手は妻ではなく不倫相手のほうなので、いったい夫婦とは何なのだろうと考えてしまいます。

本音を言ってもお互い気まずくなるだけで、話してもいい結果になる事はありません。例えば、

「洗濯物を干すのを手伝ってくれるのはありがたいけど、裏返しになってるし乾きにくい並び方で干されても困る」

「子供たちが喜ぶからと言ってベランダにお花を買ってきても、買うだけで世話しないならもう買わないで」

「部屋の換気って、雨の日に窓開けてたら部屋が湿気になるのが分からないの」

妻からしたら「ありがた迷惑」ですし、言われたほうは「もう二度とやるか!」と受け止めます。ひどい妻のように書いてしまってますが(涙)こんなことはお互いにうまく言えませんし、言われたほうは不機嫌になるだけで全く解決にならないんですよね。

上の娘が生まれて間もないころに、妻は育児の疲れからちょっとした育児ノイローゼになっていました。

何回も授乳で起こされて、真夜中に壁に向かって無言で何回も枕を投げつけたり・・・過度のストレスから、妻は日頃の不満をどんどんぶつけてきます。その時に私はそれに対して勢いに負けて受け止めるしかありませんでした。

それからでしょうか、私が妻に本音が言えなくなったのは。

でも、だいたい夫婦というものは「合わせ鏡」のようなものだと思います。文句を言われて腹が立つとしたら、きっと文句を言われる原因は自分自身にあるのでしょう。

お互いに大切に思わなければそうなりますし、そう言われたのは私が日ごろの妻に対しての接し方の結果以外のなにものでもありません。だから私は長い間、妻に本音を言わなくなりました。

 

女性の方、主婦の方もきっと同様にご主人様に対する言えない本音が多々あると思います。例えば、

「もっと子育てや家事に協力してほしい」

「もっと自分の時間が欲しい」

ないものを数えて文句を言うよりも、あるものに感謝をして生きていくほうが人は幸せなのかもしれません。でも、自分の本音を押し殺して生きていくことは幸せなのでしょうか。

これは、私の不倫相手の言葉です。

「ありのままの自分を価値があると言ってくれる人がいなければ、人生ってどこか虚しいよね。」

誰かの妻としてではなく、誰かの母親としてでもなく、自分自身をまるごと受け止めてくれる。ありふれた日常のLINEでも耳を傾けてくれてそれに対して一喜一憂して向き合って返事をくれる人がこの世にいる。自分が妻とか母とかの役割以外にも、自分自身でいられる事に幸せを感じられる。

結婚し子供が生まれたら、あたりまえに子供は母親を必要としています。ですがそれは母親としての役割であってありのままの自分自身ではないかもしれません。

嘘のない夫婦、正直な夫婦。表面上は喧嘩もしないし不平不満も言わない問題ない夫婦。自分に厳しければ自分の心が潰れてしまうし、相手に厳しければ相手が潰れてしまいます。

 

不倫関係も夫婦関係も、先を考えても馬鹿な私に答えは出ません。

もともと自分が抱えている心の重さを相手に押し付けてはいけないし、重いことを重く言うのは当たり前です。ただそんな時こそ明るく軽くさりげなく言えるのが、相手への思いやりなのだと感じます。

何も答えは出ませんが、ただ心から好きな人がいて、本音で何でも話せる人がいて、世間的には認められないその現実は幸せ以外のなにものでもないことだけは確かだと思います。

本日もご閲覧ありがとうございました。

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫相手を分散すること。不倫に理解のある話し相手を見つけることで苦しい気持ちがラクになり、色々な角度から本命相手と向き合えるのがその第一歩です。



1 個のコメント

  • いつも拝見させていただいております。
    こっそり煙草を吸ってたことがばれちゃった…私も不倫する前はそんな嘘がせいぜいでした。他の人に夢中になってしまうなんて思いもしませんでした。たったひとり、この世で一番大切であるべき人、その相手に絶対に隠し通さなければならないことができてしまった…不倫を始めた頃はその事が旦那さんに申し訳なくてたまらなかったけれど、今ではそれどころか旦那さんとの歳をとって穏やかな日々など想像もしたくなくなってしまいました。それなのに生活力がなくて離婚することもしない。旦那さんは全く気付いていないようすで、かわいそうだと思うのだけど。私はひどいです。
    不倫相手は一生懸命優しくしてくれてる。でもそれは私に上機嫌でいてほしいから。仕事もバリバリこなし、家庭も円満で、私が笑顔でいるのなら恋人とは甘い時間をと、彼にとっては充実した毎日で、私のことは日々の色々な出来事のひとつでしかないのでしょう。
    旅行もデートも一緒にいる時間は楽しくて、でも常に苦い思いが付きまとっています。彼の満ち足りた毎日は私の苦しみの上で成り立ってる。
    別れるつもりがないのならどうせなら楽しくしたいと思っても結局は暗い気持ちになっちゃう。
    彼と結婚したいのでは無いのです。不倫をする女が信用できないように、不倫をする男も信用できないですから。だから、私は自分がどうしたいのかも分からないのです。
    誰かに相談することも出来ません。どこかに吐き出したくてコメントさせていただきます。申し訳ありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    不倫パパ

    管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)