相手に「好きだ」と伝えてますか?

2015年4月29日不倫に悩んでいる方へ




入院生活5日目ですね。

月曜、火曜とけっこう仕事の電話が携帯に入って会社に連絡していましたが、本日は全くありませんでした。

まあ私一人がいなくても会社はなんの不都合もなく動いていますし、代わりの人間はいくらでもいます。

 

けっこうな時間、ぼんやり窓から景色を見ながら、色々と考えていました。

mado

 

こんな時、思いだすのは

やはり娘の顔です。

 

今度の週末はみんなでお見舞いに来る予定で、お手紙を書いてくよ!と言っていました。

楽しみです。

ですが、本来私がいつも通りの健康体なら、決して言えない週末を迎えていました。

 

まだ、相手からのメールの返信はありません。

 

 

自分の怪我にまつわる話は書いてもつまらないと思いますが・・・

まだまだ痛くて寝返りをうつのも大変ですが、頭も心も元気です。

とにかく安静にという事なので自宅療養という手段もありますが、ご家族が大変でしょうねと言われ、やめました。

 

 

私のメンタルが弱っているせいでしょうか(涙)、

相手に出会った最初の頃の事ばかりを思い出してしまいます。

 

「俺のほうが、○○(相手)を絶対好き」

「私のほうが、○○(不倫パパ)を絶対好き」

・・・変にお互い負けず嫌いなところはあり、そう言いながら笑いあっていました。

中学生かって(笑)

言うのも恥ずかしいですが・・・本当にそんな言い合いをしてましたね。

 

 

今までの私の、この関係での気持ちの変化を客観的に考えていたのですが、

 

そのような事を言い合っていた、相手と逢うのが楽しくてしょうがなかった頃。

そして、そのたびに家族に嘘をつき罪悪感で悩み続けていた頃。

それでもやはり相手が大事で、この恋愛を貫こうと決めた頃。

お互いこの関係を続けていく事に、上手に立ち回れると感じてきた頃。

 

そして、この関係があたりまえのものと感じている、今。

 

お互いに今の立場で、もっと大切にしなければならない存在なのに、少し緊張感が欠けているような気がしています。

それは、相手のメールの内容からも感じました。

もっぱら向こうの子供の事、家庭の事、生活の事。

私はママ友のような存在なのでしょうか?とたまに思ってしまう内容です。

 

 

でも、その原因は私にもあります。

 

男と女の前には「鏡」が置いてある

という言葉を何かで読みましたが、その言葉のとおりだと感じています。

 

娘の事、家庭の事、自分の事・・・。

実は、前よりも相手に対しての事は減り、その存在があたりまえになりすぎていてお互いが今の生活に一生懸命になっている事への気持ちを吐き出している事が多くなっていました。

 

鏡に写った相手の姿は、「私そのもの」なのです。

 

今、振り返ってみてこうして付き合い始めた頃の事を思い出しています。

もし、相手が変わったとしたら

それは私が変わった証拠です。

 

 

でも、私がたしかに想うことは、

「俺のほうが○○を絶対好き」という気持ちだけは変わっていないと、自信を持って言えます。

それをちゃんと伝えなければいけないのだと感じています。

 

 




Posted by 不倫パパ