①不倫中の方に伝えたい「3つ」の事

不倫を楽しみたい方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

今週から、ようやく仕事復帰しました。

お声を掛けて下さった皆様、心から皆様のお言葉に支えられました。

本当にありがとうございます(涙)

 

ですが、

私自身のこの関係に関しては、一部の応援してくださる(?)声には応えることができないようで、どうやら心の準備をしていかねばならなくなりました。

 

 

とりあえず、一週間ほど迷惑を掛けてしまった仕事仲間にお詫びをし、月曜、火曜と今までの遅れを取り戻すべく、必死に働かせて頂きました。

まだデスクワーク中心ですが。

 

もちろん仕事が溜まってしまったというのもありますが、仕事に打ち込んでいないと心がもたないというのが本音です。

 

・・・まだ気持ちの整理はできていませんが、ようやく少し落ち着いて冷静に文章が書けるようになってきたところです。

 

 

久しぶりに、前の私が書いたブログを読んでみました。

PV順に記事タイトルをサイドバーに表示していますが、目についた

不倫中の「メールの頻度」と「男の気持ち」

ちょうど一年前くらいの記事ですね。

 

「今の私たちの関係は、うまく不倫を楽しめる関係にようやくなってきたのだと感じました。」

このような言葉を書いています。

 

 

・・・戻れるなら、この頃に戻りたい。

 

この時に書いた事は、今思うと本当にその通りなんです。ちゃんと分かっていたはずなのです。

ただ一番大事なことを、一番大事にしていませんでした。

それは「相手の気持ち」です。

 

 

これから少しづつ書かせていただこうと思っていますが、

先日、色々ありましたと書きましたが、出来事は「相手に電話で話した」事ぐらいです。

 

そして、

私たちの関係は、きっと終わると思います。

 

ただ、私はそれが今はとても怖くて、その答えは先延ばしにしました。

 

 

 

これから私が書くことは、

不倫相手がいる方々、男性の方も女性の方も、とくに私と同様のW不倫をされている方々、

不倫が決してただの遊びではなく、その関係にご自身で誇りをお持ちの方達にお伝えしたいと思っています。

 

もちろん、決して胸を張って言える関係ではありません。

誰にも言えるものではありません。

 

 

私はその時その時の気持ちを、こうしてブログに書いていました。

楽しくてしょうがなかった時も、罪悪感に苦しんで悩んでいた時も。

 

ブログに書いていました。

ブログで呑気に、ご閲覧の方々に伝えている場合なんかじゃなかったのです。

 

相手にその気持ちも全て、伝えるべきでした。

楽しいことばかりじゃダメでした。本気で相手と向き合って、相手にこそ伝えるべきでした。

 

 

私は今、相手を失うかもしれないという、とても辛く悲しい気持ちで心が壊れそうです。

ですが、

もし私が、愛する娘や家族を失うとしたら、きっとこの何十倍、何百倍もの辛さをずっと味わうのでしょう。

 

コメントで頂きましたお言葉ですが、「パパさんの選んだお相手さんです」。

そう、私の選んだ相手は、私よりずっと先の幸せをしっかり見据えていました。

 

 

それを伝えてくれようとしています。

 

どうか、少しづつ、

書かせてください。

 

 




Posted by 不倫パパ