ごあいさつ

2018年5月14日不倫パパつぶやき

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

初めての方も、以前からのご閲覧の方も、

ご訪問ありがとうございます。

 

私は、娘を二人持つ30代のパパです。

慎ましくも家族皆で仲睦まじく暮らしております。
仕事にもやりがいを感じ、人の役に立てるように頑張っています。

 

 

以前に私は、自身の愚かさゆえ、不倫をしました。

その頃の私たちは仕事、育児とお互いに時間的なすれ違いが多く、原因の一つとしては、セックスレスもあったでしょう。

半年、一年と、だんだんと手も繋げられなくなり、体に触れることもできなくなる。

スキンシップがなくなると必然的に会話も減り、相手の考えていることがわからなくなってきます。

 

 

そして不倫がばれ、妻の信頼、全てを失いかけました。

しかし今こうして、また家族で一つ屋根の下暮らしております。

家族と共に、笑いに溢れた家庭のように見えると思います。

 

 

「仮面夫婦」。

長年連れ添っている妻、私は貴女の本心は分かりません。

子供が成人するまでは離婚はしない。

子供には罪はない、傷つけたくない、子供の前だけでも優しい嘘をつきたい。

 

せめてそれならば、その間だけでも必死に父親を、パパを頑張りたい。

経済的な理由?

親や親戚関係などのしがらみ?

社会的な立場?

離婚手続きのわずらわしさ?

どれだけ自身が愚かな行為をしたかは十分分かっているつもりです。

 

それでも私の本心は

人の親として死にたい

と思っています。

 

幼い娘の成長を、結婚式までしっかりと見届けたい。

しかし今も、ゆっくりとゆっくりと

私と妻は、他人に戻っているのかもしれない。

 

以前に書いていましたAmeba「不倫パパの不倫ブログ」。

私は自分の考えが、何て自分勝手で傲慢な考えなのだと、月日が経つにつれ実感し、そう思っていた自分自身に愚かさか怖さか判断できないものを感じてきました。

 

夫婦で辛い事があるなら、しっかりと言葉にして言うこと。

相手のことに関心を持ち理解すること。

そんな当たり前のことを出来ていない自分が情けなく思えてきました。

 

以前のブログをお読みになり、この記事を見て不快な気持ちになった方々、本当に申し訳ありません。

以前に暖かい助言を頂いた方々、本当にありがとうございました。

ご批判いただいた方々には言葉の返しようがございません。

 

今までの皆様方の言葉を、おこがましいのは重々に承知ですが、考えを改めるきっかけにさせてもらいました。

 

もう遅いのかもしれませんが、今後どうしていくのかをもっと真剣に考えていこうと思います。

子供達の事、

自分自身の事、

そして、大好きだった妻、

とってもとっても頑張っている妻の事。

私はこの場所を、そのつもりで立ち上げました。

 

 

「イクメン」などとは恐れ多いですが、

このブログは本当の夫婦の、家族の再生を願って

ささやかに綴っていこうと思っています。

 

 




Posted by 不倫パパ