②最後の過ち

SPONSORED LINK


 

 

Unsplash / Pixabay

ここ最近、私がしていた事の

続きです。

 

 

もう相手の声を聞くためには、相手の居る所へ行くしかない。

住んでいる場所に行くしかない。

それしか方法がないと考えました。

 

コメントのなかで、思慮深いというお言葉を頂いたのですが、

妻から言わせれば、私は超右脳人間だそうです(涙)

 

「また考えなしですぐ行動して・・・」なんて良く言われます。

 

 

私は相手のところへ行く計画を立て始めました。

 



相手の家に行く計画。

 

子供を預けている時間、旦那さんの仕事の時間、また都合のいい日程、曜日・・・

今月の中で、一番どの日程がベストか、どの時間が可能性が高いか

それらの条件をすべて考えて、そのために自分の仕事でのスケジュールも調整を始めました。

 

 

きっと、その日その時間に訪問すれば一人で家で居るであろう可能性が一番高いベストの日程を決めました。

恐ろしいくらいに左脳で冷静に計画を立てました。

 

 

相手に会う目的。

 

Godsgirl_madi / Pixabay

最後に相手に会って、どうしたいのか。

私は、また以前のような関係になることを望むつもりはありません。

また相手と二度と会えなくなるような別れも望みません。

 

最後のLINEで、いい格好をしようとして物わかりのいい男や、察しのいい男を演じようとしたところで間違いなく後々まで残ってしまう。

きっと死んでも後悔する。

 

相手に会って、

良い思い出をありがとうとか、陳腐なセリフを吐いて、笑顔で握手をしたりすれば少しはサマになるでしょうか。

ついでに「幸せな人生を送ってください」って言ったら、きれいに別れられるでしょうか。

 

また、別れたくない!と、とことんまでやり合って、相手とまた顔を合わせるのも恥ずかしくなるくらい自分の気持ちをさらけ出せば、

結果はどうあれ満足するでしょうか。

 

 

人の気持ちを縛ることはできません。

だから、どんなに自分が相手を好きでも、相手の離れていく気持ちは止められません。

 

がんばれば、あきらめなければ手に入るものはいくつかあります。

きっと「友達」でなら、これからも居られる。

 

 

私は、

「今までのようにあなたに触れ合うことは出来なくてもいい。

ただあなたの声を、笑顔を、この先もできる限り感じて生きていきたい。

それが叶うなら、友達という関係でも繋がっていたい。」

 

私はどうしても相手と離れたくありませんでした。

この関係がお互いの家庭を壊してしまう原因になるなら、不貞行為がなければいい。

家族や子供を不幸にしないためなら、不倫でなければいい。

 

そうすれば解決できる。一緒にいられる。

 

ですので相手に会って、そう言おうと本気で思っていました。

 

 

ストーカーの気持ち。

staffordgreen0 / Pixabay

私はそれを言った時の、相手はどのような気持ちになるかなんて考えていませんでした。

「友達として一緒にいたい。」

 

それが最善の方法であると、違うところなど全くないと信じて疑わず、本気で遂行させる計画を立てました。

 

きっと、ストーカーの気持ちというのはこのような気分なのかもしれません。

自分が間違っているなんて、これっぽっちも思っていない。

 

そう、周りが全く見えていないんです。

未練がましいとも思っていないし、みっともないとも思っていない。

 

今考えると、私はとても恐ろしいことをしようとしていました(涙)

 

 

それを思いとどまらせたのは、このブログに頂きました皆様方のコメントと、

 

もう一つは、「ある一つのブログ」でした。

 

 

また続きます。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

あなたにおススメの記事



9 件のコメント

  • パパさん

    やっぱりパパさんは賢明ですね。

    そんな心理になることは、珍しいことではありませんが
    それを『思いとどまる』という行動に移すには、
    自分の思考が間違っていると判断しないといけません。
    とても精神力がいりますよね。

    右脳も左脳もフルに使えるなんて理想的です。
    私は…左脳しか使えていないと思います。。

  • パパさん、こんにちわー。
    うーん。今回も面白いっ!!!

    パパさんはストーカーには絶対ならないですよ~(笑)!
    その証拠がこのブログです。

    無意識なのかも知れないですが、ご自分の事を客観的に、第3者的な観察力で、書かれている内容が多いですよ。

    今回も、「周りが全く見えていない」等と、ご自分でちゃんと自己観察されています。

    凄いなーと思うのはもちろんですが、何故か、とっても安心して読ませてもらっていますので、お辛いパパさんには申し訳ないのですが、素直に楽しませてもらっています!

    次回の更新も楽しみでーす。
    わくわく!!

  • パパさん。まだお若いので、体の方が先に来たのかもしれませんね。私の方は相手はもう、病気が原因で無理だからそういう関係にはなれないのでプラトニックになるしかないですし、お互いに相手の幸せを何よりも望んでいるから、毎日連絡は取り合っても、逢う、という選択はありません。今度、顔を合わせられるのはいつになるのかわからない、そんな関係ですけど、やっぱり好きですね。もともと、相手の職業柄、年に数回、顔を合わせてはいたのですが、話をするのはその時だけで、会うといつも1年分くらいの話をしていました。今は話したい時はいつでも話せる。困った時は助けてくれる。会える人ではないけれど大切な人なのです。なんとなく2人の夫がいる感覚でやっています。
    夫との最初の約束通り、ルールを守って付き合ってきましたので、罪悪感がないのです。男の不倫より女の不倫の方がリスクは高いですよ。私もはっきりと、夫に関係を持ったら即、離婚する、と言われましたから。相手にもそれは伝えてあるので、最初からセーブして今に至っています。

    パパさんも、逢わない、という選択でお付き合いされるならお相手さんも安心するのではないでしょうか。そうすれば相手の方はパパさんは、心の拠り所になるとおもいますよ。そして体の関係は奥様と。変な言い方かもしれませんが、結婚しても好きな人ってできるものですよ。夫にも、憧れの人はいるようで、たまに気が合えば連絡を取り合ったりしているようです。でも、夫もルールを守って付き合っています。ルールを守って付き合えるのはレスでないからなんだと思います。
    どこかで健全な夫婦に戻れることを願います。

  • こんにちは。
    そっか~。「友達」ですか…
    実は泣きながら今回の記事を拝読しました。
    苦しかったんですね、勿論、今でも苦しいですよね。
    私は不倫パパさんの気持ちが凄く分かります。「友達でいいから…」側にいたい。支えられる時には友人としてでいいから支えてあげたい。
    凄くよく分かります。

    けど…自宅には行ったら駄目だと思います。絶対に駄目だと思います。
    よく行くスーパーとかよく行きそうな場所とか…知らないんですか?
    偶然を装おってなら、いいんじゃないですかね?

    思っている想いは、伝えてみなければ分かりません…
    気持ちは言葉にして伝えて初めて、伝わるか否か…ですからね。
    「言葉は想いにつたない…」
    思っている事を伝える努力をしたとしても伝わらないものです。
    だから二人で居るときに、話をたくさんしなくちゃならない。
    二人で居るときに…想いを伝い合っていかなければならなかったんです。
    どうして男性は、安心して怠慢になるんでしょうね。大切な人なら手離したくないなら、よく相手の事をみなきゃならないのにね。

    彼女さんが不倫パパさんの想いを受け止めるか!?の希望は多分0に等しいと思いますが…
    自宅に行く以外の選択で、頑張ってみたらどうでしょうか?
    途切れてしまった縁は…修復は充分にでは無いかもしれませんが可能だと思います。
    もしも、関係が修復出来たら…
    今度は同じ過ちを繰り返さずに、不倫パパさが彼女さんを支えてあげるくらいの気持ちで接していって下さい。

    自分の好きな女一人満足させられない男性なら、誰かを好きになる資格なんか無い!と私は言いたいです…

    続きもまた楽しみにしていますね。

  • 行動するのも自分。
    思いとどまるのも自分。

    パパさんが思われたように…と思います。

    そもそも不倫という行為が世間で言う道を踏み外してるわけですから。

    正しい答えなんてみつからない。

    考えた結果踏み止まることに決めたのならそれがパパさんの答えですよ。

    私は家庭を壊さず大好きな彼とも繋がっていく。
    その為には努力もします。
    ある意味腹括ってます。

    これが私の答えです。

  • すべてはパパさんの心に正直に素直に行動されたらいいと思います。

    パパさんは、ストーカーみたいなみっともないことなんてしませんよ。

    もう一度。もう一度だけ、連絡をとりたい。
    その結果、お相手がはっきりとお断りになれば、そこで諦めたらいい。
    お相手が待っているかもしれないですし。

  • パパさん、お辛いですね。

    私も独身時代ではありますが、4年間付き合った彼と別れ際、彼の家まで押しかけた事があります。

    もう彼に新しい恋人が出来て、ダメな事は分かりきっていたんです。

    だけど、復縁とかそういうのではなくて、彼を諦めるために傷口に塩を塗るような行動だったと今にして思います。

    結果、完璧にフラれて終わりでした。

    その時の辛さは今もほろ苦い思い出として胸に残っています。

    それで完璧に私の失恋は確定し、ひたすら自分の気持に向き合わざるを得ませんでした。

    何をしていても辛かったです。
    体調を崩してしまったくらいです。

    パパさんの、お気持ちが済むようにされると良いのではないかと思います。

    何度も相手の方の御自宅や職場に行けばストーカーになってしまいますが、パパさんは、そんなふうにならないと思います。

    支離滅裂で申し訳ありませんm(_ _)m

  • パパさん、これは誰でもないパパさんの恋なのです。
    パパさんの思う様に考え、行動すべきです。
    人生は一度きりなのです。

    私は最近体に変化があり、真剣に命に対して考えました。
    そうなった時、真っ先にお相手と逢えなくなるんだと悲しくなりました。

    皆、ついつい普通の事、日常の事を何でも当たり前に思ってしまう…
    でもこの今、当たり前の事なんて本当はひとつもないのに…

    ならば、結果はどうあれ自分に正直に少しでも後悔の無い様にした方が良いと私は最近感じました。

    でも、きっとパパさんは身勝手な行動をとる人ではないですね…

  • パパさん、もし私だったら、彼と「友達」になるには、時間を置いてからでないと出来ないかもしれません。

    多分、パパさんの彼女さんは、パパさんのことが好きだから辛くなってしまい、お別れしようと思ったんだと思います。

    それほどの相手とは、すぐに気持ちを切り替えて、友達になることは出来ないかもしれないです。

    でも、時間を置いたら、そういう暖かい関係になれるかもしれませんし…。

    結論は分かりませんが、、パパさんの後悔の無いように…と思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA