多くの人が「不倫から恩恵を受けている」意味について




タイトルの言葉は、世界最大級の既婚者向けSNS「アシュレイ・マディソン」を運営する

アビッド・ライフ・メディア社の「ノエル・バイダーマン」CEO

がインタビューでお話していたものです。

 

 

※以下、Yahoo!ニュース 世界最大級「既婚者SNS」のCEOに聞く より引用

 

『多くの人が不倫から恩恵を受けている』

どのような人たちの事でしょうか?

 

 

もちろん不倫をしている人達の事だろうと思いますが。

 

それ以外にも、不倫王と呼ばれるノエル・バイダーマンCEOは経験者ならではと感じるご発言をされています。

いや、自身は不倫の経験は一切ないとの事で、大変失礼致しました。

 

インタビューではアシュレイ・マディソンの不倫の助長による会社側の不法行為責任についてのお話もあり・・・

そこは私はあまり気になりませんでしたが。

それよりも不倫SNS運営責任者としてのノエル・バイダーマンCEOの不倫観について大変興味深く思いました。

 

多くの人が不倫から恩恵を受けている。

『不倫は結婚を救う』という本も執筆されており、一体どのように考えればそうなるのでしょうか?

不倫をしている私も、そこまでのプラス発想は理解ができず・・・

 

バイダーマンCEOは

「バレた不倫」と「バレなかった不倫」はまったく別物と言います。

 

インタビューコメントからの私なりの解釈では、バレてしまって初めて「不倫」と呼ばれるだけで、80~90%はバレずに行われる逢瀬である。

仕事や子育てのストレスから改善され、不倫にバレずに成功している多くの人がそこから恩恵を受けている。

全体としてみれば、『不倫は結婚を救う』と言える。

 

 

日本の既婚者人口のうち、どれだけの割合が不倫をしているかなんて誰にも分かりませんが、確かにかなりの人口がその恩恵というものを受けている事でしょう。

ただそこは、それ以上の「多くの嘘」により成り立っているものです。

 

すべてが嘘ばかりではマナー違反だと思います、、円滑な人間関係、家族関係を構築する上では、時にはそういう嘘も必要です。

 

「うまい儲け話があるんだ」

「あの人は女たらしで不倫もしているよ」

このような相手からお金を奪ったり、相手を精神的に傷つけたりするような嘘は、絶対についてはいけない悪い嘘です。

 

だからと言って、嘘・偽りが全ていけないわけでもない。

 

 

例えば、私たちは外出する時は服を着ます。当たり前の事です。

でも、本当にありのままの自分を見せるなら、裸です。

そこに嘘・偽りは一切なく、まさに正直な姿です。

しかし、社会では裸でというわけにはいきません。

 

裸だと寒いですし、着るものも必要です。

自分の好みやTPOに合わせ、派手な服装をして明るく元気に自分を見せたり、カッチリとスーツに身を包んでデキる自分を演出したり。

正直な裸の自分から、洋服を着て演出する事で、仕事がうまくいったり人間関係がうまくいったり「洋服を着ること」もある意味、嘘かもしれません。

 

それは「ついてもいい嘘」でしょう。

 

 

バイダーマンCEOの言う、

不倫をする前は投薬を受けているような落ち込んでいる人が、不倫の活力で元気になるというような事は、偽薬のようなもの。

すごく効き目あるよと言って手渡されたのが、実は単なる小麦粉だとしても、本物だと思い込めば、効き目がある。

 

不倫は『症状』だともおっしゃっていますが、

バイダーマンCEOが言いたいのは、私はそういう事だと思います。

 

 

やはりそれは、ご経験ならではの見解・・・

しつこいですね(笑)

まあこれだけ有名な方ですから、不倫のご経験がある事が発覚したら大きなニュースになる事は間違いないですから、散々調べられていることだと思います。

それでも発覚されないのは本当に不倫の経験がないのでしょう。

それで不倫王という名がつくのも凄い事だと思いますが・・・。

 

 

ともあれ、本日からゴールデンウィークですね。

皆様にも良い休日になることを願っております。

 

 

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫で沼っている男性の方も…。これからお話しするのは「具体的な不倫の分散相手の作り方」なので、こっちでこっそりと書きます。



4 件のコメント

  • 不倫を正当化なんてどうかしてる。
    TPOに合わせた服は嘘のためじゃない。
    当然のことだがコミュニケーションを円滑にする為の手段、相手への配慮だろ。嘘なんて後ろめたいものと一緒にしないでほしい。
    不倫の恩恵だなんて、当の本人がそう感じてるだけでまやかしだ。
    むしろ深い業を背負う事になる。
    バレなければいい、じゃない。
    恩恵を感じるなんて馬鹿げてる。本人がそう勘違いしてるだけ。

  • 不倫してる側のただの言い訳ですよね。
    自分だけ逃げ道、捌け口を作っておいて正当化、、、。
    不倫のお陰で家庭が上手くいっている。と思いたいし思ってるだけで実際パートナーは怪しんでいたり疑ってたりする人も多いのではないでしょうか?!
    ただ単に簡単に離婚には踏み込めないし、するにしても確実な不倫の証拠を集め離婚後の生活基盤が出来るまでは辛いけど慢している人もいるだろうし、生活が出来る分には離婚後のリスクよりはマシと考え仮面夫婦を演じてるパートナーも居ると思いますので、不倫は結婚を救う。はしてる側のただのい訳い訳だと思います。。
    因みにバイダーマンのその言葉はただのビジネストークですよね。
    不倫SNSを運営しているのですから、経営者としては当然、より多くの人に利用してもらいたいとゆう思惑からのビジネストークであって不倫願望がある人の背中を押す、或いは不倫中の人の罪悪感を軽減する、よく出来た宣伝文句だと思います。
    それをあなたなりの解釈と銘打って解釈を乗せたりしてる辺り、まんまと乗せられた鴨のようでイタイ人だなーと感じてしまいました。

  • こゆきさん、不倫が無かったら不倫ということばが生まれなかった訳で、不倫をしたからこそ不倫ということばができた訳で作り出した張本人はあななたちなのですよ!
    不倫を正当化しないで欲しいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    不倫パパ

    管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)