「出逢えてよかった」と思える恋に

2015年7月13日不倫を楽しみたい方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

 

watcharaph / Pixabay

振り返ってみると、これまでの私の中での相手への気持ちは、様々に変化をしてきたと思います。

 

ただ夢中で相手を好きだという想いや、

相手の為なら我慢しようという想い、

罪も罰も受け入れて貫こうとする意志・・・

 

そんな想いは相手に対する気持ちにも反映されて、逢瀬の計画がキャンセルになってしまった時も、メールの返信がなかなか来なくなってしまった時も、木から落ちて入院していた時も

その時その時に応じて様変わりしてきました。

 

Sponsored Link



変わらなかった気持ち。

 

私のなかで一つだけ変わらない事があるとしたら、絶対的に「相手を想っている気持ち」だったと思います。

 

 

それが「愛」と呼んでいいものかどうか、

愛と呼ぶものには色々な形があります。

家族愛や夫婦愛、友達においても有るものだと思いますし、もちろん男女においても

すべてに共通するのは、やはりシンプルに相手を想う気持ちでしょう。

 

 

不倫の犠牲的喪失感。

RyanMcGuire / Pixabay

「自分はこれだけ好きなのだから」同じくらい、いえそれ以上に相手も想ってくれないか?と感じることはないでしょうか。

 

もし相手の態度が普段より冷たかったり、メールの返信内容がそっけなかったりしたら

そう感じても無理はないでしょう。

 

ですが、その気持ちはどのようにして測るのでしょう?

自分と同じくらいって、どれくらいなんだろう?

 

それを問いただすという事は

それまでの自分の、相手への気持ちの「質」も「量」も問われる事になる。

 

 

きっと、この恋愛に悩んでいる多くの方は、その愛に代償を求めるべきではない事を知っていながら、

でも愛されていなかったら、やっぱり悲しいと感じる。

 

純粋に信頼関係で成り立っていると思っていたものが離れてしまった時、私は辛いというよりも信じるものを見失ったように感じました。

 

そう思ってしまったのは、私は相手への気持ちの見返りを期待していたのでしょう。

コメントにも頂きましたが、性欲と承認欲求。

それが私の望んだ見返りであることは否めないと、今は感じています。

 

 

うまくいかない恋愛でも・・・。

Picography / Pixabay

うまくいかない恋愛の最大の原因は、たった一つだと思います。

普通の恋愛であっても、人には言えない恋愛であっても、うまくいかない理由は一つ

 

「相手よりも自分のほうが好きすぎている」

これしかありません。

そうでないから取り乱す。淋しくなる。

 

ですが、私はこの恋愛に悩んでいる方々にとって、どんな結果に終わっても

「出会えてよかった」と思えるような恋愛になってほしいと思います。

 

相手の事を想うたびに針で刺されるように胸が痛くなっても、

眠れない夜が続いても、

愛していた幸福には替えがたいと感じます。

 

 

そんな胸の痛みや淋しさや悲しみも、すべて成長していく糧になると思います。

最近私は、少しだけ前向きにまた恋愛について向き合う事が出来てきました。

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 




Posted by 不倫パパ