初心に返ることなく、W不倫の沼から抜け出すことは不可能




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

イケメンでお金も才能もあって、旦那さんには持っていない何かを持っている。

W不倫をする前は、不倫相手となる男性は旦那さんよりもずっと良い男なのが条件だと思っていました。でも残念ながらそんな理想的な男性が不倫相手になっているケースはあまり多くはないと思います。

私もそうでした。そしてそれはずっと疑問に感じてました。



不倫分散の目的は不倫で沼らないため


間違えてほしくないのは大好きな人への気持ちを減らすための不倫分散じゃありません。減らすことを考えるから不倫は沼るんです。

W不倫のきっかけは些細な運

不倫相手の旦那さんと私とでは、社会的な立場や収入から考えても決して勝っていたといえません。

「なんで俺でいいの?」と聞いたことがあります。

「学生時代にずっと好きだった人に似てるから」

初めて本気で恋をした人に似てた。女性にとって些細でも大きなきっかけだと感じました。

W不倫の恋愛が始まるきっかけは些細なものでしょう。

学生時代の本気の恋は、自分が好きな相手のタイプを初めて気付けた瞬間かもしれません。そして大人になるほどそんな恋に落ちることは無くなってきます。不倫相手のタイプとタイミングにたまたま合った私は運が良かっただけだったんです。

打算のない恋愛が不倫だとするなら、初めて本気で恋をした頃の純粋な恋愛感情に近いからでしょう。

学生から社会人になり、結婚をして子どもが生まれて。疲れとストレスに揉まれて毎日を過ごして。年を重ねるほど恋だけに夢中になることはできないはずなのに。私は運が良かっただけなんです。

そして、

不倫相手にとってずっとタイプだった人に似ていた私と同じように、私にとっても恋に落ちるタイミングときっかけが合いました。

彼女も運が良かっただけなんです。

大人になってあれこれ考えて選んだ恋の相手と違うから、ただがむしゃらに会いたい。些細な運がどれだけ大きかったか思い知らされます。

 

W不倫をする男女の埋められない差

女性は結婚相手を選ぶ時、ただ恋愛対象ではなく自分の人生を預けて共に生活をしていく上での相手に相応しいか慎重に分析します。でもW不倫の場合は本気で恋をした頃と同じくらい打算の無い恋愛ができる相手を望むので、結婚相手のそれと比べると基準が甘くなるのだと思います。

男が結婚相手を選ぶ時、人にもよりますがしっかり将来を見据えてというより自分の気持ちを重視して相手を決めています。でもW不倫の場合は仕事と家庭と守るべきものがいる上で恋愛ができる相手を望み、気持ちと打算とのバランスをとりながらその基準を慎重に考えます。

W不倫を続けていく上で、女性は恋に対する打算が少なく、男性は恋に対する打算が高い。この差がW不倫の男女の埋められない差のように感じます。

お互いが初めて恋をしたようながむしゃらさが段々と沼にはまっていくのは、この差が根底にあるからだと私は思います。

 

本気のW不倫を続けていく必要条件

W不倫で沼っている時には

二人が出会った頃を思い出してください。

初めてキスをした時。初めて手を繋いだ時。初めて気持ちを伝えた時。初めて目が合った時。

些細な運で出会った二人でも、初めて本気で恋をした頃のがむしゃらな気持ちがあったはずです。

たとえ妻を愛していようとも妻のことを「女として見る」という事ではきっと他の男にはかなわないと言う既婚男性もいます。逆に不倫相手を「女として見る」ことに対しては旦那さんに勝っていると言います。既婚者ほどがむしゃらな恋の気持ちを持ち続ける事は奇跡に近いんです。

「もう30を過ぎたオバサンだけど…」と私の不倫相手はよく言っていました。出会う前は睡眠もままならない日常の繰り返しに本気で空しかったそうです。

初めて本気で恋をした頃のような気持ちを持ち続けられるよう「男として見られる」「女として見られる」努力することはW不倫の必要条件。

そう感じます。

本日もご閲覧ありがとうございました。

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫で沼っている男性の方も…。これからお話しするのは「具体的な不倫の分散相手の作り方」なので、こっちでこっそりと書きます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

不倫パパ

管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)