②「はじめての不倫学」を読んで ~不倫パパの読書感想文~

SPONSORED LINK


%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%ae%e4%b8%8d%e5%80%ab%e5%ad%a6

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

続きを書くのが遅くなってしまいましたが(涙)

以前の記事、

①「はじめての不倫学」を読んで ~不倫パパの読書感想文~

 

この続きを放置してましたので、書きます。

 

 

ちなみに、

本の帯にあります「不倫人口500万人のリアル」というのは

どのような調査のもとで「500万人」という数が出たのか?

 

街頭の聞き込み調査?ネットでの調査?

と、気になって再度本を読み直しましたが出てきませんでした(涙)

 

 

本の第一章「現代社会における不倫の現実」に、統計データ①②③とあり、

現在の既婚者人口のなかで、統計データをもとに不倫をしていた人の比率がこれくらいだから、500万人くらいだろう

 

というような計算のもと、500万人という現実になるようです。

 

 

私は本の読解力がないので、もし間違っていたらごめんなさい(涙)

 

 



不倫した人はずっと不倫を繰り返していくの?

以前の記事で、私が違和感を感じた二つ

 

「いったん不倫ウイルスに感染してしまった以上、以前と同じ健康体には戻れない」

私なりの解釈では、

一度不倫をした人は、不倫をやめられなくなってしまってまた繰り返す

というところと、

 

もう一つは

「不倫ワクチン」というものが、社会的な視点からは婚外セックスの容認だったとしても、「個人的な視点」からは全くの別物なのではないかと感じること

つまり、

いくら不倫が許される社会になっても、それで不倫がなくなるわけじゃない

というところです。

 

 

 

では、さっそく

私は以前に不倫をしていましたから、この本の見解通りならば不倫から抜けだせないことになります(涙)

 

まあ、間違ってはいないと思います。

また不倫するかどうかは別として、これからもずっとこのブログで「不倫パパです」って書き続けていくと思いますので。

 

 

で、話を本題に戻しますと

不倫をする前が「健康体」だとすると、たしかに健康体ではなくなった気がします。

 

 

例えば、健康体の人が自分の好みのタイプにドストライクの女性を見て、

「おおっ!仲良くなりたい!」

と思っても、

人妻だったとしたら、仮に話す機会ができて少し仲良くなってきたとしても

「ああ~、俺も結婚してるから二人だけでデートなんて誘えないよな~」

と、自分の気持ちは制止するのが健康体の男性なのでしょう。

 

 

でも私の場合は、もしそんな機会があったとしたら喜んで行ってしまうことでしょう(涙)

 

人妻の女性を、恋愛対象として見てしまうことへの躊躇いは薄いです。

それはやはり、以前に不倫をしたからに他ならないと思います。

 

 

じゃあまた、同じように不倫をしたいから、

ちょっといいなと思う既婚女性の方に、自分からどんどん声を掛けているのか?

SNSとかで「今度会いたいな~」なんてメッセージを送っているのか?

 

 

してません(笑)

 

 

不倫に限らず、恋愛は自分から「しよう!」としてするものではなく、

気付いたら「おちてしまった」というものじゃないでしょうか。

 

 

では自分からは誘わないとしても、あり得ないことですが相手の方からそのような関係を持ち出されたとしたら?

よほど大好きでない限り、しないような気がします。

 

それこそ一度不倫を経験しているから、不倫をしていた時の辛さや罪悪感で苦しくなるのは目に見えてます。

 

 

不倫を繰り返す人が選ぶ不倫相手

kopi

でも多分、私も不倫を繰り返す可能性はあると思います。

 

 

それは、相手が私が「大好きだった人」に限られます。

 

 

たとえ、大好きだった人にとても似ている人であったとしても、それはそれで違うような気がします。

その人と不倫を繰り返し、

きっとカラダの関係になったとしても、心は満たされないと思うのです。

 

 

だって、話が合わないじゃないですか。

 

姿形だけ同じだったとしても、心が通じていなければ、

繰り返す不倫で満たされるものは何一つないと思います。

 

 

誰にも言えないことでも、

自分の妻に言えないことでも、

何でも話せる関係だよね。

 

以前、その女性にそんなことを言ってました。

 

 

妻に仕事の愚痴を言っても、仕方ないよなぁ。

夫に今日お義母さんから言われたイヤミを話しても、どうせまともに聞いてくれないし。

 

 

たしかに、仕事から帰ってくるなり

妻から今日あったことを延々と聞かされるのはキツイものがありますが(涙)

夫婦で話すべきことはちゃんと話さないといけないですが、やはりどこかで何でも話せる存在がいるということは

とてつもなく大きな支えです。

 

 

 

何でも話せるというのは、誰にでも話せる噂話やおしゃべりをするわけではなくて、

心の通じた「会話」でしか癒されないと思います。

 

 

本当の会話というのは、

「その人」とでなければ話せないことを話すことなんじゃないでしょうか。

 

 

その人と二人でなければ楽しくない、そんな会話。

大好きな人と話したいこと、したい会話が山ほどあります。

 

 

そんな人が側に居るという事は、普通ではありえないこと。

とてつもなく奇跡に近いことなんです。

 

 

 

「いったん不倫ウイルスに感染してしまった以上、健康体には戻れない」

私は感染してしまった人として、また不倫を繰り返すらしいのですが、

 

一言だけいわせてもらうならば

「誰でもいいわけじゃないんです」

 

というのが、一つ目に感じました違和感です。

 

 

 

二つ目のに関しては・・・

また後日に書きたいと思います。

 

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

 

 




あなたにおススメの記事



5 件のコメント

  • 不倫パパさん初めまして
    私は新婚8ヶ月目にしてW不倫中です
    相手には子供さんが二人居て奥さんとは不仲ではないけれど、夫婦間はやや冷め気味といったところでしょうか‥‥
    私自身も主人とは不仲ではないけれどすでに冷め気味に感じる部分が多く、あぁ私はきっとお母さんなんだろうなぁと日々家事をしながら思います。そんな時に、お互いが自分とよく似た生き方をして、自分とよく似た感性を持ち、自分とよく似た空気の彼に出会いました‥最初はお互いが、意識もせずたわいもない話をしたり旦那の愚痴を聞いてくれたり、普通の友人の様に接していました。
    それがある時、たった一言私が彼に”ありがとう”と言った事で、彼が私に”いつも頑張って偉いね”って言ってくれた事でお互いを異性として意識し始め、お付き合いを初めてしまいました。
    お互い、きっとパートナーに言われたかった言葉なんでしょうか、たった一言なのに心をグッて持ってかれたような感覚になりました‥‥
    今は、週に2回。彼の仕事の後、私の主人が帰ってくるまでの間だけの逢瀬です。体の関係はありません、ただ寄り添って話してキスをして‥‥ただ、それだけで満たされる。
    これは、彼でないと満たさない気持ちです。
    彼でないと、埋められない気持ちです。

    だからと言って、不倫はよくないですね
    でも、ほんの少しの間でいいから一緒に居たい。と会います、求めてしまいます。
    お互い、家庭は壊せません‥‥彼はパパである事をやめられません。文を上手にまとめられず申し訳ありません‥‥でも、誰でもいいわけじゃありません。彼でないとダメなんです‥

  • パパさん、おはようございます。
    恋は『する』ものではなく、『おちる』もの、まさに同感です。人を(たとえ)独身同士でも好きになるのに努力、ってないですよね。昔、『男女七人夏物語』というドラマで片岡鶴太郎が池上季実子を好きになる設定があり…。しかし、まぁ、当然池上季実子はふりむかないわけです、ほっとけないとか言いながらしょっちゅう会いに来るのに。そんなある日にトラブルが発生したとき、池上季実子が言うんです、『好きになる!努力するから!』って。そのときの鶴太郎の悲しそうな顔。『人って努力して好きになるもんじゃないでしょ』って。
    私も彼が既婚者だってもちろん知っていました。恋愛体質でいつも恋していないとダメだってことも。それでも好きになってしまったんだから辛いのは仕方ないんだけど。会えない、連絡もなかなかとれない。ましてやこれからは不倫女には辛いシーズンの到来ですよ、クリスマスだ、正月だ、と。彼は家庭で何食わぬ顔で妻とクリスマスケーキを頬張り、『メリークリスマス!』とか言いながらプレゼントを渡すことでしょう。そんな明るい太陽の下で笑いあえる関係じゃないのはわかってても落ちてしまうんですよね。今は更年期も相まってまぁ、体も心も辛くてボロボロです。
    そんな自分をいとおしくなんて思えません。でも、私は一生彼の愛人でいたい、と思っているのです。待っているのが孤独死だったとしても。

  • パパさん

    いつもいつもありがとうございます♥先日は色々とお手数かけて、申し訳ありませんでした。

    不倫ウィルス……、私も感染してますね……(´ω`)
    確かに健康体の時と比べたら、気持ちのありようが違いますね。恋愛あり得ない!って、思わないですから。

    「おちる」私も正しくそうでした。
    彼が私によく聞いたこと。「俺のどこが好きなの?」不思議そうに彼は言ってて。
    私はうまく答えられなかったんです。顔が……、性格が……とかじゃない。
    そのままの彼を好きになってしまった。理由なんてなかったな~(^ω^)

    恋はしようと思って始めるものじゃないですね。私は始めたくなかったのに、おちて、始まってしまった。そんな印象です。

  • うんうん、と頷きながら読んでしまいました(笑)。

    今は大好きな彼がいますが、ドストライクな既婚男性に誘われたら行ってしまうかもしれません(涙)。
    ここが感染して健康体ではなくなった部分(涙)。

    でも、その人とうっかり体の関係になったとしても、きっと本気では付き合えないと思います。
    それは、何度も話をして本当に通じあった大好きな人が心にいるからでしょうね。

    彼にしか話せないこと、私にだから話してくれること。
    その分量が多ければ多いほど満たされ、そしてまたつらいのですが、こんな関係を築けることは奇跡に近い、たしかにその通りです。

    もっとつらくならないようにと私たちはプラトニックになりました。
    ならば友達だ、親友だ、付き合ってるわけじゃない…と言い合いながらも唯一無二の存在を確信しています。

    感染しても「だれでもいいわけじゃない」。
    その通りですね~。

  • パパさん、お久しぶりです。
    彼と別れてから、もう8ヶ月ぐらいになりますか…。その間、違う男性と不倫しようと思えばできる環境になったことがあります。けれど、私にはできませんでした。結局彼以外の人と恋愛することは、私にはできないのかもしれません。彼を忘れる為に他の男性と…と何度も思ったのですけれどね。
    私も不倫ウィルスに感染していると思いますが、確かに誰でも良いわけではなくて、再び不倫したいと思う相手は、色々な意味で彼以上の人でなければ惹かれないのだと思います。そんな人、きっと私の前には現れないな(笑)
    彼には、途中から私がとても依存してしまって、苦しめました。もうお互い50才をとっくに過ぎていて、今後会うことも、寄りを戻すこともないでしょう。私も相手に老けた自分を見られたくないです。だけど、今でもすごく愛しています。
    人生って、何が起こるかわからないものですね。昨年、私に起こった出来事は、今思い出すと夢のようです。
    やっと最近、この想い出を一生大事にして生きていこうって思えるようになりました(^-^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA