②最後の過ち

2015年7月13日不倫パパつぶやき

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

 

 

Unsplash / Pixabay

ここ最近、私がしていた事の

続きです。

 

 

もう相手の声を聞くためには、相手の居る所へ行くしかない。

住んでいる場所に行くしかない。

それしか方法がないと考えました。

 

コメントのなかで、思慮深いというお言葉を頂いたのですが、

妻から言わせれば、私は超右脳人間だそうです(涙)

 

「また考えなしですぐ行動して・・・」なんて良く言われます。

 

 

私は相手のところへ行く計画を立て始めました。

 

Sponsored Link



相手の家に行く計画。

 

子供を預けている時間、旦那さんの仕事の時間、また都合のいい日程、曜日・・・

今月の中で、一番どの日程がベストか、どの時間が可能性が高いか

それらの条件をすべて考えて、そのために自分の仕事でのスケジュールも調整を始めました。

 

 

きっと、その日その時間に訪問すれば一人で家で居るであろう可能性が一番高いベストの日程を決めました。

恐ろしいくらいに左脳で冷静に計画を立てました。

 

 

相手に会う目的。

 

Godsgirl_madi / Pixabay

最後に相手に会って、どうしたいのか。

私は、また以前のような関係になることを望むつもりはありません。

また相手と二度と会えなくなるような別れも望みません。

 

最後のLINEで、いい格好をしようとして物わかりのいい男や、察しのいい男を演じようとしたところで間違いなく後々まで残ってしまう。

きっと死んでも後悔する。

 

相手に会って、

良い思い出をありがとうとか、陳腐なセリフを吐いて、笑顔で握手をしたりすれば少しはサマになるでしょうか。

ついでに「幸せな人生を送ってください」って言ったら、きれいに別れられるでしょうか。

 

また、別れたくない!と、とことんまでやり合って、相手とまた顔を合わせるのも恥ずかしくなるくらい自分の気持ちをさらけ出せば、

結果はどうあれ満足するでしょうか。

 

 

人の気持ちを縛ることはできません。

だから、どんなに自分が相手を好きでも、相手の離れていく気持ちは止められません。

 

がんばれば、あきらめなければ手に入るものはいくつかあります。

きっと「友達」でなら、これからも居られる。

 

 

私は、

「今までのようにあなたに触れ合うことは出来なくてもいい。

ただあなたの声を、笑顔を、この先もできる限り感じて生きていきたい。

それが叶うなら、友達という関係でも繋がっていたい。」

 

私はどうしても相手と離れたくありませんでした。

この関係がお互いの家庭を壊してしまう原因になるなら、不貞行為がなければいい。

家族や子供を不幸にしないためなら、不倫でなければいい。

 

そうすれば解決できる。一緒にいられる。

 

ですので相手に会って、そう言おうと本気で思っていました。

 

 

ストーカーの気持ち。

staffordgreen0 / Pixabay

私はそれを言った時の、相手はどのような気持ちになるかなんて考えていませんでした。

「友達として一緒にいたい。」

 

それが最善の方法であると、違うところなど全くないと信じて疑わず、本気で遂行させる計画を立てました。

 

きっと、ストーカーの気持ちというのはこのような気分なのかもしれません。

自分が間違っているなんて、これっぽっちも思っていない。

 

そう、周りが全く見えていないんです。

未練がましいとも思っていないし、みっともないとも思っていない。

 

今考えると、私はとても恐ろしいことをしようとしていました(涙)

 

 

それを思いとどまらせたのは、このブログに頂きました皆様方のコメントと、

 

もう一つは、「ある一つのブログ」でした。

 

 

また続きます。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ