不倫ドラマ「昼顔~」が、社会に与える大きな影響

SPONSORED LINK


以前の記事で、
成功?失敗?不倫ドラマ「昼顔~」初回視聴率13.3%

不倫のドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」に対し、
私は

色々な話題性に満ち溢れており、
これからジワジワと面白くなってくると思いませんか?
ひょっとしたら個人的には
最終では『HERO』を抜いてしまうのではないか
なんて思っています。

と書いてみました。

 

さすがに視聴率で『HERO』を抜くのは難しいでしょうが(笑)
色々な意味で背水の陣で臨んでいる『HERO』の浮き沈みの大きい視聴率より

<昼顔>上戸彩主演の不倫ドラマ 第7話視聴率13.8%で最高更新

2005年にスタートした同局の動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」の
歴代売り上げランキングで13年に放送された
篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ラスト・シンデレラ」を第5話の段階で抜き、
1位を記録している。

との事らしく、反響度としては決して負けてはいないと感じます。

ドラマでの吉瀬さんのところは大変な事になっていますね・・・。

ところで、上戸彩さん演じる紗和は

ナルシストな紗和のご主人さんと、斎藤工さん演じる先生とでは
全く旦那とは違うタイプの男性だという点に魅力を感じている部分もあるでしょう。

私の不倫相手も、私と旦那さんとでは
真逆のタイプだと言っています(笑)

不倫をする相手というのは、決して確信犯ではないと思うのですが

配偶者とは逆のタイプ、配偶者に無いものを備えた人
と恋に落ちる事が多いのではないかと感じます。

ですので、配偶者にはない部分に尊敬したり知性を感じたりと
女性の不倫の恋愛は「精神的な恋愛」と錯覚しやすいでしょう。

しかし、不倫が不倫でとどまる限り、
それはあくまでも恋であり、恋とは欲情から生まれるもの、

「肉体的な快楽」が前提です。

「精神」ではなく

「肉体の関係」

というところを
きちんと自覚しておかねばなりません。

私は、不倫のドラマである
「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」

この反響度は私の周りの派遣社員の女性や主婦のパートさんには絶大であり、
ドラマにおいての不倫は美化されやすいと感じます。

もしかしたら、
これからは多くの女性・主婦の方が不倫に対する嫌悪感が薄くなり
不倫への興味が以前より大きくなり

不倫をする人が増えてしまう可能性も秘めていると思います。

そして、不倫をしている女性の方は、

この不倫は快楽が目的ではなく
相手の人間性を理解し、精神的な癒しや満足を求めたもの

というようなお答えは、多いかもしれません。

一年前の私なら、
そして私の相手も

そう恥ずかしげもなく答えていたと思います。

紗和さんだったら、果たして何と答えるのでしょうか・・・。

様々な点で、

女性は男性より「物事の本質を見極める能力」に長けていると思いますが、

この「自らの欲情」をありのままに把握する勇気

に関しては、

はるか昔から浮気の歴史を認知されてきた男性の方が上ではないでしょうか?

不倫はあくまで「肉体的な関係」。

女性の方も、それを自覚しておかないと

大変危険な事だと感じます。

例えば不倫相手がきわめて知性的である場合、

それより劣っている旦那さんをバカにしてしまったり

自分が不倫をしてしまっているのは旦那がああだから
というように、自分のした事を他人のせいにするという、

とても悲しい過ちを犯すことになります。

自分自身のどうしようもない「欲情」を
しっかり見極める勇気を持てる人。

あくまで個人の好みの問題でしょうが、
私はきれいごとを言わずに、

「おいしそうだから、食べたの」
「したいから、したの」

と、さらりと言える女性の方が好感が持てますし、

大人の女性と呼ぶのに相応しいような気がします。

「恋をすることで内面も外見も若々しくいられるし、家庭に対しても優しくなれる」

不倫をしている方は、男性も女性も
こう答える人は少なくないと思います。

私もそう思っていました。

これで全てがおさまれば問題がないのですが、
こんな状態はいつまでも長くは続かないというのが不倫というものだと思います。

以前の記事でも書いたように、不倫も「恋」です。
恋は突然にやってきて、不意に消えるものです。

ですので、お互いの恋のバランスが崩れることも往々にしてあります。

自分から先に醒めて、やっぱり配偶者のほうがいいと
よりを戻す事、配偶者との愛を再確認できるものなら

私は誰にでも不倫を勧めるでしょう。

いえ、きっと
「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の結末、

紗和さんのところは丸く収まるような気がしなくもないと思いまして。

結末がとても楽しみですね。

 

 

あなたにおススメの記事



5 件のコメント

  • 私は恋愛したかったから不倫したのって感じです。
    恋愛のトキメキと女として見られる高揚感が欲しいのかも知れません。
    うちはレスではありませんが夫ではトキメキませんので。

  • 結婚してから四半世紀以上、知り合ってからだと30年近くになりますが、私はずっと夫に恋をしていたように思います。
    以前の記事にあった「上半身のセックス」。私はずっと行為そのものよりも手をつないだり、キスをしたりしたいと思っていました。
    子供達が寝静まった後、テレビを見ながら白髪を抜きあったりした、それも愛おしい時間でした。(あの記事を読んだ時、私は涙が止まりませんでした。)
    でも、夫はそうではなかったのでしょう。一回り年下の女性と不倫をしていました。私や夫が大好きだったのでとても悲しいです。夫も私に恋をしてくれていた頃が確かにありました。楽しいこと嬉しいことだけじゃなく、辛いことも悲しいことも一緒に分かち合ってゆきたいと結婚しましたが、結婚によって夫の心から恋心が消えてしまったのだとしたら、結婚なんかしなければ良かったのかな、と思ったりもします。
    夫を恨む気持ちはありません。私にかけがえのない幸せな時間や子供達を与えてくれました。今はただ悲しみの中でぼんやりしているだけですが、それでも子供達のおかげで生きています。

  • 私も昼顔大好きです。
    こんなに感情的に、なってしまってはダメだなとは思っていても、単身赴任の彼が自宅に帰った時などは、ヤキモチを焼いてしまう自分がいて。
    いけない、いけないと冷めなければいけないって自分を戒めています。
    お互い家庭のある身というのは、知っていてつきあってるのに、彼が帰っているとなかなか連絡もとれないので、現実を突き付けられかなしくなってしまうのです。
    なので、メールは土日祝はやめようと話したのですが、彼はできる限りつながっていたいと言います。
    そして、また彼のループのなかへ…
    もっとクールに付き合いたいというのが、私の希望です
    また、ブログ楽しみにしております

  • 不倫関係の相手ができてまだ1ヶ月の初心者です。
    結婚20年、旦那さんとは7年レスです。
    子育てに忙しくって今までレスでもあまり悩まずに来ました。
    でも、子育てが一段落してふと自分を振り返ったときに
    40代前半で女性としてもうみてもらえないんだ~と絶望的な気分になりました。
    ダイエットをし、ネイルをやったり、ヘアースタイルに気を使っても、
    旦那さんとは復活は無理でした…
    私としては、手をつなぐ、ハグをするなどのスキンシップで良かったのですが、それもなく。
    それで自分の、気持ちに正直になり不倫関係をスタートしました。
    始まってすぐなので、毎日のようにお互い会いたくて、気持ちのコントロールが難しいくらいです。
    その時にこのブログを知り、目からウロコです。
    そう私の望んでるのはなんだかんだ言っても「欲情」
    ずっとずっときりがないくらいに、求め合うのは
    コマサンの上半身の…というののまるっきり正反対の状態なんだ~と
    現状を冷静に考えれました。
    人には言えないし、でも苦しい、
    そして、楽しい この気持ちの正体がはっきりと掴めたことに感謝です
    長くなってすみません

  • 女性の本質は「より良い子を産む=より良い精子を受け止める」ですからね…
    より質の高い男性が居れば、その精子を一刻も早く受け入れたいのが本能です。よって、
    男性にとって、結婚と言うシステムは絶対に使うべきではないモノだと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA