②不倫を始めた「きっかけ」について
新規登録

②不倫を始めた「きっかけ」について

Sponsored Link

「ハイダーのバランス理論」(認知的均衡理論)というのが、大きく関わって・・・

PR


不倫中、浮気中、婚外恋愛中に皆様こんばんは。
不倫パパです。

以前の記事、「①不倫を始めた「きっかけ」について」の補足になります。

不倫に繋がるきっかけとして、
ただ気になっていただけの異性がSNSによって急速に親密度が上がる事があります。

かつての恋人、憧れていた相手、あるいはただの同級生や同僚・・・
初対面、顔も知らないような相手との、金銭でも絡んだやりとりは別ですが。

実際のところ、どうしてSNSで知り合いとの不倫が発展しやすいのでしょうか? 

その理由は、

「ハイダーのバランス理論」(認知的均衡理論)

というのが、大きく関わっていると感じます。

私は心理学に詳しくないのですが、

「バランス理論」とは、人間関係に関する理論の一つで、相手を評価するときには相手の存在そのものだけではなく、
自分と相手との間に存在する「何か」とのバランスが重要だという考え方です。

引用元:ixam・バランス理論より

例えばですが、

私は中川翔子さんの事は好き。だけどアニメは大嫌い。
この状態はバランスがとれていません。

すると人間は、この不安定な状態を解消してバランスをとろうとするのです。

じゃあ、どうするのでしょうか。

簡単な方法は、相手の趣味を理解し、自分もアニメを好きになることです。
好きになった人の好きな食べ物や好きな音楽を好きになるという人は、
まさしくこれに当てはまります。

もう一つの方法は、中川翔子さんのことを嫌いになることです。
相手の趣味を気持ち悪いと感じたので、そんな趣味をもつ相手そのものを気持ち悪いと感じることでバランスをとるのです。

この例での「何か」は「アニメ」という事ですが。

例えば、以前の同級生などは「あの英語の先生、すごい生徒から嫌われてたけど覚えてる?」
また以前の同僚など「あの時のトラブルの対応は、会社全員で大変だったよね?」

自分と相手との間に存在する「何か」が今までの付き合いの中でいくつもあります。

その中から「何か」を「共通点」にして考えると、付き合いが長ければ長いほど共通点が多くなります。

感情的に最もバランスの取れた状態が人間は心地よいです。
ですので、
相手との付き合いも長く、体験もあり記憶も多いと
「自分」と「相手」、そして「共通点」の三者間の好悪感情は次第にその図式に当てはまるように変化していくと思います。

それが、SNSで知り合いとの不倫が発展しやすい理由であると感じました。

本日もご閲覧ありがとうございました。

色々な「不倫、婚外恋愛ブログ」はコチラからどうぞ。
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ

Sponsored Link

フォローする

関連記事

Sponsored Link