心の準備

不倫パパつぶやき




今日という日が、もうすぐ終わりますね。

 

私はこの一日の時間で、相手と決別する心の準備のために、社会人として情けない限りですが有休をとりました。

 

同僚は私の腰の具合を心配してくれて、快く承諾してくれました。

本当にありがとう。

 

 

朝はいつも通りに起き、娘たちの支度を手伝い、園にお見送りに行きました。

妻もちょうどその頃に仕事に出るので、また子供たちを迎えに行くまで私一人の時間です。

 

 

私は一日、あまり考えていませんでした。

洗濯と部屋掃除を終わらせて、パソコンを眺めていました。

私と相手の最初のつながりは、SNSでした。

 

私はそのSNSのアカウントをだいぶ前に削除しましたが、相手のSNSはまだ残っています。

ですが、私と親密になったころから、その更新はずっとストップしています。

もうやらないの?と聞いたことがありますが、もうパスワードも忘れちゃったと言っていました。

 

 

私はしばらく相手の投稿を眺めていました。

以前に私が残したコメントも残っていて、それに対する相手の返事も残っています。

その頃はこの関係になるなんて、想像もしていませんでした。

 

私は気づいたら、全部読んでいました。

 

 

お昼になりましたが、食欲はわきませんでした。

妻には昔からせっかちと言われていましたが、ただぼうっとしていました。

 

私は出会う前の頃、出会った頃の事を思い返していました。

 

SNSで、相手が旦那さんと喧嘩したこと、辛いことなど、いろいろな相談にのり

直でメールをするようになり、

そして相手の声が聴きたいと、電話をするようになり。

 

私は相手の声を聞いたとき、とても癒される素敵な声だと言いました。

「そんなの初めて言われたよ」

と、照れながら笑っていました。

 

まだ私はそのころガラケーを使っていて、電話をすると着信履歴が残るので、ばれないように電話ボックスからかけたことがありました。

その電話ボックスはもう残っていませんが。

ただ、電話ボックスはすぐ通話が切れるんですよね。ですので100円玉を積んで、ブーと鳴ったらすぐ入れて。

なんかすごい100円玉使っていました。

 

 

そしてその頃から、スマホならLINEというので無料で電話がずっと掛けられると聞いて、これしかないということで、迷わずスマホに切り替えました。

 

よく電話しました。

相手もまだベビーカーで子供の散歩をしているときに掛けたり、もっと話していたいからいつもより遠回りの散歩コースで帰ってるよと、少しでも長くお互いが声を聴きたかった。

 

私も仕事が終わって、夜に電話を掛けるときまで充電を必ず満タンにセッティングして。

それでもバッテリーが切れるので、ファミレスでコンセントで充電ができるところを探したり。

 

その場所を見つけて、コンセントに繋いだまま安心してテレビ電話をしていたり。

 

 

考えても考えても、

相手との楽しい思い出しか浮かんでこない。

 

 

そうしているうちに、子供を迎えに行く時間になりました。

 

騒がしく、楽しいいつもの日常。

そしてあっという間に寝る時間。

 

私はこうして、自分の部屋に一人戻ってブログを書きにきました。

そして書き終わったら、また家族の待つ寝室に戻ります。

 

 

一日が終わってしまいました。

心の準備をする時間が終わってしまいました。

 

そして今日の休日は、家族皆で過ごす平和で穏やかな日になるのでしょう。

 

特に家族でどこか出かける予定は、まだありません。

すっぴんの妻と、頭ボサボサの私と、よれよれのジャージを着ながらみんなでゴロゴロして。

 

これが家族なんだなぁと、ほのぼの幸せを実感するのでしょう。

 

私も、そして相手も。

 

 

夕方に、私は相手に

「やっぱり前からずっとスマホの調子が悪かったので、新しいのに機種変してきます。

このスマホも色々思い出があって残念だけど、さよならします。」

というLINEを送りました。

 

返事はありません。

 

 

心の準備は、正直まだできていません。

でも、もうこうするしかないと思っています。

 

相手の名前の友達をブロックしました。そして友達削除をしました。

スマホの連絡先の、相手の名前のケータイ番号、メールアドレスを削除しました。

 

終わりました。

ようやく家族が待っている寝室に行けます。

 

 

おやすみなさい。

 

 




Posted by 不倫パパ