気づいてしまった想い
新規登録
Sponsored Link

気づいてしまった想い

The following two tabs change content below.

ゆあん

Wの関係で間も無く4年になります 彼との日々をここに書き残してゆきたいと思います

最新記事 by ゆあん (全て見る)

20数年前から、年に一回くらいは2人で会ったりしてました。

でも、それは本当に友達として。私は男友達も多く、その中の1人が彼でした。

色んな話をしたし、当時、彼氏に振られて相談したり。

全く男性としてみていませんでした。気心知れた友達でした。向こうもそうだと思います。

偶然にも結婚した時期も一年しか変わらず、お互いの結婚式の二次会へも参加していますし、その数年後には出産祝いをしたりもしてます。

そのまま月日は何年も流れ…

4年前の冬に、他の友人数人を含めた集まりがあり、彼とはその頃はちょっと久しぶりだったので、皆での集まりの時間よりも1時間程先に2人で会う事にして、お茶をしました。

その日はたまたま彼の誕生日の前日。それを知っていた私は、お返しを気にしないで済む、ライトな感じのプレゼントを用意してました。

私はサプライズが好きで、会話の中でさり気なく出てくる相手の誕生日を覚えていて、男女問わず、ライトな感じのプレゼントをする事がよくありました。

彼に対しても、そんな感じの気持ちでした。喜んでくれるかな?喜ぶ顔がみたいなって。

そして

その後、皆との飲み会。

最寄り駅まで皆で少しばらけて歩いている時に、並んで歩いていた彼から「ゆあんの誕生日会をしたいから、都合つけて」と言われました。「えー、お祝いしてくれるの?」ってノリで答えました。

私の誕生日までは、その日から2ヶ月程先だったのですが、それまで長期で海外に出張なんだとも教えてくれました。

…この日から、他愛ない内容をほぼ毎日、メールをやり取りする事に自然となりました。海外に出張になってもメール届くのかな?なんて思ったり。

結局、毎日の様にメールを続け、私の誕生日はどんな所に行こうかと盛り上がりました。とにかく毎日、彼からのメールに励まされ、メールがとにかく楽しみでした。

そして、誕生日当日。

彼がプランを立ててくれて、あちこち出掛けました。昼間にお出かけして、夕方には帰らないと。

だんだんと夕方に迫ってきた頃、お茶をしている時に、ふとバレンタインの話題になりました。話の流れで「他の人からのチョコをアヤシイなんて言う奥さんなんだ〜夫婦なのに、ヤキモチ?仲良しなんだね〜」って私が言うと、「もう、何年もレスなんだよ」と彼。

「そうなの?私、てっきり仲良しなんだと思ってたよ。実は私もレスだよ。更には暴力を受けたこともあり、今は嫌いかも」と私。

アレ?何だかこれから話が急展開な感じだけれど、もう帰らなくちゃいけない…とっても後ろ髪ひかれるけれど。

送ってもらった車の中で、何だか…凄く中途半端な感じだねって話しました。

帰宅して、夜に今日のお礼をメールしました。そして、またお出かけしたいなぁって書きました。

すると、彼からすぐ返信が。

今日は楽しかったね。でも最後は中途半端な感じだったねと。

私の「またお出かけしたいなぁ」にも応えてくれて、「そうだね、またどこか行きたいね」と。

私は今までも彼とはお出かけしたりもしていましたが、今回はな〜んか引っかかる…何だろう?何故だろう?

そして、文面の最後には「ゆあんと僕は、今、同じ気持ちなんだと思います」と書いてありました。

これを読んで「あぁ、私は彼が好きなんだな」と初めて自分の気持ちに気づいてしまいました。涙がとまりませんでした。彼も同じ気持ち…?そうなの?確かめたい、でも…

それからは眠れませんでした。

この日に想いに気づいてしまった。胸のドキドキが止まらず、本当に久しぶりに『恋』におちてしまいました。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

Sponsored Link