②数年ぶりの「妻とのセッ/クス」

2018年5月14日夫婦・家族, 不倫パパつぶやき

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

先日からの続きになります。

私達夫婦は、次の日も二人とも仕事で朝早いにも関わらず

真夜中ながらどんどん激しさを増してきました。

一番白髪が多い、後ろ頭の右下のエリアを上から見ていき、
だんだん下のほうに髪の毛の分け目を移動して抜いていきます。

テレビを見ている妻の頭が上を向いていると、
襟足のほうがはっきり見えません。

私は、両手で妻の頭を持ち、
妻の頭をグイッと下に下げました。

「いきなり何するの(怒)」

「いや、下のほう見えないし(怒)」

こちらも、白髪を一本残らず完抜するのに夢中です。

一本一本、毛抜きを使って

意外にも難しいのが、一センチくらいの短い白髪です。
デスクワークで疲労した目をこすり、最後の追い込みにかかります。

私の股間も、妻の背中にこれでもか!と当たっています。

さて、ようやく下のエリアも終わりました。

最後に上の方も最終チェックをと、

「じゃあ今度は上を向いて」

と妻の頭は動かさずに言いました。

しかし、動きません。

「ちょっと」

「・・・あ、寝てた」

いつの間にか、「家族狩り」も終わっており、普通にテレビが
流れていました。

けっこうな時間が経っていたのですね。

その後、妻はコーヒーを飲み始め
二人で抜いた白髪を、白い紙の上に並べて眺めていました。

「けっこう抜けたね。」

「こんなにあるとは思わなかったよ。」

以前の記事にて、
不倫男の「自分の妻」に対して思う事

妻の横顔を久しぶりに見た時と同じように、
私も妻もだいぶ年をとったんだなあと改めて感じました。

 

 

「○○(不倫パパ)は全然白髪ないよね」

「ストレスが無いんだろうね(笑)」

妻とは対照的に、私のほうが年上ですがほとんど白髪というものがありません・・・

「けっこう楽しかったね。」

「けっこう楽しかったよ。」

「またしばらくしたら、抜いてあげるからね」

「おやすみ。」

「おやすみ。」

と、別々の寝室に戻っていきました。

以上が、先日の深夜に起こった真夜中の奇妙な出来事です。」

セッ/クスは?

セッ/クスはしていません。

ご閲覧の皆様には笑われるかもしれませんが、
この「妻の白髪抜き」は

私は夫婦でのセッ/クス以上に、
カラダの繋がりはありませんが、心の繋がりを感じる事ができたと思っています。

先日の記事でも書きましたが、

セッ/クスレスに悩む私の会社の同期、曜日を決めてでも妻とセッ/クスをしておかないと
夫婦としての良い関係を保てないのではないか?

私はそれに対して、疑問を感じていました。

厚生労働省の調査でも
「結婚している10代から40代の日本人男女の夫婦の約3割が、セッ/クスレス傾向」
と発表しています。

確かにセッ/クスレスは深刻な問題であると思います。

妻は夫に体を求められないと女として見られなくなったと自信喪失するかもしれませんし、
セッ/クスレスが原因で、離婚する夫婦もいるでしょう。

セッ/クスは愛情表現の一つですし、愛情の確認でもあります。

ですが、

ただセッ/クスすれば良いのか? カラダの繋がりがなければダメなのか?

と言われたら、違うと思うんですよね。

ちゃんと愛を感じられなかったら、

ただの性処理と一緒じゃないでしょうか。

曜日を決めてでもヤルというような、ただの義務的なセックス。

私より年上の、派遣の仲の良いオバチャンは

「なんで子作りが目的でないのに、旦那としなきゃならないんだろう?」
と思いながらも、我慢してセッ/クスをしていたと話していました。

先日の私と妻の出来事は、

カラダの繋がりこそありませんでしたが、カラダが触れ合う
スキンシップは大いにありました。

もし男が、セッ/クスを求める時にしかパートナーに触れようとしないのなら、
女性は愛されているとは感じないように思います。

夫婦のセッ/クスレスに関して言えば、
旦那が妻にセッ/クスを心よく受け入れてほしいと思うなら、

したくないときにこそ、何度もスキンシップをし愛情をこめて触れる必要があるのではないでしょうか。

セッ/クス抜きのスキンシップ。

例えば、妻の白髪を抜いてあげるのもそうですし、
旦那さんが疲れている時には足をマッサージしてあげたりするのもそうですし、
妻の肩こりがひどいと言われたら、肩を叩いてあげたりと

寒そうにしていたら服をかけてあげたり、
普段から小さなことに気を遣ってくれたり、
細かい心遣いをしてくれる事

それは夫婦間における「セッ/クス抜きの前戲」のような気がします。

「愛している」と頻繁に口にする夫婦は少ないでしょうし、
二人の付き合いが長くなればなおさらです。

たまには言葉で伝えるのが望ましいですが、
態度や行動で想いを伝えることも、とても大事なことだと感じます。

そう考えると、
セッ/クスよりも「前戲のほうが大事なのが夫婦」のように思えてなりません。

夫婦間のセッ/クスレスを問題視するより、

「セッ/クスより大事なこと」って

こういう事なのではないかなと感じます。

先日からの記事の引きにて、
こんな内容は期待されていないと思いましたが・・・
 




Posted by 不倫パパ