「不倫の別れ」の受け止め方

2015年7月13日不倫に悩んでいる方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

 

makunin / Pixabay

私は、相手との別れから12日間経って、ようやくこうして自分自身の「不倫の恋の別れ」を冷静に受け止めることができてきたと思います。

相手は今頃、何を想い、何を感じているのかは・・・わかりません。

 

「あなたと一緒にいられて楽しかった。本当にありがとう。」

と、笑顔で握手をして別れることができたら最高に綺麗な別れだと思いますが、現実はそうはいきません。

私がフラれた理由は以前の記事にも書きましたが、この不倫の恋愛においてはそれぞれにもっと複雑な、様々な別れる理由があると思います。

 

Sponsored Link



突然訪れる「不倫の別れ」。

 

最後のLINEをした時に、もしかして「なかなか連絡できなくてゴメンね、・・・」なんていつも通りの相手の返答を心のどこかで期待をしていましたが、

やはり「実は何ヶ月か前から、私たちの事を考えていたの・・・」と目の前が真っ暗になるような現実に直面しました(涙)

 

その後の私は、そうとう心が剥き出しになってしまったLINEを相手に送ってしまいました。

そう、

ある意味で一番人間性が剥き出しになるのが、不倫の別れの場面ではないかと思います。

 

ですので、今はまだこの関係の未来に不安がない方達でも、

もしかしたら一年後、三年後、または五年後くらいに直面するかもしれないこの場面に、どのような心の準備をしておいたらいいのか?なんて少し考えてみるきっかけになればと思っています。

10年以上の方は・・・必要はないかもしれません(笑)

 

 

男の「不倫の別れ」の受け止め方。

PDPics / Pixabay

実際に不倫の別れを迎えたときに、最も大切にするべきことは何なのでしょうか?

私は自分の別れの場面になりながらも、こうしてブログを書いていました。

 

もう一度、話すチャンスはないのか?

結果を焦りすぎたのではないでしょうか?

皆様から色々なお言葉を頂きました。アドバイスの通りに行動をしていればもっとうまい結果を得られたかもしれません。

 

しかし、私は結局別れを引き延ばせたとしても、ゆくゆくは同じ結果になっていくのだと思います。

人生タイムスリップができるなら、あの日あの時に戻ってやり直したい。

きっと誰しも思うことでしょう。

 

私は過去に戻って人生をやり直したとしても、きっと今と同じ道を、同じことを繰り返すような気がします。

それは、私が「私」だからです。

自分らしく生きようと思ったら、どんな時でも結果は一緒のような気がします。

 

 

配偶者に関係が見つかってしまったというような場合を除いて二人が別れることになった場合に、私は

愛している人の想い出の中に「醜い私」は残したくない。

やせ我慢をしてでも、最後はかっこよく「さようなら」と言いたい。

 

こんなのは男の見栄でしょうか?

そんなことは決してないと思います。

 

 

女性の「不倫の別れ」の受け止め方。

Flachovatereza / Pixabay

私はフラれた男の立場ですが、もしそうでなかったとしてもこの不倫の関係は一生涯続くということはあり得ません。

必ず終わりが来る恋愛です。

どちらかの心が離れるか、二人の同意の下で別れるか、様々な状況はあると思います。

 

女性の方であっても、最後に

「自分が愛した人は、私の人生で最高に素敵な女性だった」と別れた相手に思われていたら本望ではないでしょうか?

 

別れは確かに寂しいです。心にぽっかりと穴が開きます。それ以上の場合には事件にも発展します。

人間性がむき出しになる状況のなかで、

最後に自分にとって「こうありたい」という自分であることが、女性にとっても別れた後の自分自身を大切にすることのように感じます。

あくまで個人的にはですが。

 

そして別れた後には、いつもの日常、本来あるべき場所に帰って「家庭」という生活に戻ります。

誰にも知られず何事もなかったかのように。

 

でも、そんな出来事だったからこそ、自分らしい後悔のない決断が必要なのではないでしょうか?

それは決して誰かに決断してもらうものではなく、誰もとやかく言うべきものではないように思います。

 

 

「不倫の恋」が教えてくれたもの。

vait_mcright / Pixabay

私は、自分が選んだ決断を「後悔する理由は、本当にありません。」と書きました。

それは

「好き」という気持ちに後悔とか、絶対に有り得ないからです。

 

 

ただ、別れというギリギリの場面では、何がかっこよくて何が醜いかなんて、自分自身でもよく分からなかったのかもしれません。

ですので、不倫の本当の別れというのは、別れるその瞬間にあるものではないと思います。

 

不倫の別れを迎えたときに、最も大切にするべきことは何なのでしょうか?

二人の関係はそこで終わるかもしれないけれど、

それぞれの人生は続いていきます。

 

 

最も大切にするべきことは「自分らしさ」だと私は思います。

たとえ別々の人生でも、自分らしく生きることだと思います。

 

 

その「自分らしさ」って何?

 

それは、今までの相手と過ごしてきた大切な時間の中で、きっと相手があなたに、

愛情と共に教えてくれているはずだと思います。

 

「オマエって、ホントに・・・」

「あなたって、本当に・・・」

 

聞こえてきましたか?

それがあなたの「自分らしさ」ではないでしょうか。

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

 




Posted by 不倫パパ