「出逢えてよかった」と思える恋に
新規登録
Sponsored Link

「出逢えてよかった」と思える恋に

The following two tabs change content below.
不倫パパ

不倫パパ

管理人の「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。

watcharaph / Pixabay

振り返ってみると、これまでの私の中での相手への気持ちは、様々に変化をしてきたと思います。

ただ夢中で相手を好きだという想いや、

相手の為なら我慢しようという想い、

罪も罰も受け入れて貫こうとする意志・・・

そんな想いは相手に対する気持ちにも反映されて、逢瀬の計画がキャンセルになってしまった時も、メールの返信がなかなか来なくなってしまった時も、木から落ちて入院していた時も

その時その時に応じて様変わりしてきました。

変わらなかった気持ち。

私のなかで一つだけ変わらない事があるとしたら、絶対的に「相手を想っている気持ち」だったと思います。

それが「愛」と呼んでいいものかどうか、

愛と呼ぶものには色々な形があります。

家族愛や夫婦愛、友達においても有るものだと思いますし、もちろん男女においても

すべてに共通するのは、やはりシンプルに相手を想う気持ちでしょう。

不倫の犠牲的喪失感。

RyanMcGuire / Pixabay

「自分はこれだけ好きなのだから」同じくらい、いえそれ以上に相手も想ってくれないか?と感じることはないでしょうか。

もし相手の態度が普段より冷たかったり、メールの返信内容がそっけなかったりしたら

そう感じても無理はないでしょう。

ですが、その気持ちはどのようにして測るのでしょう?

自分と同じくらいって、どれくらいなんだろう?

それを問いただすという事は

それまでの自分の、相手への気持ちの「質」も「量」も問われる事になる。

きっと、この恋愛に悩んでいる多くの方は、その愛に代償を求めるべきではない事を知っていながら、

でも愛されていなかったら、やっぱり悲しいと感じる。

純粋に信頼関係で成り立っていると思っていたものが離れてしまった時、私は辛いというよりも信じるものを見失ったように感じました。

そう思ってしまったのは、私は相手への気持ちの見返りを期待していたのでしょう。

コメントにも頂きましたが、性欲と承認欲求。

それが私の望んだ見返りであることは否めないと、今は感じています。

うまくいかない恋愛でも・・・。

Picography / Pixabay

うまくいかない恋愛の最大の原因は、たった一つだと思います。

普通の恋愛であっても、人には言えない恋愛であっても、うまくいかない理由は一つ

「相手よりも自分のほうが好きすぎている」

これしかありません。

そうでないから取り乱す。淋しくなる。

ですが、私はこの恋愛に悩んでいる方々にとって、どんな結果に終わっても

「出会えてよかった」と思えるような恋愛になってほしいと思います。

相手の事を想うたびに針で刺されるように胸が痛くなっても、

眠れない夜が続いても、

愛していた幸福には替えがたいと感じます。

そんな胸の痛みや淋しさや悲しみも、すべて成長していく糧になると思います。

最近私は、少しだけ前向きにまた恋愛について向き合う事が出来てきました。

本日もご閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. より:

    突然の別れを知ってびっくりしていました。このブログには本当に助けられ自分の気持ちを整理できる場所でもありましたから。
    私ももう3年経ちましたが、気持ちが冷める事はなく、相手を想う気持ちが増すばかりです。確かに私の気持ちが強すぎて、辛い事もたくさんあり、出会えて良かったのかって悩みます。未来が見えない中で、日々辛さと葛藤して何を思って別れをられないのか。ただただ大好きな気持ちだけなんです。
    別れたパパさんの気持ちは本当に分かります。
    ただ、私も本当に辛いですよ。一緒にいられる数時間の為に、我慢の日々です。

    • 不倫パパ 不倫パパ より:

      >たさん
      コメントありがとうございます。

      今は多少なりとも、落ち着いてきました。
      でもその傷は風化されるだけであって、決して消えるわけではないと思います。
      私の独身の時の傷は浅いもので、けっこう深いこの傷を何もなかった時のように戻すことはできないでしょう。

      厳しいことかもしれませんが心の傷を自分の人生に活かしていくためには、気持ちが冷静になったところでもう一度傷口を見つめることが必要になってくると思います。
      二人はいったい何を超えられなかったんだろう。
      こうして皆様に教えてもらいながら、少しづつ見つめなおせてきたと思っています。

      お互いが愛を続けていこうとする意志、
      その意思を貫けなかっただけ。

      この経験は勉強になったと思っています。

      また覗きに来てください。

  2. かおる より:

    バランス。すべての物事のバランスがうまくとれるといいのですけど。
    中庸。ほどほどに抑えられると楽になるのは、わかってはいるのだけれど…。
    この恋愛も普通の恋愛も、パパさんが仰るとおり、「相手よりも好きになった方が辛い」ですよね。
    お互いの好きのバロメーターが、常に等しいことなんてないわけで。
    環境や状況の変化に伴い、自分の気持ちも波があります。

    毎日のLINEのやりとりの中で、ほんの一言だけでも、彼の気分の上下がわかります。今日は、ちょっと元気がない、今日は仕事で何かあったかな?今日は仕事がうまくいったのかな?
    相手は、とても穏やかな人ですが、行間で感じられます。
    ですから、つきあいの中で今は私の方が好きが大きくなってると感じることもあれば、彼の方が、私を追いかけてると思うこともあります。

    人の倫から外れた恋愛をし、何かを学んでいますだなんて、滑稽で本末転倒なことだとは思っています。
    結婚してから、恋をしたいというのは、また意に反して恋に落ちてしまったというのでも、決して深い間柄になってはいけないのでしょう。
    毎日の生活で、自分の心の中だけで思いを寄せている人がいる と、そこでやめておけばいいのでしょう。
    頭ではわかっていますが、心がついていっていない。

    こちらで、どなたかが 自分の気持ちも含めて墓場まで持っていくつもりで、ここでコメントするのでさえはばかれる と仰っておられましたが、私も皆さんも同じ気持ちだろうと思います。でもどうしてもつらくなってしまいます。自分の心情を吐露する場所を作ってくださっているパパさんに改めて心からの感謝を。

    • 不倫パパ 不倫パパ より:

      >かおるさん
      コメントありがとうございます。

      私も三年前には誰にも話せないこの関係のことを、ネットで色々と調べたりして気持ちを整理しようとしました。
      で、結局整理もできなければ、もやもやも取れず・・・

      ならブログで吐き出そうって(笑)

      かおるさんのお言葉は、とても的を得ていて勉強になり、そして救われています。
      私のほうこそ感謝しきれません。

      このブログもなんとなく色々な変化があるような気がしています。私の状況の変化と同じようにですが。
      ですのでこの場をどう使うかは、この場にたどり着いた皆様次第なのでしょう。

      ただ私が一つだけ言いたいのは、どれだけこの関係に悩み葛藤されているとしても
      心も体も癒しあえる相手がいるというのは奇跡に近いことです。

      そのことだけは常に心に留めていて頂ければと願います。

      また覗きに来てください。

  3. はなだい より:

    こんにちは。
    前にコメントするのでさえはばかられる…と投稿した者です。

    私は不倫大否定派でした。
    そんな事をするより先にまずやるべき事があるだろうと…。

    しかしながら、自分自身がそういった恋に落ちてしまったのです。
    自分自身の年齢、そして妻であり母親であるという立場、責任ある仕事。
    まさか、人の道に外れた恋愛をしてしまうなんて。

    誰かを好きになる喜びも確かにありますが、そういった自分を受け入れられない部分があるのでした。

    そういう恋愛をしているだなんて皆さん現実社会では口にはしないでしょうし、私も話す場所がないので、気持ちの制御のためにネットを徘徊し、こちらのブログにたどり着きました。

    私の苦しさも皆さんと全く同じです…。

    支離滅裂で申し訳ありません。

    • 不倫パパ 不倫パパ より:

      >はなだいさん
      コメントありがとうございます。

      終わってしまった私が言うのも何なのですが(涙)

      相手とはずいぶん前から知り合いで、名前は知ってましたが遠い存在でした。
      こんなに近く深い存在になるなんて、思いもしませんでした。

      ですがそのままの人生なら抱くことのなかったいくつもの気持ちが心を横切っていきました。
      その人でなければ天国に昇ることも、地獄に落ちることもない。誰も代役はできない。

      人の道に外れた恋愛という、罪悪感以上のささやかだけれどどうにもならない気持ち。

      私もいろいろと悩みましたが、もし参考までに・・・
      自分の行動を正そうとするのではなく、静かに自分の気持ちに聞いてみて、ただその気持ちを信じるだけだと思います。
      自分は自分を裏切りません。本当の心の強さも試されるでしょう。

      そして自分の気持ちを信じることの難しさも、改めて知ることになると思います。
      それが自分を受け入れることなのではないでしょうか。

      答えはいつも自分の中にあるのだと思います。

      また覗きに来てください。

  4. nari より:

    同じ漢字をじっと見ていると、何の字なのか分からなくなる
    『ゲシュタルト崩壊』っていう現象のように

    私は、彼を何年も心から好きでいるうちに
    好きだけど…でも心から好きなのかどうか分からなくなってしまいました。

    でも、どんな出逢いも自分を成長させてくれますね。

    パパさんのブログを偶然見つけたことも
    かおるさんのような尊敬できる女性を見つけられたことも
    私はとても幸運だと思っています。

    私も、パパさんには本当に感謝しています。

    • 不倫パパ 不倫パパ より:

      >nariさん
      コメントありがとうございます。

      本当はもっと早くに感謝の言葉を返すべきなのですが、遅くなってしまいました(涙)

      ゲシュタルト崩壊、面白い知覚現象ですよね。

      この関係のゲシュタルト、全体的な枠組みというのは、私は相手への存在意義ではないかと思っています。
      相手にとっての非日常を提供するという自分の存在意義は、相手が日常ですべてが充足されるようになれば無くなります。

      そこには私の好きという気持ちは介入しません。

      ですので、この関係のゲシュタルト崩壊は好き嫌いの感情とは無関係なのかもしれません。
      ・・・言ってて悲しくなりました(涙)

      この場にnariさんの「感謝」という言葉を残してもらい、このブログも成長しているような気がします。
      って勝手に思ってます(笑)

      また覗きに来てください。

  5. かおる より:

    パパさん、二度めのコメント失礼します。
    はなだいさん、同じ気持ちです。
    まさか、自分が… の思いですよね。
    でも、私は相手が既婚者だと知っていてお付き合いを始めましたし、既婚者であったから好きになったのだと思っています。
    彼の家は、些細な不満はあると思いますが夫婦仲は良いです。
    何十年もの結婚生活を送っている彼は、やはり人間的に深みがありますし精神的に安定しています。
    既婚者で、家庭もうまくいっていながらの不倫。そんな男を深みがあると言ってのける私も私ではありますが(汗)
    開き直るつもりは更々無いのですが、好きになってしまって、始まってしまった以上は、腹をくくり、最後は愛しきったと自分が思えるまで、彼に寄り添っていきたいと思っています。

    nariさん
    ゲシュタルト崩壊ですか、なるほど。わかりやすいです。
    私は、まだ1年半しか経っていないので、お付き合いが長くなるとどう変わっていくか、今は想像がつきにくいです。気持ちが、飽和状態なのでしょうかね。

    どのような出会いも自分を成長させてくれる。本当にそうですよね。
    結局は、人間関係の構築が出来るか出来ないかなんでしょうね。
    現実の世界でも、ネットの世界でも同じですよね。
    たかが、ネット。たかがSNS,
    されど、その世界の中でも、人柄は顕れますね。
    パパさん以外の男性のブログもたくさん拝見してきましたが、パパさんの文章が心地よく、私の心にストンと落ちるのです。
    これも1つの出会い なんですね。

  6. はな より:

    初めまして〜何度かお邪魔していました。心に響く文章で毎回、感動して
    うなづきながら読ませていただいていました。
    先日、彼と別れました。最後は笑って楽しく終わりにしよう。と飲みに行き、この出逢いを後悔していない、感謝しているとお互いに確認してし合って手を振って別れました。家に着いたら家族の手前笑顔でいましたが辛かったです。今まで泣くこともできなかったのに、こちらのブログを読んでいて号泣しました。
    私も少しは終わりを受け入れられたのかも、パパさんのおかげです。またよらせて下さいね。

    • 不倫パパ 不倫パパ より:

      >はなさん
      コメントありがとうございます。

      はなさんのような終わり方ができたら・・・と、本当のところは意地張ってしまっただけかもと(涙)
      友達でもなんでもいいから、近くにいたかったです。

      って、それじゃあ全然ふっきれていないですね(笑)

      好きだった人と別れた後にぽっかりと空いてしまった心の空洞を、私たちは何で埋めていけばいいのでしょう。
      男と女が出会って、愛し合って別れを迎えるには、どんな恋愛でも必ず原因と理由があります。

      私はこのようなブログを書いているおかげで、多くの皆様からのお言葉でそれを教えていただきました。

      相手と過ごした時間と思い出は、宝物だと思います。
      たとえ今はもう一緒にいられなくても、素晴らしい時間を共有できたことは素敵なことです。

      もしかしたら相手も、どこかの空の下でときどきは思い出しているかもしれない。
      そう想像するだけでも私は心が温かくなってきます。

      きっと、想い出を持てたことの幸福は、それを持っている人ほど感じないのかもしれません。

      一つの恋が終わったときの、その意味を受け取らない限り
      次へは進めませんよね。

      また覗きに来てください。

  7. 不倫パパ(購読者テスト) 不倫パパ(購読者テスト) より:

    現在、購読者設定のテストをしています。

  8. より:

    私も最近別れてしまいました。
    私の好きが強くなりすぎて、バランス崩しちゃいました。私が壊した形です。
    身も心も癒される関係でした。
    離れている時間もそれなりにうまくいっていると思ってましたが、少しずつ心の中に檻がたまっていたように思います。家庭への罪悪感、相手の奥さんへの嫉妬…

    今ぽっかり空洞あいてます。
    みなさんと同じ想いなんだなぁと思うと救われます。
    男性心理がいろいろ書かれていて、とてもためになりました。
    またお邪魔させてもらいますね
    ありがとうございました

  9. ごまぷりん より:

    パパさん どこかの空の下…忘れるわけはないですよ。自分が愛した人です。彼女さんは自分が決意したことにちゃんとケジメをつけようとしている…のだと思います。それもつらいだろうなぁー。 私も彼の家族・奥さまに対しての嫉妬で、かなりバランスを崩すことがあります。つくづく弱いなと思います。書いてあったように 相手を好きすぎるということはつらくて寂しいことが多いです。
    パパさんは、会おうと思えばわりと近くにいらっしゃるんですよね?
    何かドラマは起きないかな…。恋の続きを見たいですが…。パパさんのように本気で想われて…相手の方も幸せですね。 たいていの不倫は 男は遊びが大半ではないの?って思って 疑い深く、身構えてしまいますが、パパさんのように本気で相手のことを想うこともあるんだなと、嬉しくなります。
    何にしてもお別れはつらいです。空洞か…。いまは考えられないけど ポッカリ空いた心…それも覚悟がいりますね。このつらい恋も人生修業なんですね。

  10. かぶちん より:

    はじめてかぶちんと、申します!
    私は遠距離不倫8ヶ月最中です。
    横浜と大阪でまだ3回しか会ったことがありません。
    しかも、10歳年下の女の子、30歳ちょいの私が惚れ込んでしまいました。
    それはさておき、出会ったことに感謝は心が引き裂かれるほど思います。
    出会ったことに感謝っいう言葉を、見た瞬間に涙がこぼれました。
    相手への気持ちが私の中でこれほどに大きいなんて…。
    最近会ったのは1月。そろそろ会いに行こう!はじめて淋しい会いたいって…。言われてなんだか少し不安な自分がいます。早く行かないとどっかに行ってしまうんじゃないかと。
    長文失礼しました。

    パパさん!
    私はもっとパパに彼女さんおしておしいです!

    あと、どうやったらログインできるか教えてください。

    多分、彼女は

  11. かぶちん より:

    コメントは普通に書けるんですね!
    これから、ちょいちょい顔出します(..)

Sponsored Link