あなたの「不倫の悩み」は何ですか?
新規登録

あなたの「不倫の悩み」は何ですか?

Sponsored Link

いつもご閲覧、ありがとうございます。

私のブログを読んで頂いている方は、きっと他の方の不倫のブログにも目を通されている方も多いと思います。

不倫の恋の辛さ、

誰にも話せない苦悩・・・

ブログを見ていると、そのような内容の方も多くございます。

また、よく不倫の悩み相談などに内容も

「配偶者も家族も愛しているが、モラルを破り、家族を裏切り、人を裏切ることの罪深さに苦悩する」

「決して結ばれることのない関係」

「相手の幸せを壊したくないがその幸せに嫉妬し苦悩する」

そんな内容に対して、

「不倫しているヤツのお決まりのセリフ」

「苦悩じゃなく自慢したいだけ」

「いつまでも悲劇のヒロインでいたいだけ」

「必ずしっぺ返しが来る」

おこがましいですが、私から見るとこれらの内容全てが

どちらもお決まりのセリフのように聞こえます。

私は、不倫で悩み苦しんでいるならその不倫は即刻やめたほうがよいと思います。

既婚者と未婚者の方の不倫が、その確率は多いでしょう。

今はそう思っていないとしても、ささいな不倫相手への嫉妬心は必ず大きくなっていきます。

そうなってしまっては、不幸を生むだけです。

既婚男性に不倫する未婚女性の不倫、色々と深い理由があってのことかもしれませんが

どんな事情があるにせよ、やめたほうが幸せです。

既婚者同士の方のW不倫においての悩みは、

例えば

決して結ばれることない関係、ゴールのあるはずのない愛に本気になってしまった

いつかサヨナラしなければいけないのは分かっているのにいつまでこんな関係を続けるんだろう

私が思うのは、

これは悩みでもなんでもないです。

不倫の愛に、本気になってしまった。

これは不倫を始めた最初の頃はよく思い悩むことです。

私は以前、

三日以上経ってもメールなどの連絡がない場合は、私の身に何かが起こってしまって連絡が取れないと思って

と言っていました。

誰にも知られない関係ですから、相手の身に何かの不幸が起こったとしてもそれを知るすべはありません。

そんな心配をかけたくないので、そのように言っていました。

月日が経ち、今は五日、六日ぶりにメールをする事も当たり前になってしまいました。

それでも、私も相手も必要以上に心配する事は、まずないです。

きっと、今の時期は連絡を取ると不都合なんだろうなと思うようになります。

私と不倫相手のメールは、

基本はキャッチボールです。

相手からのメールが来てからコチラからも返す。

しばらく間が空いたとしても、そのように考え

連投でメールをする事はなく、あくまで相手のメールを待ちます。

それが不倫を続けていく上で、お互い話してもいませんが都合のよい方法だと、お互いが暗黙の了解として悟っていきました。

ですので、今ゴールのない愛に悩んでいるとしても、そう思うのはひと時だけですので

安心していいと思います。

いつまでこんな関係を続けていくのだろう?と悩んでいる方は、

不倫に対する悩みではなく、単純に「恋愛に対する悩み」だと思います。

きっと、そう思う理由は

ただ会うだけ、ただセクロスをするだけ

不倫で逢う事に対してマンネリ化してしまっているという「不倫の質」が落ちてきているだけのように感じます。

これは普通の恋愛に対しても同じことだと思うのですが、不倫で大切なことは「量」より「質」です。

どんなに逢う時間が短かかったとしても、逢っている時間はお互いに心の通い合う時間どれだけ持てるかだと思います。

不倫に溺れてしまう人、うまくいかない人に限って、

不倫を「量」で進めようとします。

例えば、社内不倫はうまくいきにくいと言われています。

朝から夜までの就業時間、社内で好きな人のそばにいるにもかかわらず、なかなかうまくいかないのは、質が伴っていないからです。

会社ではどうしても他人の目があり、中途半端な時間が流れてしまいます。

しかし2人きりでデートに出かけると、会社とは違い周りの目も気にすることがないため、結果として短い時間の逢瀬だとしても質の高い不倫のデートになります。

やたらに会う時間が長いからうまくいくとは限りません。

お互いにメンタル的にも時間的にもどれくらいの周期で逢うのが望ましいか?

そこにはあくまで好き嫌いの感情で判断するのではなく、

不倫の発覚に対しての対策

お互いの性欲を満たす上での妥当な頻度

不倫を進めていく上で、都合のよい方法・手段を探していく事

心の通い合う時間を作っていくために、お互いがそのような気持ちになっていきます。

昔の私でしたら、きっとそれでは

悲しいだろう?

そう思っていたと思います。

でもそれが、今の私たちの現実です。

ただ、気持ちが離れてしまっているかというと、そんな事はありません。

逢うときはお互いが好きな気持ち全開となり、心ゆくまで逢瀬を楽しみます。

不倫とは、

「テーマパーク」のようだと思っています。

非現実的な時間・空間をどれだけ作って楽しめるか、それだけだと思います。

テーマパークに遊びに行って、

またいつか遊びに行くために頑張ろう!

と思う方はいても、

テーマパークから帰るのは嫌だから、ずっとここで過ごしたいと思う方は少ないですよね?

テーマパークは非日常的だからこそ、その楽しさを感じるものだと思います。

そして、テーマパークだからこそ日常ではない奮発した雰囲気作りが必須です。

その空間を作るためには、多少の投資をしても損はありませんし、不倫相手に喜んでもらう為、逢う事にマンネリにならない為に欠かせません。

また、その「不倫の質」を高めるためには

お互いが人としての魅力作りを怠らない事。

何か新しい事に挑戦したり、魅力を高める努力をしていたり、そうでないと、ただカラダだけの関係が目的になってきてしまいます。

・・・若干そうなってきてしまっている感があるのは私の反省すべき点です。

私は、不倫はテーマパークと一緒のようなものだと感じているので不倫をそのように意識して、自分と相手のお互いが純粋に楽しんでいく方法を長い不倫生活の中で見つけていく事

それが、その方それぞれの

「不倫スタイル」

なのではないでしょうか。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. 祐 優 より:

    職場不倫して1ヶ月が経ちました、不安な事だらけで彼に思わずもう止めた方が良いかな?とメールをした所「プライベートとそれ以外の割切りが必要で家族と居る時にメールする事は言語道断と返信がきました。私なりに考えた答えが「彼が良ければこのままで」と伝えたところ「それはかまわない」でした。1週間が経ち今度いつ会えると聞いたら結婚式や法事といろいろあるからいつ会えるかわからないよとの返信でしたこのようなメールって不倫パパさんどう思いますか?彼はもう冷めてしまったのでしょうか?

Sponsored Link