「ダウンタウン浜田雅功さん」の不倫報道について

2015年4月20日不倫パパつぶやき




W杯の裏番組という形の報道になりましたが、

先日から写真週刊誌「フライデー」でグラビアアイドル吉川麻衣子さんとの「不倫疑惑」を報じられた、
ダウンタウンの浜田雅功さん。

 

13日に不倫報道、14日に浜田さんの謝罪、15日には相方の松本人志さんに大いに番組でイジられていました。

詳細は色々と調べればドワッと出てきます。

 

私はこのニュースを聞いて、芸能界の超大物スキャンダルという世間的な見解を抜きにして

まさか、浜ちゃんが・・・

という驚きしかありませんでした。

 

 

今でこそ自分の好きなテレビ番組をあまりゆっくり見る時間はないですが、昔は、学生時代の頃はバラエティはとてもとても好きでして特に「ダウンタウン」が大好きでした。

 

私がテレビでダウンタウンを見ていた時は、ウッチャンナンチャンか? ダウンタウンか?という話をよくしていました。

ウッチャンナンチャンの都会的なセンスがわからないヤツはダメだと言う友達に、ダウンタウンの圧倒的な面白さが何故わからない?と熱く語っていたのを思い出します。

 

その当時のダウンタウンといえば

「ごっつええかんじ」「ガキの使い」

誰もが見ていました。

 

私はダウンタウンを見て育ったというくらい(笑)、これがお笑いだと思いました。

また共演者も素晴らしかった。

松本さんと一緒にアメリカザリガニではじけている今田耕司さん、放課後電磁波クラブ(?)での東野幸治さんも好きでした。

シュールとはこういうことかと感じた板尾さん、また蔵野さんの顔もこのころからイジられ始め。顔面パイまみれのYOUさんも。

 

当然、皆様今も素敵なことは間違いないのですが、やはりその当時はみんな若く、今とは違う勢い、そして輝き

浜田さん、松本さんをはじめ、みなさまが一番「輝いていた」時だと私は思っています。

 

そしてそれを見ていたのがちょうど私の青春時代という事を、

とても幸運な事だと感じています。

 

 

引っ越しの時に、TUTAYAで中古でまとめ買いした「ガキの使い」のビデオテープを、その都度処分しようか、持っていこうか・・・

・・・ただの昔の思い出話になってきてしまってますが。

 

ともあれ

以前も矢口真里さんの不倫の時にもブログを書きましたが、

ダウンタウンの浜田雅功さんの不倫というビックニュースも、妻である小川菜摘さんの「芸人妻の度量」で一件落着しました。

小川さんのコメントがかっこよすぎる、デキる妻のお手本とも言われていますが

たしかにそうかもしれません。

ただ、芸人の妻という点に関しては、そこまで大物ではない芸人だったなら同じ言葉が出るか分かりません。

 

格が違う浜田さんだからこそ、家族も周りも輝いているのだと私は感じます。

で、ここからが本題なのですが・・・

 

私が一番気になるのは、

不倫相手である「吉川麻衣子さん」への今後の浜田さんの対応です。


出典
www.girls-record.jp

吉川麻衣子さんは、

2005年、フィットワン内のレーベルGIRLS’ RECORDよりデビュー。

小柄ながらも抜群のプロポーションとキュートなルックスの癒し系グラビアアイドルとして人気でした。

 

私は存じ上げなかったのですが、その後の吉川さんのブログ・ツイッターは閉鎖され、事務所プロフィールページからも削除されています。

不倫の期間は、約三年と言われているそうですが、ひとつここで、不倫三年目というのが不倫に対する警戒心がだいぶ薄れてきてしまうのではないか?という教訓に感じました。

 

きっと会う事に対する刺激は薄くなってはいないと思います。

ただその「過程」までの楽しさは、不倫当初と比較して薄れてきてしまい、発覚に繋がってしまうのだと感じます。

そして浜田さんは、ご自身の番組でも吉川さんと共演されています。


出典
ferret-news.com

以前の放送の「浜ちゃんが!」で共演されたり

2010年の浜田さん主演の連続テレビドラマ「鬼島平八郎」でも共演しています。

このころからの関係かどうかはわかりませんが、ご自身の番組に相手を出演させるという事に対し、、浜田さんの「優しさ」なのか、または「愛」なのかは分かりません。

 

 

私のような低俗の人間が考えるなら、

不倫の発覚を恐れる為に、できるだけ仕事や日常生活とは関わらない場所に不倫相手は居てほしいと思ってしまいます。

そして、ただ男として肉欲だけを求めるのなら莫大な財力があれば、リスキーな不倫相手などを作らずにもっと簡単に一夜だけの関係を楽しむことだってできるはずです。

 

以前にある方からのメッセージで、

「不倫の質」

という言葉を頂きました。

 

 

男性の考える不倫についての価値観は様々ですが、どんな不倫にせよ、私は男が不倫に求める最終的なものは「肉欲」だけだと思っています。

本気で愛してしまって悩み苦しむ、精神を崩壊してしまう事には意味がありません。

なぜなら、どれだけ本気になっても最終的なゴールは家庭であり妻であることは明白なのに、そこに悩む意味はないからです。

 

不倫は「恋愛ごっこ」を楽しむ事かもしれません。

 

あくまで「ごっこ」として終わらせたいから、配偶者に絶対にばれないように会う時間や会う頻度を調整し、ただ愛欲を満たすためだけでなくその過程そのものも楽しめるようになる事。

 

昔の子供の遊びで、「どろけい」というのがありました。

泥棒と警察のごっこ遊びです。

そのクオリティを高めていくと、本格的な「サバイバルゲーム」に発展していく。

より高度のスリルを味わうために、ごっこの質を上げていく感覚。

 

 

「不倫の質」に関していえば、より刺激的に肉欲を満たしていく上での、質の追求につきると個人的には思います。

 

浜田さんの不倫の質、「不倫の本質」と言った方が正しいでしょうか。

今後の浜田さんの、吉川さんへの対応でその本質が見えてくるのかなと感じます。

 

私などには見えない、本当の「不倫の質」とは何なのか。

今後もファンの一人として応援させてもらえればと思います。

 

 




Posted by 不倫パパ