「真面目」な不倫
新規登録

「真面目」な不倫

Makri / Pixabay

不倫に「真面目」も「不真面目」もあるわけない。

もちろん倫理的、社会的にはそれが普通かもしれません。

恋愛に「真面目」や「不真面目」というのはある。

・・・私は、たとえ不倫という関係であっても相手を大事に想う気持ちは、本質的には同じじゃないかなと思います。

少なくとも、私はブログを書いていて皆様方ならのお声を聞かせて頂いて、この関係において不真面目な恋愛を求めている方はいないと感じます。

むしろ、真面目な相手との真面目な恋愛を求めています。

喜びや、安らぎや、優しさ。

こうしたこの関係で求めるものの全ては、不真面目な気持ちでは決して得ることはできないものです。

自分を裏切らないこと。

私は「真面目な不倫」って何だろうと考えた時に、

相手を、相手の気持ちを裏切らないといった関係、相手との深い信頼関係を意味すると同時に、

「自分の心を裏切らない」という事も意味するのだと最近感じています。

自分を裏切らないとは、自分の想いや気持ちに真正面から向き合って、行動すること。

変にプライドを持ったり、カッコつけたり、自分を良くみせようとしたり

それは恋愛においての「不真面目」なんだと思います。

私がしてきた「不真面目」な不倫。

geralt / Pixabay

自分の気持ちを素直に表す事。

相手がひいてしまうかなとか不安を考えず、自分の心を素直に伝える事。

それで相手から拒まれずに受け入れてもらえる関係であり、自分だけでなくお互いにそれができる関係。

そういう関係にならなければ、この不倫の恋愛はより親密に、成熟していかないのだと感じます。

逆にそれができないような関係は、いつまで経っても心からの親密な関係にはならないでしょう。

ただお互いに都合の良い関係。

そう感じてしまった時に、罪悪感や葛藤が大きく包み込みます。

そしてそういう関係はやはり長くは続かないと実感しています。

ストレートに自分の気持ちを伝えられない。

今さら言っても相手は気持ちもうないのかもしれない。

それならそんな惨めな真似はしないほうがいい。

また、気持ちがもうないんじゃないか?関係は終わっているんじゃないか?と感じても、その事を確かめる事が出来ない。

・・・こんな事は、私の独身時の未熟な恋愛と同じ。

私は相手に対して不真面目な不倫を、長いことしてきたんだと思います。

二人が「仲睦まじく」いるために。

James_Valma / Pixabay

不倫の恋愛、その行動は世間的には「不真面目」。どんな理由であれ倫理的に間違っているから。

人間、自分の気持ちや心に正直に、真面目に対面した結果が不倫という関係であるなら

それは「真面目」な行動とは言えないのでしょうか。

綺麗事でしょうか。

真面目な恋愛というのがあるなら、誰が見ても完璧な恋愛をするということでしょうか。

そもそも、完璧な人間なんていません。

完璧な恋愛なんてありえないです。

むしろ、自分の未熟さや不完全さを素直に認めて、受け入れ合う関係。

不完全さを許し合う関係こそ、本当の人間性を育んでいくような気がします。

そのような人間性を共有できる関係こそ、本当の「真面目な不倫」として長く続いていくのだと感じます。

それにはちょっとの挫折で落ち込んでいてはいけません。

当たって砕けろくらいの気持ちで、それでダメならそれでいい。

そう感じます。

二人が仲睦まじくいるためには、完璧なんて目指さないほうがいい。

立派すぎるなんて、長持ちしない事だと気付いたほうがいい。

愚かなほど、素直でいるほうがいい。

そして、

どこで何をしていようと、ふと力を抜いた時に胸が熱くなる感覚。

なんで胸が熱くなるのか、黙っていても分かる二人であってほしい。

そう感じます。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. nari より:

    パパさん

    『プライドは自分を律するためのものであって、他人によって傷つけられるものではない』
    という誰かの言葉がありました。

    この関係でも
    相手によって傷つけられると思うようなプライドは必要ないと思います。

    パパさんが言われるように
    自分を裏切らないこと、とても大切ですよね。

    自分に対する過信は、慢心につながり…やがて敗因になりますが
    相手を信じるための前ステップとして自分を信じることは大事だと感じます。

  2. ふぅ。 より:

    不倫パパさん、おはようございます。(*^^*)

    この記事、凄くいい!
    イイネ!=全て同感って事です。
    (笑)

  3. かおる より:

    パパさん

    パパさんは「真面目な不倫」をして来られたと思います。
    私は、そう思っています。

    パパさんは思慮深い方ですよ(*^^*)

  4. ピーチ より:

    パパさん。
    元気でましたか?
    まだ傷癒えてないのに
    みんなに暖かい言葉発信して
    すごいなー。
    彼女はそんなパパさんのこと
    大好きだったのでしょうね。
    好きだからこそ離れる愛も
    あるんですよね。
    弱音もいっぱいブログに
    書いてくださいね

  5. ねこ村 より:

    こんにちは。パパさん。
    この記事の最後の「2人仲睦まじく」が心に響きました。
    けれど、詩から引用されているのだろうと感じました。
    祝婚の詩であるものを不倫の恋に
    あてはめているところが、少し
    悲しくなりました。

  6. ごまぷりん より:

    ねこ村さんも「祝婚歌」ご存知でしたか。 あー、そう-_- 私、困ったことに愚かなほど自分の気持ちに素直です。
    いいのだろうかと 日ごろ思っておりました。

  7. フジ より:

    私も、パパさんは、お相手さんに「真面目に」向き合っていらしたと思います。

    相手を失いたくなくて、本当の気持ちを素直に伝えるのが怖くなってしまうことも、相手をとても大切に想っているからこそ、感じる恐怖なのではないでしょうか?

    私も、本当の気持ちが言えなくなって、辛くなってしまうことがあります。

    でも、心が通じていない関係に意味は無いように思うのと、自分が惨めに感じるのは嫌なので、我慢しきれずに彼に不満を伝えてしまいます。

    ケンカしても、不満を伝えることが出来れば、また素直な自分に戻れます。
    この繰り返しによって、だんだんと二人のリズムが出来るのかな、と思う今日この頃です。

  8. やじお より:

    パパさんの真面目な思いが伝わりますね。
    私もWの相手の彼女には誠意を持って付き合って来ましたが価値観の差はいかんともできませんでした。
    彼女は二年にわたり複数の相手との一、二回の外泊を繰り返していました。
    ところが昨年の5月にある男と外泊したのをきっかけに私との関係に消極的になって行くのでした。
    それを問いただすと一番は貴方で向こうは二番と言いますが私よりも優先しはじめたのです。
    重ねて外泊をするのに堪忍出来ずに罵詈雑言浴びせかけたら向こうから関係を清算すると言われました。
    それからしばらく経ちますが、惚れた弱味でまだまだ未練が満載です。
    早く忘れたいですね。

Sponsored Link