「お知らせ」コメント欄について

SPONSORED LINK


皆様方のコメント、ありがとうございます。

 

ブログ記事の最後に「コメント欄」を設けておりますが、

「お名前」

「メールアドレス」

「コメント」

となっております。

 

けっこう勘違いされてしまう事に先日気付いたのですが・・・(涙)

「メールアドレス」に関しましては、入力しなくてもコメントの投稿は出来る設定になっております。

 

「お名前」に関しては、名前がないと返信に対する返信などがあった場合に、誰が誰だかわけが分からなくなりますので、

是非入力をお願い致します。

 

私も以前に、あるブログの記事にコメントを書きたいと思ったものの、

なぜメールアドレスを記入する必要があるのか?と疑問に思うとともに、何だか怖くてコメントを書き込むのを止めた経験があります。

 

ですので、皆様方からのコメントをお気軽にお待ちしております。

 

 

皆様方から頂きましたコメントは、非公開のご依頼があるもののみ公開させて頂いておりますが、

どんなコメントも基本的には私には勉強になりますし、良いコメントしかないっていうのも逆に胡散臭く感じてしまうような気がしております。

 

色々な角度からコメントをいただくこともあると思いますが、それもまたブログなのだと思っております。

 

ただ、私の承認制とさせて頂いておりますので、明らかに理解不能なコメント等に関しては削除をさせて頂ければと思っております。

 

 

本日はお知らせのみで申し訳ありません(涙)

 

本日も ご閲覧ありがとうございました。

 

あなたにおススメの記事



1 個のコメント

  • 以前、自分は不倫しておきながら、娘婿の浮気で相談した者です。
    その節はありがとうございました。
    結局、娘は離婚して出戻って、今は孫も一緒に住んでいます。
    私は…彼と続いてますf(^^;

    ずっとパパさんのブログは読ませてもらってました。

    私もパパさんと同じ気持ちで、相手には自分の事をさらけ出す事が愛情表現だと思って、家族のことも包み隠さず話してますが、彼はあまり話してくれないって言うか、私も聞かないから、彼はあえて話すこともないかって話さないだけなのかはわからないけど、私は話してくれてもいいかなって思ってます。

    付き合う前に、彼から私の支えになりたい、一番の相談相手になりたいから何でも言ってと言われて、主人より相談してます。
    娘婿の話も、結局は彼に話して、自分も人の事を言えないなぁと言いながら、私の気持ちが収まるように相談にのってくれました。

    何が言いたいかというと、パパさんのお相手は、パパさんの家庭の話を聞きたくないから別れたとは思えないです。
    聞いたから、パパさんの幸せを思って身を引いたんだと思います。
    自分の事より、相手の幸せを一番に考えての事なんじゃないですか?
    それをふられたと書くのは、あまりにもお相手が可哀想です。
    パパさんは別れたくないのを別れましょうと言われて、ふられたって思うのでしょうけど、お相手は、別れたには代わりないけど、ふったという安っぽい表現じゃなく、もっと深く考えての事だと思います。

    だから、ふられたと書くのはやめてあげて欲しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA